六本木の隠れ家でカクテルを飲める一人でやってるショット・バー

六本木の隠れ家でカクテルを飲める一人でやってるショット・バー

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2012年7月9日月曜日。

イメージ 1

イメージ 2

2012年7月9日月曜日。

Bar.のダイヤル式の古い電話機が鳴り響いた。
けたたましいアナログのベルの音は、
存在感を否応なく、主張する。

悲報だった。
私も何度か行った事のある銀座のバーのバーテンダーが亡くなった。

20年以上も前の事らしいが、
そのバーテンダーと、この店のBar.のマスターが
20歳代だった頃に自分達の将来の店の話をした事が有るそうだ。
そして、このBar.が開店した時、
身重の奥様をつれて、開店祝いに駆けつけてくれたという事だ。

流石に今夜は、マスターも愁いを隠せないでいる様だ。

私の知る、その銀座のバーのバーテンターは、
面倒見が良く、若いバーテンダー達にも信任が厚く、
信頼された存在だった。

その銀座の店の出身者や彼の教えを請い、
独立していったバーテンダーが大勢いる。

今後、その銀座の店の現場は、
彼の弟子か仕切り、店は、営業を維持する事が決まったそうだ。

これから先、何年経とうとも、
彼の酒に込めた想いや、バーに対する想い、
バーテンダーとしての姿は、消える事がない。

私は想う。
魂を受け継ぐ者が居る限り、
その魂は生き続けると。
志は、受け継がれ、広がっていく。
そして、魂は永遠のものとなる。

この店、Bar.のマスターは、黙って、酒を造り続けている。

静まりかえった店内で、
グラスの中の氷の音だけが哀しく鳴った。

止まった時計の針が動き出したのは、
Bar.の扉が開き、
賑やかな街の音と共に、御機嫌の女性客が2名、
夏の夜の微風を運びながら訪れた時だった。

「マスター、おめでとう。御誕生日でしょう。
あれ、今日は、店の開店パーティーの日じゃなかったっけ?
今年は、パーティーをやらないの。」

Bar.のマスターは、笑顔で、
「今夜は、Bar.の開店を覚えていて下さる御客様が、安心して、飲めるように
静かに営業しております。」
と、答えていた。

今夜は、私にとっても忘れられない晩になった。





エピローグ

2018年7月9日月曜日。
私は、そろそろ、いく事にしよう。
陽が沈み、この街に夜のとばりが落ちる。

この店の灯が今夜も燈る。

それぞれの想いが交差して、新たな想いとなる。

今夜、また、魂に沁み入る一杯の酒が、
新たな物語りを紡ぐ事だろう。





※これは、あくまで、私の完全なフィクションです。
絶対に実際の出来事や実在の人物とは、全く関係ない話であります。


Bar.営業中。
106-0032港区六本木第七ヴィレッヂビル1階奥
03−3423−7577日祝休み7:00〜翌4:00営業
http://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577
http://homepage1.nifty.com/krt/bar/
http://www.youtube.com/user/bar34237577
http://www.youtube.com/watch?v=cV5PPR6Qe7c

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事