六本木の隠れ家でカクテルを飲める一人でやってるショット・バー

六本木の隠れ家でカクテルを飲める一人でやってるショット・バー

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

☆Bar.のカウンター

イメージ 1

☆Bar.のカウンター
「ブビンガーというんですが、どうでしょう。」
1998年のと或る晴れた日の午後、
Bar.の内装を行う事になった担当者が言った。

ブビンガーは、
当時では、まだ、バーのカウンターとかには
そんなに使われていなかった材質で、
水に沈むほど重く、硬い物もあるらしい。
高級家具調コタツの天板とかに使われるという事だ。

自分の発注は、
板張りの床、腰板の高さ、カウンターの高さや幅、
バックバーのサイズに店内の色、イメージ
昔ながらのバーバーチェアー・・・ets.。

そして、カウンターには、お金をかけてくれと注文した。

世の中には、バーのカウンターの材質に
大理石やら鉄板やらがあるが、
やっぱり、木。
ベニヤの張りではなく、活きた無垢の材質が好い。

聞くところによると、
例えば、百年生きた木を切り、よく乾燥させて建てた
建物は軽く百年以上はもつという。
コンクリートの比じゃない。
世界最古の木造建築物も日本にある。
古くなればなるほど味が出る。
酷く痛んだら削ればイイ。
それがまた、この上ない味になる。
無垢材ならではの活きた表情がある。
乾燥すれば、乾くし、湿度があれば膨れる。

カウンターは本当に生きているんです。

静かな晩にお客様が一人でグラスを
傾けている時のカウンターの表情と、
賑やかな晩のカウンターの表情は違います。

二十年前にBar.がオープンした時とは、
カウンターの表情も違います。

このカウンターを納入する時は大変でした。
あと、1僂任眥垢い函店内に入りませんでした。
向かいのお店の扉が開いている時しか
納入のチャンスが無かったのです。

天板として設置された時、
このカウンターは、
既に堂々と、Bar.の顔になっていました。
このカウンターは、
この先、何十年も、幾人もの人の人生を覗く事になるんだと想い、
一生このカウンターと付き合っていきたいと想いました。

Bar.に集う人々の
喜び、悲しみ、憂い、切ない想い、滞り、
笑顔、くつろぎ・・・・ets.

その一瞬、その時の人達を
このカウンターは見つめてきました。
中には、過去に一度しかBar.に訪れなかった人の
人生の節目に立ち会う事もありました。
人々の想いが沁み込んだBar.のカウンター。

今夜も、
カウンターは何も変わることなく、
静かに佇んでお客様をお待ちしています。

Bar.のカウンターって、独特の距離感があるかもしれません。
お姉さんの居るクラブは、同席します。
会話も密な話をして、接客も近いです。
レストランは、通常、対面カウンターでは、ないので、
バーより距離感はあります。
決めの細かいサービスがあってもある程度の距離感があります。

バーのカウンターは、近すぎず、遠すぎずでしょうか。

昔のサントリーのCMで、
ピーター・フォークが出ていたシリーズで
好きなものがあります。

以下、CMシーン・・・・
彼と喧嘩した彼女がカウンターで一人で落ち込んでいる。
バーテンダーに扮したピーター・フォークが一言、
「映画は、好きですか?映画はいつもハッピーエンドなんですよ」
彼女に笑顔が戻る。
その女性のお客様に「どうした・・こうしたと」
私生活に踏み込みすぎず、
見捨てることも無く、
この距離感が心地好かったりするのでしょうか。

Bar.
106-0032港区六本木第七ヴィレッヂビル1階奥
03−3423−7577日祝休み7:00〜翌4:00営業
http://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577
http://www.youtube.com/user/bar34237577
御陰様で、何とか20年やってまいりました。
今年も、お盆は、通常通り営業中です。

昨日、

6月23日の夕刻。

私は、地下鉄に乗っていました。

私の目の前の座席が2つ空きました。

左隣に立っていたアベックの女性が、私の目の前の席に座りました。

当然、隣に男性が座るのかと思っていたら、男性が、爽やかな声で、「座りますか?」と聞いてきました。

私は、「大丈夫です。」

男性が、座席に座ると、女性は、手を繋いでいました。

5月26日土曜は六本木アートナイトの開催

六本木のBar.の木本です。
今週5月26日土曜は六本木アートナイトの開催です。
http://www.roppongiartnight.com/2018/
お近くに御寄りの際は、是非、お立ち寄りください。

: Bar.のブログアドレスです。
Bar.のブログのアドレスを御送りいたします。
お時間があるときに過去のも観てみてください。
以下、アドレス紹介です。

最新 ブログの記事です。
https://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577/64151860.html

http://cocktailweek.jp/2018/04/12/168/



17歳の夏
http://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577/63618394.html
22歳の初夏
http://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577/63640253.html
25歳の春
http://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577/63683513.html
Bar.通信
http://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577/63711060.html


その時、男は、一杯のカクテルを飲む。
http://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577/archive/2014/12/6
カクテル。(ビフィタージン、カンパリ、クランベリー)

Bar.ブログサイトにて「Bar.物語」公開中です。
Bar.が開店した訳〜「ギムレット」
15周年記念・Bar.物語Recipe 癸
http://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577/61654577.html#61654577
幸運のカクテル通信Bottld-1"
http://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577/59650009.html
「想い」ヤフーブログアドレス
http://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577/60561724.html
「想い」ミクシーブログアドレス
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1740914416&owner_id=1908397
106-0032港区六本木第七ヴィレッヂビル1階奥
03−3423−7577日祝休み7:00〜翌4:00営業
http://blogs.yahoo.co.jp/bar34237577
http://homepage1.nifty.com/krt/bar/
http://www.youtube.com/user/bar34237577

お奨め動画
 崚蚤」
http://www.youtube.com/watch?v=cV5PPR6Qe7c

▲拭璽ーのコマーシャル
http://www.youtube.com/watch?v=jQVokH2P6fw

「スターダスト」
http://www.youtube.com/watch?v=I5Q_wJfmxbo

ぁ屮肇ゥ襦璽薀屐
http://www.youtube.com/watch?v=k2Zo6vovkcE

----- Message----- ----- Message-----
フェイスブックのアドレス(shinji kimoto で検索)
https://www.facebook.com/teishu.bar

Bar.は今年で開店20年。
宜しくお願い致します!!
街も人も、季節が変わるように流れ、
静かな時の物語りを紡いでいきます。
これまでの時間と、今ある自分。
そして、これからの時間。
10年後、20年後。この街には、
どんな物語りが紡がれていくのでしょう。

今年の黄金週間期間中の日祝は店休致します
Bar.は、黄金週間中の平日は、通常営業、致します。
Bar.黄金週間営業のお知らせ
2018年4月28日(土)まで 通常営業19時〜翌4時営業
4月29日㈰4月30日(月祝)は、お休み
5月1日火曜日は、通常営業19時〜翌4時営業
5月2日水曜日は、通常営業19時〜翌4時営業
5月3日(木祝) 4日(金祝)5日(土祝)6日(日曜日)
は、お休み致します。
5月7日の月曜日から、通常営業19時〜翌4時営業
(「bar34237577」で検索して下さい。Barブログにて旬の飲物連載中。)
チャージ・サービス料無し。
Bar.東京都港区六本木5の9の14第七ビレッジビル一階奥
19:00〜翌4:00日祝休み☎03-3423-7577亭主・木本伸二

2018年3月22日水曜日。

イメージ 1

イメージ 2

昨日は、本当に久しぶりの外食。
場所は、ニコラス六本木本店。
数十年前に、私が働いて居た所。
2018年3月31日で、都市開発計画の為に、閉店する事が決まりました。

何年ぶりかで会う先輩たちと、昔話に花を咲かせました。

かつて、歩いた通勤路。
神谷町からニコラスまでの街には、人一人居ませんでした。
全てが、空き家のゴースト・タウン。
まるで、映画のセットに迷い込んだような異界の風景。

ニコラスに着くと、懐かしいビザソースとチーズの薫り。

ニコラスを出て、
小雨降る六本木の街並みと、
私が19歳の時に観た煌びやかな六本木の景色が重なります。

街も人も、季節が変わるように流れ、
静かな時の物語りを紡いでいきます。

今年の夏。
私にとって、大切な店が、もう一つ、姿を消します。
それは、渋谷のKAZZ。

これまでの時間と、今ある自分。
そして、これからの時間。

10後、20年後。
この街には、どんな物語りが紡がれていくのでしょうかね。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事