ここから本文です
このブログ「歌日記」の容量が、いっぱいになってきました。
以降は「歌日記・2」にて、継続します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

この記事に

.

イメージ 1
来月11月は、おかげさまで「しゃんそん♪ないと1周年」を迎えます。
11月17日(木)ボジョレーヌーボーの解禁日に開催します。
自然の恵みに感謝し、お互いの健康を祝して、一緒に乾杯しませんか?
楽しいパーティーにしましょう。

・・・

10月最後の週末。夏日があったり、急に気温が下がったり、体調を崩していませんか?
風邪も、流行り始めているようです。この週末で、すっきりするといいですね。

おかげさまで、私は、元気に過ごしています。
次回「しゃんそん♪ないと1周年」のプログラムや構成を考えています。第1回目の1曲目に歌ったのは、何だったかしら?
「キャバレーの女」だったのねぇ…ブログは、便利です。

そのブログも、そろそろ容量がいっぱいになってきたので、増設しようかとも、考えています。

またときどき、のぞいてくださいね。

この記事に

秋の空の下

イメージ 1
10月は、京都コンサート、横浜ライヴと、秋の始まりらしく、充実した良い時間が過ごせました。

知り合いのミュージシャンの人たちは、ウォーキングや、水泳、食事など、健康管理はもちろん、日常の疲れや、仕事のしがらみや、そういった垢をためないような心がけをしていて、元気を、たくさんいただいています。
美しい、みのりの秋に、またお会いしましょう。

・・・
この週末は、ドイツの人工衛星が落ちてくるというニュースが、ずっと気になっていました。9月にアメリカのUARSが大気圏に突入する際も、ツイッターで追いかけていたら、嘘の情報を流す人もいたようで、人の不安につけこんだ、悪い冗談は良くないな、と思いました。
でもそういうことは、どんなときにも無くならないでしょうから、気をつけなくては。

今回は「人にあたる確率は2000分の1」という発表でした。それは「同じことが2000回起きたら、ひとりにあたる確率」だそうで、こういう確立に、意味があるのか、よく解りません。
「何百キロのどれぐらいの大きさの物が、地上に落ちた場合、半径どれぐらいの範囲に穴が開くか?」というような、子供の頃に読んだ「気象天文図鑑」の記述のほうが、現実的だと思うけれど、そういう形で、発表されることは、もうないでしょうね。
(一日に地球を16周もするそうだから、空を見上げて、いったり来たりしていたら、私なんて、その間に何度も転んでケガしちゃうな)
でも、現在のところ、被害の報告は、世界のどこにもないようで、本当に良かったです。

原発事故の放射線の人体への影響については、なお、意味のわからない数字ばかりです。最近は、東電福島第一原発事故関連のニュースを「放射能漏れ」というカテゴリでまとめた報道もあって、驚くばかりです。

また、人の良心に訴えるような記事も多く目にします。「除染したら戻るべきだ」とか「放射能汚染された瓦礫を全国でうけいれて被害を分けあおう」というのような世論につくり変えられないように、気をつけなくてはならないと思います。

人と人、まごころのきずなで、つながりたい。

この記事に

プログラム

<1部>

ピアノ演奏〜「ときめき」小林ちからオリジナル

「空色の矢車菊」
「いつ帰ってくるの」
ピアフ特集
「群衆」1957年
「バラ色の人生」1947年 フランス語
「愛の讃歌」1950年
「美しい恋物語」1961年 ゆうこ詞
「十字架」1953年
「アコルディオン弾き」1939年ピアフ24歳
・・・
<2部>
「パダンパダン」1951年
「王様の牢屋」1957年
「ミロール」1959年
「水に流して」1961年 ゆうこ詞
「Mon Dieu」1961年 フランス語
「C'est l'amour」1959年 ゆうこ詞

ピアノ演奏〜「枯葉」「リベルタンゴ」
・・・

来月11月は「しゃんそん♪ないと1周年」
11月17日(木)ボジョレーヌーボーの解禁日の開催です。
自然の恵みに感謝し、健康をお祝いし合うお祭りです。
楽しいパーティーにしましょう。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事