めざせ、一日一万歩!

食べること、ガーデニング、山歩き、街道歩きが好きです。健康とダイエットのため、一日、一万歩は歩きたいです。
日中線跡のしだれ桜を見たあとは会津若松に行って、東山温泉に向かいます。東山温泉手前の飯盛山手前ぐらいの石部桜という桜が満開らしいので、見に行くことにしました。石部桜はNHKの大河ドラマ、「八重の桜」のオープニングに使われて有名になったらしい。

石部桜の近くには駐車場はないので、近くの公共の施設にとめて、そこから15分ぐらい歩きます。街中を通って農道を歩いて、遠くに石部桜が見えてきました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 8


周りも桜がきれい

イメージ 3
  
遠くに見えるのはたくさんの白虎隊の若者が命を落としたという飯盛山かな

イメージ 4

ひとつの根っこがから10本の枝が出ているというけれど、
とても奥行きのある風格のある桜でした。


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

今日は向瀧という旅館に泊まります。
ここはずっと以前に東山温泉に行ったときに、
すごい建物の旅館があるなあ、
きっと高いんだろうなと思っていたのですが、
泊まったことがあるという友人が、そんなに高くなかったというので、
調べたら、私にすれば高かったけれど、
めちゃくちゃ高いというわけではなかったので、
思い切って泊まることにしました。

イメージ 10



イメージ 9

向瀧は。登録有形文化財です。

建物内部もとてもクラシックです。
でも、段差や階段が多く、いまどきのバリアフリーではないため
高い料金を設定できないのかなと思いました。

イメージ 11

中庭はため息がでるほど、桜が満開でした。
一番よい時にくるころができてよった。

桜で有名な会津若松城の桜は満開はすぎたのこと。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

夕食は会津の郷土料理でした。
海のないところなので、海の魚はださないとのこと。
かわりに鯉が出た

イメージ 15

郷土料理のこづゆ
あっさりしていて大好き

イメージ 16

夜も桜がライトアップされていました。

イメージ 17



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

喜多方の日中線跡のしだれ桜は旅行社のチラシを見てずっと行きたかったところです。東山温泉の重要文化財になっている旅館「向井瀧」にも泊まりたかったのでした。4月の中頃が満開と予想して、中頃に行きたかったのでしたが、旅館が満員のため、24日になってしまいました。が、今年は桜の開花がおそかったため、ちょうど、満開の時に行くことができました

自宅から高速を使って約4時間ちょっとで喜多方です。

前方に磐梯山が見えてきました。頂上は雲に隠れている

イメージ 1

喜多方にくればやっぱりラーメン
ちょうど道路わきにあった店で食べました。

イメージ 2

しだれ桜はぴったり満開でした。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

でも思ったほど、木が大きくない
遊歩道だけでなく、その横にも桜がいっぱい植わっていた

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

しだれ桜の並木は3キロにわたって続いています。
車を止めたのが、桜並木の真ん中あたりだったので、起点まで歩いていくことにしました。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

桜並木が喜多方のどのあたりにあるのかよく調べてこなかったけれど、
有名な蔵のある通りに平行しているのね。それならば、もっと朝早く家を出て、蔵通りも見学して、街の中で、ラーメンを食べればよかったと思う

イメージ 12

イメージ 13

遠くに見えるのは吾妻山連峰かな

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17



イメージ 18

イメージ 19

駅近くの起点まできましたので、蔵通りを歩いて戻ります
郵便局も素敵な建物です


イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28


イメージ 29

この甲斐本家は一部を無料で見学することができる
かっては酒造業を営んでいたらしい


イメージ 30

イメージ 31

大正時代の応接間

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

再び日中線跡の歩き始めたところにもどりました

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

このあたりが上からしだれ桜が覆いかぶさって、
一番しだれ桜がすごいところ

イメージ 40

この先の道路を渡ってからもしだれ桜の遊歩道が続いていましたが、
少しで終わりでいうことだったので、そこから駐車場まで引き返しました。

今日は会津若松市の東山温泉に泊まるので、
途中の石部桜を見てから行きます

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

美の山 2019.4.18(木)

ハイキングクラブで美の山へ。今日はとても良い天気です。
八重桜期待できるかな。

親鼻駅から出発です。

美の山を足で登るのは3回目。この道を行くのは2回目かな
満福寺の横から登っていきます。まだまだ桜がきれい

イメージ 1

イメージ 2

30分ぐらい登ったら尾根に出ます。木が伐採されていてとても見晴らしがよい

イメージ 3

イメージ 6


美の山は花の山といわれるけれど、その通り、足元にもたくさんの花が咲いている

ウグイスカズラ

イメージ 4

二輪草。今年は初めて見た

イメージ 5

いっぱい咲いていた

イメージ 7

イカリ草

イメージ 8

イメージ 9

両側に2輪草が咲いている

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

ヒトリシズカ

イメージ 13

イメージ 14


登り始めて一時間ちょっと、
山頂近くの見晴らし園地につくと、桜がまだ結構残っていた

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

杉林の中を通って、蓑山神社に行きます。
この神社に行くのは初めてです。
小さな神社でしたが、狛犬が狼でした。

イメージ 18

ここからすぐに、つつじのたくさんあるところがある。
満開の時はこのあたりではここが一番つつじがきれいらしい。
一部咲いていた。

イメージ 19

イメージ 20

頂上にはソメイヨシノが満開で八重桜はまでもう少し早かった。

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

今日は展望素晴らしく、
拡大したら登谷山近くのソーラーパネルもよく見える


イメージ 25

イメージ 26


イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

和銅黒谷のほうに下りてきて、里山の景色がとてもきれい

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

聖神社に金運をお参りして帰途につきました。

イメージ 36


10:30 万福寺出発  11:40 見晴らし園地  12:20〜13:10 昼
14:15 聖神社

約4時間 約1万5千歩

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

武川岳をへて二子山まではつなぎたかったコースでした。
名郷から天狗岩をへて武川岳に登って二子山までは自信がないと思っていたら、ちょうど、山伏峠から縦走するツアーを見つけたので、参加しました。

イメージ 1

秩父駅からタクシーに分乗して山伏峠につきました。
ここですでに標高560mです。

イメージ 2

だいたいが尾根の上をずっと登っていきます。そんなに急登ではない

イメージ 3

30分ぐらい登ったら展望のよいところに出ました。伊豆け岳が目の前に見える

イメージ 4

常緑樹と落葉樹の樹間の道をずっとゆるやかに登っていきます。

イメージ 5

途中、林道を横切って、前方に武川岳が見えてきた

イメージ 6

前武川岳手前の分岐です。


イメージ 7

登り始めて約2時間で武川岳につきました。やはり名郷から登るよりだいぶ楽


イメージ 8

奥多摩方面がよく見える。まだ雪が残っている

イメージ 9

二子山にむけて出発です。
ここはまだ歩いたことない道

イメージ 10

しばくはおだやかな道

イメージ 11

前方に武甲山が見える

イメージ 12

標識はないけれど蔦岩山です。奥武蔵らしく、岩が露出している

イメージ 13

これぐらいなだらかっだったら、ここはひとりでもこれるかなと思ったら甘かった。ここからは結構な激下りでした。

イメージ 14

激下りを3か所ぐらい下って焼山ての手前の武甲山の展望がすばらしかったです。

イメージ 15

この角度から武甲山見るのはじめて

イメージ 16

これから登る二子山も見える

イメージ 17

またまたダウンアップで

イメージ 18

二子山の雌岳です。

イメージ 19

またまた激下りを下って登って

イメージ 20

雄岳から15分ぐらいで雌岳です

イメージ 21

ここから芦ヶ久保までは落葉樹の中で道が明るいせいか
お花がよく咲いていた

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25


イメージ 26

イメージ 27

またまた杉林の中を下って、

イメージ 28

芦ヶ久保駅につきました。桜が満開でした

イメージ 29

この日は午後から雨の天気予報で、お天気心配でしたが、
最後のほうにほう少しふってきただけで、よかったです。
武川岳と二子山のあいだは少し急なアップダウンがあるものの、
だいたいは歩きやすい楽しい道でした。

9:50 出発  11:50 武川岳  12:15 出発  12:40 蔦岩山
14:20 雄岳  14:40 雌岳  16:20 芦ヶ久保

約6時間半  約2万7千歩

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

昨年の今頃、友人とユガテに行ったとき、まるで桃源郷のような景色だったので、その景色を見たくて、今年もでかけました。

前日に4月なのに雪が降って、乗り換えの秩父駅から見た今日の武甲山は真っ白。まるで冬の景色

イメージ 17



空き地に車をとめて、杉林の中を約15分ぐらい登ったらユガテです。

イメージ 1

やっぱりそこは桃源郷の景色。でも満開は少しすぎていたかな

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 24



イメージ 11

イメージ 12

京都の原谷苑にはとてもとても負けるけど、自然の中のユガテの景色は
やはりすばらしい

昨年と同じく、尾根の上の飛脚道を通って車を止めたところにもどります。

イメージ 13

今までは橋本山はいつも巻き道を通っていたけれど、
橋本山の展望がすばらしいとブロブで見たので、
橋本山に登ります。

イメージ 14

橋本山は標高321mですぐに山頂です。

イメージ 15

低いのにかかわらず、展望すばらしかったです。
遠くに見える山は秩父駅から見た武甲山と同じく真っ白

イメージ 16

足元にはとてもかわいい花が咲いている

イメージ 18

ゆるやかに下って

イメージ 19

飛脚道に入ってから約1時間で福徳寺です。
ここも桜がとてもきれいでした。

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

きれいな桜の中を歩いて車をおいた空き地にもどりました。
約2時間のハイキングでした。

お昼を食べに浅見茶屋へ
いつもは竹の容器にはいった、
つけ汁うどんしか食べたことなかったけれど、
今日は初めて湯葉うどんというのを食べてみた。
ボリュームがあって、とてもおいしかったです。

イメージ 23

デザートはもちろん黒蜜黄な粉わらび餅

イメージ 25

今度は近くの東郷神社に行きました。

石段すごいけれど、ちゃんとよこにじぐざくに上がっていく道がある。

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

写真には写らなかったけれど、遠くにスカイツリーが見えた

イメージ 29

こちらはユガテに比べて桜はぜんぜん楽しめなかったけれど、
良い運動になりました。

約1万5千歩

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事