村田孝高(よしたか)と池田理代子のブログ〜オペラと人生

歌に生きるオペラ歌手とベルサイユのばらの作者の日々の想い

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全44ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019年7月の日記

7月16日(火)
池田理代子です。

ご心配頂いていますが、ここのところの気温の不順で風邪をひいてしまいました。
家に本番を控えたオペラ歌手がいるので、早く治さなくてはと、風邪薬を飲みまくり、そのせいではないかと思うのですが、ひどくお腹を壊してしまい、ほとんど何も食べずに寝たり起きたりしていました。
12日から、村田が『ジャンニスキッキ』の稽古のために広島にはいってしまって、出かける前に、プリンとかをいっぱい買って置いて行ってくれたので、それで過ごしていました。
万が一夜中に救急車、という事態になっても大丈夫なように、夜は服を着たまま寝ていました。

料理研究家の濱野昌子先生がお電話を下さって、「あなた、そういう時はおかゆに卵を落としていただくのよ」とアドヴァイス下さり、早速おかゆを作って溶き卵を流し、久々に暖かいものを頂きました。

少しずつ快方に向かっている気がするので、先日は、熱海起雲閣で開かれた『あたみ巴里祭』に、ふらつく身体で行ってきました。
起雲閣の館長さんが、先日の村田孝高のリサイタルに、わざわざ東京までお出かけくださったので、何としても私一人だけでも顔だけでもお出ししなくては・・・と、頑張って出かけて行きました。
シャンソンの大庭照子先生を中心に、ゲストが、なんとあの宝塚の大スター古城都さんでした。
イメージ 5


ぐあいが悪くなったら途中で失礼するかもしれない、と予めお断りを入れておいたのですが、幸いその日はお腹が静かにしてくれていて、古城さんに、ご用意して行った花束をお渡しすることが出来ました。
イメージ 6
私が来ることも熱海に住んでいることも、夢にもご存じないのに、プログラムに『愛あればこそ』を入れてくださっていました。
その表現に、涙が出そうな感動を頂きました。
イメージ 8


終演後に喫茶室で少しお喋りをしているうちに、あまりに気さくに話してくださるので何かそのままお別れしがたくて、自宅にお誘いしたら、喜んで来てくださいました。
もちろん、自宅にいる方が安心というのもあったのですが。
イメージ 7


舞台のことや演劇のこと、宝塚時代のおはなしなど色々と伺って、体を壊して一人ぽっちでいた心細さを慰めていただいたひと時でした。
とても近づくこともできないような大スターさんなのに、本当に変わらぬ美貌と体の動き、気さくなお人柄に、改めて感銘を受けました。
ちょっとその夜は頭が興奮して寝付けませんでした。

静岡県のあちらこちらで、定期的に、ダンスやタップ、呼吸法などのレッスンをしていらっしゃって、そろそろ熱海にもダンスのお教室を開こうという計画があると伺い、楽しみに待っています。
フラダンスの御子柴先生が亡くなられてもう随分になり、そろそろ体を動かすことを考えねば・・・と思っていた矢先だったので、実現すると嬉しいですね。

お腹は少しずつ快方に向かっているような気がしますが、まだ一進一退の感じです。
ずっと寝ているので、お相撲の名古屋場所と、それから、新作映画を見てコメントを書く仕事が溜まっているので、それが楽しみです。





7月11日(木)
村田孝高です。

『トムとジェリー』の稽古が続いています。
その合間に、『ジャンニ・スキッキ』の暗譜もしなくてはなりません。
オペラの発声からミュージカルの発声への切り替えにも、少し慣れてきました。
ミュージカルは、マイクが入るとはいえ、宝塚の湖月わたるさん、マイクなしの稽古場でもめっちゃうまいです。
イメージ 4

まだ稽古なのに、稽古場が終わると外に、ファンらしい女の子たちが出待ちをしています。
もちろん私が目当てのはずがないので、ジャニーズJr.か、湖月わたるさんか、或いはもとピンクレディーの増田恵子さんか・・・。

この間からの気温の乱高下で、理代子さんが風邪をひき、寝込んでいます。
風邪薬の飲みすぎかどうか、お腹も盛大に下していて、3kgばかり痩せて56kgだそうです。
それでも、一番痩せていた20歳代の頃は45kgしかなかったそうで、そんな数字、私は小学校一年生でとっくにクリアしていましたね。
わっはっは・・・。
本当は今日は、東京で、フィンランド人作曲家の青年と初対面の予定だったのですが、とても無理だということで、二日前にキャンセルしてもらいました。
早く新作のオペラの台本について語り合いたいのに、残念です。




7月6日(土)
池田理代子です。

既にお伝えしたかどうか、東京音楽大学に留学していた、フィンランド人の若い作曲家さんから頼まれて、オペラの台本を書きました。
それが、フィンランドの権威ある奨学金の審査を通って、彼は今、その台本に作曲するために、一年間の予定で日本に来ています。
一年間の生活費も出してもらえるうえに、その奨学金に通ったということで、別な奨学金も取ることが出来たそうです。
来週の半ばに、初めて彼と顔合わせをします。
若い才能の力になれることは、本当に嬉しいことです。

先日、山口さんが来てくれた日に一緒にバスで駅前まで行って、色々と用事を片付けて、久しぶりに街を歩いていたら、どこからともなく祭囃子の音が聞こえてきました。
音の出所を探しつつ歩いてみると、子供たちが、お祭りの本番に備えて太鼓など鳴り物の練習に励んでいるところでした。
イメージ 3

「年々子供が少なくなる」という声を聞きつつも、お祭りにはわざわざ熱海まで帰ってきてお神輿を担ぐ若者たちもまだまだいるという話を嬉しく聞きました。

村田は本日は『トムとジェリー』のスチール写真を撮るために東京に行っています。






2019年7月3日(水)
村田孝高です。

七月に入っても各地に大雨警戒警報が出ていて、落ち着きませんね。
現在私の実家がある広島は、大雨による土砂災害なども多いので、気が気ではありません。
今住んでいるこの熱海のマンション、元は大きなリゾートホテルだったので、海に突き出しており、後ろは道路一本隔てた山。
街からも離れており、一本道路で、避難警報なんか出ても、絶対外に出ない方がましという感じです。
ま、温泉の恩恵をこうむっているというのはそういうことだと諦めるしかありません。

先日東京で、秋川雅史さんが学生時代から主宰するアッキー会がありました。
急逝した友人を偲ぶ集まりで、彼は、今年のアッキー会の幹事でした。
イメージ 1


飲んだり食ったりしながら、若くして急逝した友人を偲びました。
私の一番仲の良い、学生時代の友人が、次の幹事をやることになりました。

秋川さんの息子で、14歳の風雅君のピアノリサイタルが、近々あります。
イメージ 2


ショパンの「英雄」や「ラ・カンパネラ」を始め、「ツィゴイネルワイゼン」では指揮者もこなします。
もちろんパパの薫陶を受けて、声楽もやります。
私は全然子供を持つ気は有りませんが、アッキーを見ていると、才能ある子供を持った楽しみというのもあるんだな・・・とも思わせられます。

7月1日から、『トムとジェリー』の稽古が始まりました。
何と今回、出演者の中に、元宝塚のトップスター湖月わたるさんがご一緒です。
理代子さんから「あったらよろしくね」と言われていたので、「池田さんから、よろしくとのことです」とご挨拶しました。
その時は、「あ・・・ああ、よろしく」という感じだったのですが、休憩時間にこちらにすっ飛んでこられて「池田さんて、池田理代子先生のこと!?」とすごく喜んでおられました。
今年1月の『ベルサイユのばら45』にも出演され、アンドレとフェルゼンを演じられました。
背がすらっと高く、発声もやっぱり違います。
今度は男役ではなく、女神役です。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

8月3日(土)名古屋・御園座で始まるミュージカル『トムとジェリー〜夢よもう一度』に、天国の裁判官(ジャッジ)役で出演させて頂きます。
作曲は松任谷正隆さん 脚本はモトイキシゲキさんです。

イメージ 1

村田孝高は、パク・ドンイルさんとのダブルキャストです。
村田孝高出演の回のチケットを、こちらでお取りいたします。
出演日程をお間違えないようにお申し込みください。
万一売り切れの際はご容赦ください。
(7月3日で、こちらへのお申し込みは終了させて頂きました。これ以降はチケットぴあの方にお申し込みくださいますようお願いいたします)

名古屋・御園座(名古屋市中区栄1-6-14)
8月3日(土) 17:00開演
6日(火) 18:00開演

東京・オーチャードホール(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)
9月12日(木) 18:30開演
  14日(土) 12:30開演
  15日(日) 17:30開演
  16日(月〉 12:30開演

大阪・クールジャパンパークWWホール(大阪市中央区城3)
 10月17日(木) 18:30開演
   18日(金) 18:30開演
   19日(土) 12:30開演

チケット代 :いずれもS席10,000円 A席7,000円

チケットご希望の方は
FAX : 0557-68-1180
またはe-mail
baramyu-manatsu@fol.hi-ho.ne.jp
まで(このアドレスからご返信差し上げても、受け取り拒否の設定になっている方がいらっしゃいますので、必ず受け取れるように設定しておいてください)
お名前、ご希望日時、ご希望席種、ご希望枚数、ご住所、お電話番号をご明記の上
お申し込みください。
お振込みのご案内をお送りし、ご入金を確認後にチケットをお送り申し上げます。
(チケットご購入後の返金、クレーム、及びお席の振り替えは一切お受けできませんので、ご了承ください。)

出演者
 トム : 遠藤 章造(ココリコ)
      竹若 元博(バッファロー吾郎)

ジェリー 松本 幸大(ジャニーズJr.)8月
      山本 亮太(ジャニーズJr.)9月
      松崎 祐介(ふぉーゆー)10月

トゥードルス:山下 リオ

タフィー: 中島早貴

スパイク :佐藤 正宏(ワハハ本舗)

タイク : 稲葉 光(ジャニーズJr.)8月
      秋山 大河(ジャニーズJr.)9月
      寺西 拓人(ジャニーズJr.)10月

プッチ : おばたのお兄さん
      もう中学生

マッスル : 渡辺 大輝(ジャニーズJr.)

ジミー : 岸本 慎太郎(ジャニーズJr.)

ワッフル : 須藤 茉麻

ミカエル : 桜井 紗季

ミーシャ : 木原 美優

キャットマロン: 踊り子 あり

メリー・プードル : 中薗 菜々子

老猫ココ : 黒田こらん

老猫ジョージ : まいど 豊

ダグラス・シェパード : 海老澤 健次

マタハリ : 山口 航太

オリエンタル : 滝 寛式

チュータロウ : 優志

神様 : 榛葉 昌寛(テノール)

キューピッド : 薮田 瑞穂(ソプラノ)
         安藤 ゆかり(ソプラノ)

天国の裁判官(ジャッジ) : 村田孝高(バリトン)
                 パク・ドンイル(バリトン)

地獄の番人 : 梅垣 義明(ワハハ本舗)
          山本 圭壱(極楽とんぼ)

天使ガブリエル : 湖月 わたる(8/9月)
                          緒月 遠麻(10月)

天使ラファエロ : 増田 恵子


 

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

銀座・王子ホールにおける『第四回村田孝高バリトン・リサイタルの舞台写真をお届けいたします。

第一部
ドゥランテ、ヴィヴァルディ、ヴェルディ、ジョルダーノ、ザンドナーイなどの歌曲から。
司会者も、年々、楽曲解説が難しい歳になりました。
イメージ 1
イメージ 2









イメージ 3

第二部
プッチーニの歌劇『トスカ』一幕二幕からの抜粋。
イメージ 7
イメージ 8








トスカの衣裳は、山口三智子さんの労作です。

今回は熱海から、沢山の家具や小物など運んできました。

合唱さんの他に、落合一成君がスポレッタ、佐藤健太君が堂守を手伝ってくれました。
二人とも、暗譜できているので、すぐの対応が可能でした。
暗譜してある役というのは、財産と同じなのですね。

イメージ 5



スカルピアが食事をしているお皿の上に載っているのは、何と、うちに飾ってある子羊の人形です。
「子羊の丸焼き」って感じで・・・。
イメージ 4


最期にトスカに殺されてしまうというところで、「ああ、バリトンというのはそういう役なのね」と初めて認識くださった方も結構ありました。
英雄的なテノールが、愛を歌い上げておしまい、という筋書きとはちょっと違います。
そう言えば直近のオペラ『ドン・カルロ』のロドリーゴも、途中で殺されてしまう役でした。
イメージ 6

倒れる場所の選び方というのは、とても難しいのだそうです。

雨の中をお運びくださった皆様方、本当に有難うございました。
心から感謝申し上げます。











開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2019年8月10日(土)と11日(日)
広島・アステールプラザ大ホールにおいて上演されるプッチーニの『ジャンニ・スキッキ』に出演いたします。

イメージ 1

開演:14:00
指揮:奥村哲也
演出:三浦安浩
チケット料金
SS:\7.000
S:\6,000
A:\5,000
自由席:\5,000


村田孝高は
10日・・・ベット役にて
11日・・・タイトルロールのジャンニ・スキッキにて出演いたします。

フィレンツェを舞台にした軽妙なこの舞台での、最高に笑える主役ジャンニに是非ご期待ください。
劇中、有名なラウレッタの「わたしの愛しいお父様」が聴きどころです。
イメージ 2
チケットご希望の方は、
FAX:0557-68-1180
またはe-mail
baramyu-manatsu@fol.hi-ho.ne.jp
にて、
お名前、ご住所、お電話番号、ご希望の日、ご希望の席種、ご希望の枚数をご明記の上お申し込みください。
広島方面の方のお申し込みお待ちしております。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2019年6月の日記

6月29日(土)
池田理代子です。

25日の『ベルばら舞踏会』の、私のカメラで撮ったピンボケ写真の代わりに、主催者様側からプロの写真家が撮られた写真をお送りくださったので、そちらも載せさせていただきます。

アントワネットの肖像画入りの指輪です。
イメージ 26


NINAS社長のルブランさんと。
この方は、ベルばらの連載が始まった1972年のお生まれなので、凄くご縁を感じてくださっているそうです。
イメージ 27


幾らかましに映っている会場の写真です。
イメージ 28


この度、角川出版の『短歌』という雑誌に、私の歌を七首掲載していただきました。
25日に発売になっていますので、店頭で見つけられたら是非どうぞ。
イメージ 29


今年も「河野裕子短歌賞」の審査員を務めさせていただきます。
尻込みしていないで、自分の歌もどんどん発表して行かねばと思っています。
中学生の時から始めた短歌、これからは自分の遺言となるでしょうから、ゆっくりしたペースでも歌を詠んでいきたいです。
本当は、はやく一冊の歌集にして死ぬまでに遺したいのですが、とにかく遅筆で焦っています。




6月27日(木)
池田理代子です。

初めての台風が近づきつつあるということで、涼しい海風が吹きつつも、大変ムシムシしています。
昨夜は、赤潮が蛍のように光って、いつまでも見飽きない饗宴を繰り広げてくれました。

25日の東京・学士会館でのNINASのイベント、現地到着してみたらすでに、「ここはベルサイユか!?」というような華やかな格好をした紳士淑女であふれかえっていて、思わずしり込みしてしまうくらいでした。
イメージ 21


イメージ 19

この方たちは、「フランス衛兵隊のつもり」なのだとか。
イメージ 25


入り口のディスプレーも、華やかです。
イメージ 20


NINASが、この度サザビーズでン十億円で落札したという、アントワネットの肖像画をダイヤモンドで取り囲んだ豪華な指輪も紹介されました。
これをアントワネットから下賜された家系の方が、やっとオークションに出して手放したというもので、世界初お目見えだそうです。
イメージ 22

私の指に嵌めさせていただきましたが、何とすっぽりと薬指にハマりました。
イメージ 23


指輪もですが、私は、湯山玲子さんのドレス姿にびっくりしました。
いつものボーイッシュな彼女のイメージががらりと変わって、ヴァト—襞の重厚なドレスに華やかなお化粧がお似合いでした。

私は、何年か前のベルサイユのマリー・アントワネットのオペラ劇場でのコンサートで着たピンクのドレスを着ました。

そう言えば、あの時のコンサートは、大使館や外務省関係者、およびヴェルサイユ市のVIPと私の友人たちという限られた人たちだけをご招待しての特別なコンサートでしたが、この間何気なくネットを見たら、あのコンサートに行っているはずのない日本人が、会場はガラガラだった」というような、まるで見てきたような嘘や中傷誹謗ばかり書いているのがあって、驚きました。
コンサート後のトリアノンでのパーティは向こうのテレビ局も入り、溢れんばかりの人でしたし、第一、日本人は、私がご招待したお知り合い以外は入れないコンサートでした。
匿名で嘘がまかり通るネット社会の恐ろしさを始めて痛感した瞬間でした。

横広がりのパニエは、腰にすべての重みがかかって大変なのですが、昔の人はこれで踊ったり歌ったりして暮らしていて、さぞかし大変だったことでしょう。

で、私がどうして呼ばれたのかというと、1600年代から創業のNINASのRoyal Innovation Awardsの第一回の受賞者ということでした。
素適な真珠のネックレスと、副賞としてNINASの紅茶やジャムをいっぱい頂きました。
旅行鞄くらいあるピンクの箱が素敵でした。
イメージ 24


バラとリンゴのフレーバーティーは、NINASがルイ14世の時代からずっと管轄している「王の菜園」で採れたものを使っているそうです。
この菜園では、当初の固有種をそのまま守っていて、学術的にも大変価値のある植物園とのこと、いつか行ってみたいですね。





6月24日(月)
村田孝高です。

明日は理代子さんが東京の学士会館で、「舞踏会??」があるので、私は車にドレスを積んでいくことになっています。
湯山玲子さんとのトークあり、バロックダンスの浜中康子さんのダンスあり、何やら楽しそうです。
それに、マリー・アントワネットの紅茶を出しているNINASから、理代子さんが何やら賞を受けるらしいです。
全部「らしいです」だけですみません。

昨日は、女優の夏樹陽子さん、いつも演奏会にお越しくださる貴婦人、我らの力強い応援団長の森家さんが熱海までお越しになりました。
来宮のテンポ・ドーロで昼食をご一緒して、我が家で賑やかな女子会。
私は楽しく拝聴しました。
イメージ 18


イメージ 16


嬉しいことに、お風呂にまで入ってくださいました。
生憎のお天気でしたが、海を見ながらの大浴場を経験していただけたのは嬉しかったです。
女性四人の存在感は、圧倒されるようでした。
イメージ 17




6月21日(金)
池田理代子です。

うちの中が漸く片付きつつあります。
この機会に、もう30年くらい使っていて、猫に引っ掛かれて中身がはみ出してボロボロになっているソファを取り換えることになりました。

きっとこれまでいらしたお客様は「この人なんてソファを使っているんだ」と内心呆れていらしたことでしょう。

そう言えば、日本を代表するピアニストの中村紘子さんのお宅にお邪魔するたびに、凄く広いリビングのソファが、犬と猫に引っ掛かれてボロボロで、でも彼女はきっと、「猫ちゃんたちが遊ぶんだからいいのよ」くらいに考えていらしたんじゃないかな、と想像していました。
実は私も、「可愛い猫ちゃんが引っ掻いたんだから別にいいのよ」とずっと思ってきました。
お気に入りのソファの一点ものだっただけに、処分できなかったのですが、家の中を片付けてみると、あまりな傷み具合に改めて驚かされたという訳です。

ソファを大型ゴミに出す日、私が悲しむと思い、私に黙って村田が処分場まで軽トラックを借りて運んで行ってくれました。
気遣いが有難かったです。

何もないがらんどうの室内は、本当に広いものですね。
向こうに広々と海と岬が見えるばかり。
イメージ 15


今このあたりは、雛たちの巣立ちの時期で賑やかです。
トンビも燕もイソヒヨドリもカラスも、みんなよたよた飛びながらときどき「おかあさーん」と呼んでいるみたいに幼い声でさえずりまくっています。

実は私の寝室の前の鉄塔の上に、何かしら小さい鳥が巣を作っていました。
頼りなげな枝など一生懸命運んで来ていたかと思ったら、この間、巣立ちする気なのか親鳥の半分位のおおきさの雛がぽつんと巣の横に留まって居ました。
残念ながら写真には取りはぐれましたが、鉄塔のてっぺんに渡された木の上に、貧弱な巣が残っています。
イメージ 13


一昨日は慶応大学MCCという教養講座で、丸ビルまで行ってきました。
一般聴講の女性も多かったのですが、大きな会社の偉いおじさんたちも多くて、緊張しました。
実は東京に31歳から住んで40年間、丸ビルを訪れるのは初めてでした。
「皆さん、ご存じない方は、丸ビルと言うと丸いビルだと思われるんですよ」と担当の女性が笑っていらっしゃいましたが、はい、実は私もずっとそう思っていました。
イメージ 14


帰りに新幹線に向かう地下で迷ってうろうろしていたら、さっき聴講してくれていたファンの方とばったり会い、写真を撮りました。
だんだんお上りさんの具合が増していきます。




6月17日(月)
村田孝高です。

昨日、本日と、熱海は好天に恵まれています。
特に昨日は、風がやたら強かった以外は、雲一つない青空でした。

こういう日は、もしかして富士山が見られるかもしれないと思い、起きてすぐに出かけました。

まず、「多賀蕎麦」によって腹ごしらえ。
イメージ 11

こんなに食べ散らかしてしまってから、気が付いて写真を撮りました。
イメージ 9


庭の緑も濃くなって、気持ちがいい季節です。
イメージ 10


蕎麦を食べていたら、何と偶然にも、あの3月5日のサントリーホールの『荘厳ミサ曲』を聞きに来てくださっていたという女性がご挨拶に。
しかも、ご友人が合唱で、理代子さんの隣に立って歌っておられたそうです。
不思議なご縁です。

食事後十国峠まで行ったり、函南の山に行ったり、ついでに三島まで足を延ばしたりして、見事な富士山を堪能しました。
イメージ 12

富士山というのは、自分で雲を作り出すんだね。

家の中も少しずつですが片付きつつあります。

暫くほったらかしていた、雨で汚れた窓もきれいにし、たまった粗大ごみの整理もし、使った衣裳などもクリーニングに出し終えました。

色々と夏から秋、来年の年明けにかけて舞台が続いていますが、それでも「次回のリサイタルはどうしようか」ということが考えられるくらいに気持ちが復活してきました。
今年のプログラムに組み込めなかった曲を、引き続き勉強する予定です。




6月13日(木)
池田理代子です。

村田孝高の第四回リサイタルには、大勢の皆様が、雨にもかかわらずお運びくださいまして、本当に有難うございました。
お陰様で、無事にリサイタルを終えさせていただき、熱海に帰り着いてほっと一息ついているところです。
家の中はまだ衣装やら小道具やらでひっくり返っているような状態ですが、それも少しずつ片付きつつあります。
『トスカ』の舞台で使用したソファと燭台を、ピアノのある音楽室に置いて、村田本人は「スカルピアの部屋」と称して悦に入っています。
イメージ 6


あの日、客席に来ているはずの友人の顔が舞台から見当たらず、何となく不安な気持ちに襲われたそうですが、公演終了後に、彼が急死したとの知らせを受け、大変なショックを受けていました。
まだ四十代半ばで、つい一週間前にも会ったばかりの友人だったそうです。
熱海に帰り着いた翌日には告別式のために東京へ飛んでいきました。
良く体も鍛えスリムだったその友人の突然の死に、集まった人たちも涙も出ないほどの衝撃だったそうです。
ご両親には、ディナーショウなどにもおいでいただいたことがあり、私もお会いしたことがありますが、何という痛ましいことでしょうか。
逆縁だけはしてはいけない、最大の親不孝だと思っていた私は、両親を見送ったときに真っ先に思ったことは、「ああ、これで私がいつ死んでも逆縁にはならない!」という安堵感でした。
あれから村田も自分なりに色々と考え込んでいるみたいで、ちょっと家の中が湿っぽいです。

昨日の熱海は、家のすぐ近くまで大変な量の赤潮が押し寄せました。
そこに向かって、普段はとても見られないほどの何十羽という鴎が押し寄せ、それにトンビや鵜やカラスまで加わっての大饗宴でした。
イメージ 7

赤潮は、夜になると素晴らしい光の饗宴となります。
波がしらの崩れるたびに、青色のLEDライトのような光が発生しては移ろい崩れていく様は、都会のライトアップなどとは比べ物にならない幻想的な光景です。
波に乗って動かされると光を発するプランクトンがいるのだそうです。

いつの間にか、駐車場の大きな紫陽花が花を開いていました。
イメージ 8


連日曇りや雨が多いですが、時折差す陽の光に映える緑の滴るような眩しさが、心を癒してくれます。
引きこもり気味の私でも、そろそろ散歩でもしようかなと、思わず誘われるような季節になりました。
大浴場へも、景色の見える明るい時間に通うようになりました。





6月10日(月)
村田孝高です。

7日の王子ホールでのリサイタルを無事に終え、熱海に帰って参りました。
この日東京はあいにくの大雨で、売れていたチケットよりはお客様の数は少なめでした。
皆さん足元のお悪い中、それでも私のリサイタルにおいで頂きまして、本当に有難うございました。
沢山のお祝いやお花もいただき、会場を賑やかに飾ってくださいましたこと、心からお礼申し上げます。
イメージ 5

第一部の歌曲では、自分で???な部分があり、少々焦ったりも致しましたが、第二部の『トスカ』抜粋では、共演の羽山弘子さんや合唱の皆様のお力添えもあって、大変難しいスカルピアを無事に歌いきることが出来ました。
イメージ 3

イメージ 4


帰り着いて、皆様へのお礼の電話やメールを少しずついたしておりますが、本当は、会場においで下さったすべての皆さんに、お礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。

写真も追々整理して、アルバムの方にアップさせて頂きますので、楽しみにお待ちください。
皆さん、本当に有難うございました!!




2019年6月3日(月)
池田理代子です。

早くも六月ですね。
いつものことながら、なんという時間の流れの速さでしょうか。
そして、今週はもう直に7日に、村田孝高バリトンリサイタルがやってきます。
二年に一回続けてきましたが、二年という歳月も、あっという間にやってきました。
今年は会場が銀座の王子ホールということもあって、チケットのお申し込みも順調に頂いています。
今日になっても、駆け込みでのお申し込みもありました。
当日チケットの販売も致しますので、ふと思い立って銀座に行ってみようかな、という方も大歓迎ですので、是非会場を覗いてみてください。

先日は身内の仏事があり、府中のホテルに前泊して多摩霊園まで行ってきました。
泊まったホテルのロビーに、何故かラグビーホールとグッズが。
イメージ 1


多摩霊園には、私の恩師・東敦子先生が眠っていらっしゃいます。
先生にお花を捧げたいと思い、カラーのお花を用意して墓所を探したのですが、残念ながら見つけることが出来ませんでした。
先生が帰天されて、早くも二十年が経ちました。
イメージ 2


ところで、私の住んでいる熱海のこのマンションの上を、毎日定刻に、オスプレイが飛んでいきます。
近づいてくると、普通のヘリなんかとは全く違う、部屋全体が振動するような音でわかります。

今日は、二機が轟音と共に通り過ぎて行きました。

開く コメント(11)

開く トラックバック(0)

全44ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事