ここから本文です
心のままに生きて
いつもご訪問ありがとうございます。

書庫全体表示

  
 
腐っていた日々の中で『被災地へお届けする観音像ののみ入れ式』があると聞いた友人に誘われて5月に行ってきた記録です
 
 
鑿入れ式が行われたのは 
奈良県橿原市にある『久米寺』です
 
 
イメージ 1
 
 
真言宗御室派総本山、仁和寺別院 久米寺は
近鉄橿原神宮駅から徒歩10分で行くことが出来ます
橿原神宮の一の鳥居を南に入ったところにあり
畝傍山の南に位置します
 
 
追突事故後の体の不調もあったので渋っていましたが、行ってよかったです
 
 
イメージ 2
 
 
 
あゆみ観音さまとは・・・
以下はあゆみ観音プロジェクト実行委員会のパンフから引用させていただきます
 
岩手県陸前高田市の高田松原。かつては7万本もの松が立ち並ぶ美しい景勝地でした。
『陸前高田に来てください。陸前高田を忘れないでほしい。』
陸前高田・鳥羽市長からそう伝えられた私たちは、『高田松原の松で仏像を彫り被災地にお届けできないか』と発案。”現代の大仏師”として名高い、渡邊勢山先生に彫像をお願いすることとなりました。
名勝高田松原の松に新たな命が吹き込まれます。
美しかった松原の景勝を胸にいだき、新たな”歩み”をはじめる、そんな愛らしくも力を与えてくださる御像を、私たちは”あゆみ観音さま”とお呼びすることにいたしました。”あゆみ観音さま”のご誕生に、これからも続く震災復興の祈りを念じて陸前高田市へ、多くの皆様のお力添えをお願いいたします。
 
≪鑿入れ式にご参加ください!≫
”あゆみ観音さま”の鑿入れ式(のみいれしき)を行います。
震災復興と尊いあゆみ観音さまのお誕生を願い、”一人一刀”を入れていただきたいと思います。削り取った木片は”観音さまのご分身・お守り”としてお持ち帰りいただき、また、震災復興支援の輪に参加していただいた証しとして大切に身に着けていただければと思います。
 
鑿入れ志納金:一口1000円 多くの方のご支援をお願い致します。
 
後援 陸前高田市
 
 
 
 
と言うことで私も1000円の志納金を!
でもってこんな風に鑿を入れさせていただきました
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
指差している部分が削らせていただいた場所です
 
 
イメージ 4
 
 
 
ばらちゃんが心を込めて一彫、削り取った木片をお守り袋に収めたものです
お守り袋の中には小さな紙に書かれた『あゆみ観音さま』の御像も入っていました
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
3,11のあの震災時、沢山の幼い子供も犠牲になったと聞きました
この可愛くも慈悲深い素敵なお顔の観音さまなら、きっとたくさんの幼子の魂を
母親代わりにしっかりと抱きしめてくださるような思いがします
 
 
 
イメージ 6
 
 
逢った人はもちろんのことですが、顔を見たこともない方に優しい気持ちをもって接していくと、その分だけ自分の子供も逢った方に優しくしてもらえるものだと・・・
誰かがそんなことを言っていましたが『ホンマにそうだなぁ〜』とつくづく感じる今日この頃です
人は一人では生きていけません
どこかで誰かに迷惑をかけ、助けられて生きているものだと思います
 
 
心を込めた一彫り、今後このような場所でも開催されるようです
 
 
6月15日 唐招提寺 奈良県五条町13−46
6月16日 当麻寺  葛城市當麻1263
6月17日 東大寺  奈良市雑司町406−1
6月18日 長谷寺  桜井市初瀬731−1
6月23日 大安寺  奈良市大安寺2−18−1
7月2・3日 朝護孫寺 生駒郡平群町信貴山
 
 
その他複数の寺院と日程調整中です
 
 
出会いはご縁!
お近くの方は足を向けてみてはいかがでしょう?
 
荒んでいた私の気持ちが安らいだ一日でした
 
誘ってもらってよかったと・・・友人との出会いにも感謝をする一日となりました
ありがとうございました
行ってよかったです
 
 
あゆみ観音さまが無事に陸前高田市に鎮座された日には、もう一度お姿を拝見に行きたいと思っています
 
良い出会いに感謝しています
ありがとうございます
 
 
 
 
 
 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事