過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

引き続き、おんぼろアルファ的に気になったクルマの続編、こんどは見学車編です。

まず、イタジョブ会場に到着早々気になったのはこちら。

イメージ 1


さすが令和時代!

イメージ 2


イタジョブにも遂に「自動運転のEV」が登場ですね〜

これは小さい子供がいたら結構欲しいかもw


エントリー、見学車含めイタジョブでは最大勢力のジュリアクーペですが、このクルマは断トツで目を惹いていました♪

イメージ 3


このグレーの塗装は初めて見ましたが、素晴らしい色ですね。

イメージ 4


メッキのグリルとのコントラストが美しく上品。このクルマを見て改めて、ジュリアって高級車だったんだなあ、と思いました。


空冷フラットエンジン3台。2台の911の隣のラットな雰囲気のType 2。速そう〜

イメージ 5


うっかり写真を撮り忘れたんですが、インテリアもアルミ地肌むき出しのバケットシートのかなりスパルタンな雰囲気でした。


こちらはお城前会場に停められていたフィアット124スパイダーのアバルトワークスラリーカー仕様

イメージ 6


当時のグループ4仕様の、ボンネット、前後オーバーフェンダー、ハードトップ、トランクに交換されて、やる気満々の戦闘的スタイル。

イメージ 7


イメージ 8


グラスファイバーのボディキットが売られているそうです。それを装着したレプリカでしょうか? ジュリアで言うところのオタフク仕様ですね。カッコイイ♪

イタジョブ オタフク界に新興勢力登場ですね〜w


見学車駐車場で、メイン会場のアバルト並みに注目を集めていたのは、

イメージ 9


やはりこちらのクラシックアバルトでした。

イメージ 10


アバルト 750 ビアルベーロ レコルト モンツァさん。もっこりしたリアのデザインがザガートっぽくて素敵ですね。

イメージ 11


個人的に気になったのが、リアに付けられたこの綺麗な書体のスクリプト。

イメージ 12


Fiat derivazione Abarth 750 とあります。

フィアット派生のアバルト750、って事ですが、何か特別なバージョンに付けられたのかなと思って少し調べたんですが、結局よく分からず。結論は、

「いろいろある」

って事なんでしょうね〜、手造りだしw

このクルマの正式名称は、
Fiat derivazione Abarth 750 Bialbero Record Monza Zagato って言うんだろうか?とか考えていると、夜も眠れなくなってしまいます〜

まあそんな事はどうでも良いですね。可愛くてカッコイイのでw


こちらは非常に程度の良いアルフェッタGT

イメージ 13


特に、この斜め後ろからのスタイルが大好きなんですよね〜

イメージ 14


実用性とGTスタイリングを融合させたジウジアーロの傑作だと思います〜。一度後席に座ってみたい!


トリは、見学車駐車場の一番端っこに停められていたこのクルマ。

イメージ 15


フェラーリ308GTSです。

これはもう何も言う事はない、って感じですね。

イメージ 16


イメージ 17


個人的には、この時代のフェラーリが一番魅力的です。

帰り道で少しだけご一緒させて頂きました。

来年のイタジョブでもご一緒できればと思います🍀
https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/1175871/blog/42885002/



.

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事