Other favorites

[ リスト | 詳細 ]

日々の徒然の事やお気に入りについて等です。
記事検索
検索

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

おんぼろ修繕部隊

最近のおんぼろ修繕部隊の活動をあれこれ。


まず最初のミッション。

実はワタクシ、庭のスズメに毎朝餌をやっているんですが、少し前から山鳩の御夫婦も餌場にいらっしゃる様になりました。

スズメ軍団と山鳩の御夫婦との間での覇権争いが起きるかと思われましたが、山鳩の御夫婦、やはりハト派だった様で、暗黙のルールができ餌場を巡る争いは平和的に解決された様です。

で、それは良いんですが問題が一つ。

イメージ 1


スズメに比べ重量級の山鳩ご夫婦が着陸する様になった為、築5年くらい?経ってやや劣化が進んでいた餌台の屋根が壊れてしまいました〜

で、大工さん登場w

イメージ 2


イメージ 3


ガレージの中にある端材を適当に見繕い屋根を製作。

イメージ 4


屋根を支える柱は、以前と同様に剪定して取っておいたサルスベリの枝から、具合の良さそうな形のものを選んで使います。

イメージ 5


で、こんな感じで一応完成です。

イメージ 6


山鳩が餌入れの端に乗ってもひっくり返らない為の押さえも兼ねて、横向の止まり木もつけてみました。

屋根の幅が、板一枚分くらい広い方が機能的にも見た目のバランスも良かったですね〜
まあ一旦これで良いことにします。


2つ目のミッションは雨水タンク。

蛇口コックのレバーが折れてしまい注文していた蛇口コックが届いたので交換と、

イメージ 7


蛇口の位置が低すぎジョウロを入れにくいとのリクエストがあったので、雨水タンク全体を少し持ち上げます。
(ギリギリで入るんですけどね〜)

イメージ 8


200L満タンに水が入っているので200kg以上あります。ハンドパワーではとても上がりませんのでガレージジャッキ登場w


コックの交換は、水が満タンの状態でコックを外し、噴き出る水と戦いながら交換せざるを得ません。

びしょ濡れになり新しいコックと交換したんですが、水が少しづつ滲み出てきます。

おかしいと思って古いコックを見ると潰れたパッキンが入っています。今度はもう一度古いのに付け替え、新しいコックを調べるとこちらはパッキンが入っていない。

イメージ 9


で、今度は古いコックを一瞬外しパッキンを外して新しいコックにはめ、、、って事をやってたらずぶ濡れでもうどうでも良くなりましたw

結局、古いパッキンは潰れてしまっていて水漏れは止まらない事が分かったので、パッキンを作ることにしました。

またガレージの中を探索し、

イメージ 10


厚さ5mmくらいのスポンジシートを発見。
こいつを古いパッキンに合わせて切り

イメージ 11


Newパッキン完成。かなり不細工ですけど、少し大きめに作ったので押し込めばいけるかな?

イメージ 12


とトライしたら、

イメージ 13


無事水漏れは止まりました♪

板一枚下駄を履かせタンクを上げたので、ジョウロも余裕で入る様になりミッションクリアです。ワタクシはずぶ濡れの水も滴るイイオトコになりましたw


最後のミッションはタイヤ交換。

と言っても、クルマのタイヤではなく

イメージ 14


こちら一輪車、いわゆるネコグルマのですw

だいぶ前にパンクして放ったらかしにしてたのを、パンクレスタイヤに交換します。

イメージ 15


タイヤ取り付け部のナットがこんな状態なのでだいぶ苦戦すると思い、ラスペネやら長めのブレーカーバーやら準備したんですが、

ナットを回すと簡単に緩んであっさり外れ、

イメージ 16



気合い入れてた割には10分足らずで作業終了。ちょっと拍子抜けでした〜

イメージ 17



ところで交換後にタイヤに書いてある文字ををよくみて見ると、こんな表記がw

イメージ 18


NOT FOR HIGHWAY USE

いやあ、これで高速道路に乗る人いるんでしょうか?(爆)



.

開く コメント(13)

開く トラックバック(0)

GWのあれこれ

前半、まず庭関係。ミモザの鉢植えを地植えしたり、放ったらかしで草ボーボーの庭の草刈りとかです。

イメージ 1



草刈り自体はいつも通り(たまにしかしませんが)ですが、今回いつもと違ったのは草刈機。だいぶ前から燃料ポンプが破れて最初のエンジン始動にいつも30分くらいかかっていたんですが、少し前に部品を入手し交換していたので、エンジン始動性が改善されているかどうか興味津々でした。

イメージ 2


これが元の燃料ポンプ。って言ってもビニールでできたキャップです。このキャップを指でクチュクチュ押してポンピングする仕組みですが、ビニール劣化で破れて全くポンピングできなくなっていました。

イメージ 3


イメージ 4


入手した新しいポンプと交換。ポンプと言ってもこんな部品なので数百円です。

イメージ 5


草刈機に組み込んだ状態です。

結果は上々。今まで苦労していたのが嘘の様に2-3回スターターの紐を引くだけでエンジン始動。安い部品だし交換も簡単なのでもっと早くやれば良かった〜。草刈機と言えど整備は重要ですね。


その後は2泊3日で実家に帰省。元号の切り替わりは実家で迎えました。

帰省中、暇を見て実家近くの漁港でフィールドリサーチ。

イメージ 6


良いサイズのカサゴ2匹を持ち帰り、

イメージ 7


イメージ 8


母親のリクエストで煮魚作りました。美味しい!と喜んで食べてくれたので良かったです。

このサイズだといつもは刺身にするんですがワタクシも煮魚の美味しさを再認識。大きいと食べ応えあって旨いですね〜


実家から戻り、GW後半。

メインイベントは瀬戸内海の離島への1泊2日での釣りツアー♪

近所の街から高速船で1時間程の島なんですが、海がメチャきれいで魚影も濃く良く釣れました〜

イメージ 9


イメージ 10


今回は18cm以上のみキープすることにして、それより小さいのはリリース。

丸2日間、朝から夜までこれでもかと釣りを満喫。結構ハードでなんだか部活の合宿みたいな感じでしたw

イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


とてもお財布に優しいお値段の旅館でしたが、島の旅館らしい食べ切れない程の新鮮な魚づくしの食事にも大満足。

と言う感じで大成功だった離島釣りツアー、これはリピート決定です♪


GWの締めくくりは、京都にいる末娘の引越し。今年就職し、5月から広島の営業所に赴任すると言う事で、必要最低限の荷物を残し、荷物を広島に持ち帰りました。

これまでと同じく、今回もプレマシーが大活躍。

イメージ 17


イメージ 18


目一杯働いてくれました〜

でもプレマシーでの引越しも、今回が最後かな?


こんな感じの、プレマシーでの引越し以外クルマネタのないGWでした。アルファネタを期待していた方がいたら申し訳ないですw


今年のGW、世の中的にはスーパーGWってことで高速道路も大渋滞してしまうんじゃないかと心配してましたが、蓋を開けてみるとそれほどでも無く良かったです。



.

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

ミッション、ほぼ終了

末娘の大学卒業式でまた京都に行ってきました。

卒業式に袴で出席ということで、カミさんが自宅の着物と袴、その他諸々を持参しての出張着付けサービス。ワタクシは役に立ちませんが、まあ荷物持ちです。

いつもクルマですが、今回は新幹線で。

イメージ 1


新幹線は速いしビールも飲めるしで、ラクチン&快適ですね〜


土曜日は三条〜寺町界隈を、写真を撮りながらブラブラ。

イメージ 2


京都文化博物館では丁度クリエイターズマーケットをやっていました。アクセサリーから伝統技術を用いた工芸品まで、沢山の若者達が手造りの品々を展示販売されているのを、カミさんと一緒にのんびりまわりながら小物をいくつか購入。

若い人の感覚と古い文化や工芸がうまく共存しているのが京都の魅力です。やっぱり京都は楽しいですね〜


翌日曜日、卒業式です。
10時からの式開始なので、末娘とカミさん、長女は早朝から着付けやらお化粧やら髪のセットアップで大変だった様です。ワタクシは手を出せることはありませんから寝てましたけどw

イメージ 3


グッジョブ!

生憎の雨の中、地下鉄〜バスと乗り継ぎ大学まで行く予定でしたが、タッチの差でバスに乗り遅れ。結構ギリギリな時間だったので、雨の中、ワタクシはタクシー捕まえに走りました。

なんとかタクシーを確保し、無事式に間に合いましたので、オヤジも少しだけ役に立ちましたよw


イメージ 4


卒業式そのものはお決まりのパターンでしたが、

イメージ 5


式の後の、応援団による卒業生へのエールのパフォーマンスは見応えがありました。

学ランを着た団員と団旗の伝統的な応援団演舞を生で見たのは40年ぶりくらいの様な気がします。ビックリした、と言うか40年の時代の流れを感じたのは、団長が女性だったこと。キレの良い動きは見事でした。「嗚呼、花の応援団」世代のワタクシにとって驚きでした。

それにしても日本伝統の応援スタイルはなかなか良いものだと再発見。是非ワールドカップやオリンピックの応援で、学ランや羽織袴を着てやって欲しいと思いました。外国のスタイルを真似た応援よりも、凛々しくて断然良いと思いますね。


そんな訳で、卒業式ミッション終了と共に子育てミッションもほぼ終了したと思われます。めでたし、めでたし〜




.

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

愛犬の旅立ち

イメージ 7



3/8に我が家の愛犬、リンちゃんが旅立ちました。

イメージ 1


高齢犬ではありましたがずっと元気で、2月の京都への旅行にも一緒に行き、いつもどおりの暮らしをしていました。

3/3の日曜日から食事をしなくなったんですが、今までもお腹の具合が悪い時に、自分で2-3日絶食して回復することが何度かあったので、今回もそのパターンかなと思っていました。

水もちゃんと飲んでいるし、食事をしない以外はいつもと同じ様子だったんですが、火曜日の夕方近くから急に苦しそうな息をし始めました。

私は会社から急遽帰宅。京都とベルリンの娘達ともLineのビデオ通話をつなぎ、家族全員での看病が始まりました。

その日の深夜に一度危ない状態になりましたが、家族の声かけで持ち直し朝を迎えました。

そこからは少し落ち着いてきた様で、表情もしっかりしてきたし、病院からもらってきた柔らかい食事を口に入れてやると食べてくれる様になりました。

カミさんと私のサポートに加え京都の長女が水曜〜木曜と会社を休み駆けつけてくれ、ベルリンチームもビデオ通話で見守り。一進一退を繰り返しつつも少しづつ良くなっている様でした。

そうして迎えた金曜日、私は水曜日に続いて会社を休み、カミさんと交代し朝からリンちゃんの世話。この日はとても天気の良い暖かい日だったので、午前中からデッキで日光浴。リンちゃんの具合も良さそうで、新鮮な空気を吸いながら庭に来る野鳥の鳴き声を聞きながら、2人でのんびりと幸せな時間を過ごしました。

イメージ 2


イメージ 3



しかし午後3時過ぎ辺りから、少し呼吸が苦しそうになり始め、そこから少しづつ症状が悪化。夜の10時頃、家族全員に見守られながら、抱きかかえられた腕の中で息を引き取りました。

家族全員号泣でしたが、日本もドイツも起きている時間に、大好きな家で家族全員に看取られながら最期を迎えることができたので、きっとリンちゃんも幸せだっただろうと思います。14歳と5カ月でした。

その夜は、家族で遅くまでリンちゃんとの思い出を話しました。

翌日は悲しいお別れ。リンちゃんのお気に入りだった場所の正面の庭の一角に、ちょうど満開だったミモザの花と一緒に埋葬しました。

デッキのテーブルの前で家族がいつも通る場所で、いつもスズメで賑わい春には一番に花が咲く場所です。リンちゃんもきっと寂しくないと思います。

イメージ 4



3/8日は国際女性デイで、ミモザの日でもあるそうです。土が落ち着いたらこの場所にミモザを地植えしようと思います。


家を建てたと同時期に我が家にやってきて以来、家族に愛されずっと一緒でした。いつも家族の側にいて、家族の絆を強めてくれたと思います。リンちゃん、どうもありがとう。

イメージ 5


イメージ 8


イメージ 6






.

開く コメント(22)

開く トラックバック(0)

京都小旅行

2/9-11の連休の話ですが、京都に行って来ました。

大学4回生の末娘は写真部なんですが、その卒展を京都市内のギャラリーでやるという事で、見に行くことにしました。

もちろんせっかく行くので、他にも京都滋賀界隈で今まで行ってなかったところを少し見て回ったり。

まず初日は琵琶湖東岸の長浜。太閤秀吉が作った歴史のある街で見所もたくさんありそうですが、オタクなおんぼろアルファ御一行がまず向かったのは、海洋堂フィギュアミュージアム。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


動植物やアニメのキャラから仏像まで、「え?こんなものもあるの?」と驚くバリエーションの広さと精巧さでした〜

おみやげにガチャポンGet〜

イメージ 4


ここはやっぱりこういうラインナップですw

以前、イタジョブに引っ掛けて訪れた近江八幡と同様に、長浜も見所満載の街の様で、

イメージ 5


旧い街並みが残る黒壁通りやら

イメージ 6


今も残る旧長浜駅は、現存する日本最古の駅だそうです。

今回は駆け足でしたが、まだ行ったことのない彦根と共に、今度またゆっくりと訪れてみたいですね〜


長浜から帰った夜の夕食は、

イメージ 7


学生時代から行かせて頂いている、京都左京区の小さは洋食屋さん。もう35年くらい行かせて頂いています。

イメージ 8


いわゆる街の小さな洋食屋さんですが、京都の老舗ホテルのシェフだったと言う御主人の作る洋食は35年間変わらぬ優しい美味しさです。京都に行った時は娘たちと共に必ず伺わせて頂いております♪



2日目はメインの写真部卒展。
さすが4回生、皆さん見応えのある展示でした〜

イメージ 9


末娘の展示も、友人や家族との一コマを切り取ったという感じの作品で、よかったと思います🍀

展示期間中たくさんの方が卒展を見に来てくれ賑わったそうです。

この日も、一人の年配の紳士が末娘の展示を気に入ってくれた様で、いろいろ話をしながら長い間見てくれていました〜♪


ところでその写真部ですが、最近やはりデジタルが主流らしく、モノクロの現像&焼き付け機材を処分する事になったそうです。

末娘はフィルムデジタル両方でフィルム多め、ワタクシはスマホの写真以外は未だにほぼフィルムなので、せっかくなので機材を引き取らせて頂く事にしました。

イメージ 10


展示会の後、娘と一緒に大学の部室に行き、機材を搬出。引き伸ばし機は、富士フィルムのSD690 Professionalと言うなかなか本格的なヤツで、予想していたよりもかなり大きくクルマに積み込むのが大変でした〜

イメージ 11


取り敢えずガレージに置きましたが、使うには掃除とキチンとした場所の確保が必要ですね。


3連休3日目は、京都鉄道博物館。
特にて鉄道マニアと言うわけではないんですが、機械好き&乗り物好きなので一度是非行かねば、と思っていました。

館内に入ると、0系新幹線をはじめとする3両の車両がお出迎えしてくれます。

イメージ 12


各時代の実車の展示や、鉄道関係の様々なアイテムの展示があり、鉄道マニアでなくても十分に楽しめます。

イメージ 13


イメージ 14



おんぼろアルファ的にやはりツボだったのは、

イメージ 15


昭和の香り高いデザインの特急電車や機関車達と、

イメージ 16


懐かしい蒸気機関車達ですね♪


イメージ 17


イメージ 18


やはり最大の見所は、転車台と扇型の車庫、そこに収まる蒸気機関車群。

https://youtu.be/FoZLx2BtLFE

閉館間際に行われた、体験乗車用のC62を転車台で回して車庫に収める作業は圧巻で、大興奮でした〜(嬉)

京都鉄道博物館、鉄ちゃんはもちろん、お子様連れや乗り物好きの方なら半日は軽く楽しめると思いますのでオススメです。

という感じの京都小旅行でした。
やっぱり京都はいいな〜。


.

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事