My Alfa

[ リスト | 詳細 ]

おんぼろ号、めでたく復活しました。快調に走っております〜♪

記事検索
検索

GO!GO!EAST 2018大作戦 DAY1

DAY0での予期せぬ神の試練からなんとかリカバリーした翌朝、ワンコを娘に預け、中国方面軍のアルファロメオ916スパイダー Sさん(Imozzeさん) と プントアバルト toraさんとの待ち合わせ場所の大津SAに向けて出発。

10時過ぎに予定通り中国方面軍集結しました♪ 

イメージ 1


Imozzeさんの916スパイダー、初めて見ましたがすごく良い色ですね〜。これ奥様のクルマだそうです。カッコよすぎ!

この日はやはり全国的に旧車シーズン真っ盛りだった様で、SAにはこんなクルマの姿も。

イメージ 2


A112チームは、この日開かれていたらしいA112ミーティングに向かう待ち合わせだった様です。
SAに入った時に、お互いに目が合い思わず会釈。知ってる人ってわけじゃないんですが、同好の士ということで〜(旧車あるあるですねw)

トライアンフTR4は四国のナンバーでしたが、素敵な年配のご夫婦が乗られていました。カッコいいですね〜
こちらも東へ向かう高速で追い越した時に、クラクションでご挨拶しておきました。


さて、中国チームが3台揃ったところで、GO!GO!EAST 2018 DAY1集合地点のトヨタ博物館に向かいます。ここからトヨタ博物館までは、3台のヘンタイ飛行で、約150km、2時間弱のツーリングです。

おんぼろ号は、昨晩のトラブルの件もあるので、エンジン回転は少し押さえ気味にしての走行。GO!GO!EAST 2018を通じて、エンジンぶん回すのは控えることにしました。

名古屋で高速を降りたところで渋滞があり、待ち合わせ時間の12時に少し遅れてトヨタ博物館に到着。

イメージ 3


イメージ 4


東海方面軍および関東方面軍のI隊長、M隊長を始めGO!GO!隊員達も既にお揃いで、1年ぶりのメンバー再集結に、
「貴様、元気だったか!」 
「おう!貴様もよく来たな!」 
と感涙を流しながら熱い抱擁(←ウソw)。

さあ、いよいよGO!GO!EAST 2018作戦開始です!

といっても、腹が減っては戦は出来ぬ、という訳で早速お昼ごはん。

イメージ 5


トヨタ博物館の会議室で、M隊長&I隊長の作戦開始の訓示を聞きながら豪華弁当を頂きました〜


お昼ご飯の後は、トヨタ博物館の見学。
ワタクシ、恥ずかしながらトヨタ博物館は初めてだったので、かなり楽しみにしていました。

メイン展示は、自動車黎明期から現代まで、古今東西のクルマが時代順に展示してあります。
それでは展示車両からワタクシが気になったクルマからいくつかをご紹介。

まず最初の展示車両、

イメージ 6


トヨタ最初の量産畳用車、トヨタAA。「豊田」をデザイン化したノーズシンボルがカッコいいんですが。トヨタさん、これレクサスにつけたらいいのに〜


自動車黎明期。

イメージ 7


化学の実験装置みたいなのは赤いクルマのインパネです。なんだか凄いですね〜
ナウシカの空飛ぶ奴の操縦席にこういうのついてた気がします。スピード出すと沸騰していた様な。

タイヤのトレッドパターンに、滑らんっ!(NO SKID)って書いてるのがおかしいw

三輪のクルマは手作り感満載で、なんか自分で作れそうな感じです(Imozzeさん作って〜w)


自動車が大量生産され始めた時代。アメ車がモータリゼーションをリードしていたんですね〜

イメージ 8


色遣いがなかなかオシャレです。

イメージ 9


4ドアコンバーチブルの幌の張り方が面白い。幌、結構しっかりしていますね。


こちらは、プジョー(黒)とシトロエン(黄色)。

イメージ 10


プジョーはメチャ小っちゃくて可愛らしいです。シトロエンもおシャ〜です。


戦前の豪華絢爛、高性能車達、

イメージ 11


鍋島家当主が注文した、イスパノスイザだそうです。巨大なサイズの2ドアクーペ。凄ぇ〜〜〜

こちらもイスパノスイザ、

イメージ 12


ワニ革総張りのこてまろインテリアが凄い!(ちょっとエグいけどw)
イスパノスイザ、恐るべし!!!


こちらはイタリアとフランスの流線型グランツーリスモ、ランチアとドラージュ。

イメージ 13


イメージ 14


どちらもまさに流麗と言う感じの素晴らしいスタイリング。

こうして見ると、ランチアってイタ車だけどなんとなくフランス車っぽく上品系なのはこの頃からだったんですね〜


こちらもフランスの流線型、プジョーです。

イメージ 15


なんだかジュール・ベルヌのSF小説に出てきそうなカタチしてます。プジョーのライオンのマスコット&モチーフがカッコいいぞ!


赤い戦前型スポーツカー2台、アルファロメオ1750とMG-TC。

イメージ 16


アルファロメオ1750は、同じ1750でもこちらは戦後1750のネーミングの元になった、元祖6C 1750 Gran Sport。スペアタイヤ2個積みがグランツーリスモぽいな。

MG-TCはデビューは戦後ですが、戦前型といっても良いですね。戦前型スポーツカー、一度乗ってみたいっ!


トヨタと言えば外せないのはやはりこの2台、

イメージ 17


やはりトヨタ博物館の主役って感じです。

別館に展示していた、2000GTの世界速度記録挑戦車、

イメージ 18


闘うマシンのオーラ出ていてカッコいい!メガホンマフラー好きですw


どれもこれも魅力的なクルマばかりだったんですが、カミさんが一番好きなのは、

イメージ 19


やはりサンクだそうです〜


ワタクシはと言えば、

イメージ 20


最初の愛車、初代シビックかな〜
これまた乗ってみたい!


展示してあるクルマだけでも凄かったんですが、なんと展示車両は定期的に入替えられるそうです。さすが大トヨタ!

てな具合で、予定見学時間の1時間半を軽く過ぎてしまいましたが、初めてのトヨタ博物館、しっかり堪能できました〜

こちらトヨタ博物館での戦利品です♪

イメージ 21



トヨタ博物館を楽しんだ後は、DAY1の宿泊地、焼津グランドホテルに向け、3〜4台の小隊に分かれ出発。途中、休憩を挟みながら、6時半頃に無事ゴールしました。

イメージ 22


ここで関東方面軍の別働隊とも合流し、夕食はもちろん宴です。

イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


ここでもM隊長&I隊長からのありがたい訓示を頂きながら、DAY2 以降の作戦に向け英気を養いました。

食事の後は、温泉に2次会でバタンキュー。

こんな感じのGO!GO! EAST DAY1でした♪



.

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

GO!GO!EAST 2018大作戦 DAY0

今年もあっという間に11月。歳をとると月日の過ぎ去るのが本当に早いものだねぇ、、、

とそういう話では無く、ワタクシにとっては11月と言えばGO!GO!大作戦のシーズンです。偶数年の今年は関東&東海チームがホストとなり中国チームが東に遠征する年。GO!GO!EASTの年です!

と言う訳で、11/3-5で、愛知〜静岡〜山梨の3県にまたがり行われたツーリングに参加してきました。

今年の中国チームからの参加は、島根から参加のSさんご夫妻のアルファスパイダーと、広島からいつもイタジョブに一緒に行っているtoraさんのプントアバルトに、ワタクシ&カミさんが乗るおんぼろ号の3台です。

GO!GO!EAST作戦開始の前日夜、おんぼろ号は、ワンコを京都の前線基地の娘達に預かってもらう為、一足早く京都に向け出撃♪

イメージ 1


広島を夕方6:30頃出発し、京都に向け順調に山陽道を巡行。123イグニッションに替えてからは高速ではまずまずのペースで走ってもコンスタントに10km/L走ってくれます♪

山陽道から新名神に入り京都に向け快走していたんですが、、、しかし京都まであと少しというところで、神の試練がありましたw

突然ゴムが焼けるような嫌な匂いがし始め、「あれ?これは」と思う間も無く、チャージランプが点灯。これは多分サンク嬢で何度も経験したオルタベルト(ファンベルト)切れです。まあでも、オルタベルトならスペアを積んでいるので、30分くらいあれば直せそうです。

高速の途中で止まりたくはないので、電気の消費を抑えるためにヘッドライトを落としスモールだけにし、車内の余分な電気も落として最寄りの高速出口を目指します。

なかなか出口がなく、しばらく走って京都手前の山崎でようやく高速を離脱しました。

高速を降り信号で停まると、走行風が無くなったので水温が上がりラジエーターから蒸気が〜

早く信号変われ〜と祈りつつ、信号が変わった先に運良くあったセルフの24時間GSに滑り込みました。

イメージ 2


この時水温計は100度くらい。気温が低い季節だったので何とか持ってくれました。

GSの店番をしているお爺さんに訳を話し、クルマの修理をさせてもらいます。ボンネットを開けてみてみると、

イメージ 3


やはりファンベルト被弾w

切れたベルトを外し車載のスペアと交換。

イメージ 4


イメージ 5

(ツナギに着替え修理するonboroALFAの図w)

交換しこれで大丈夫なはず。水道を借りラジエーターに水を補給しエンジン始動。

無事エンジン始動しチャージランプも消えたんですが、なぜかベルトの泣き音がものすごい。

ベルトのテンションが良くないのかと、一旦エンジンを止め、テンションを張ったり緩めたり調節したものの一向にベルト泣きは収まらず途方に暮れていたんですが、何度かトライしているうちに、ファンが回っていない事に気がつきました。

エンジンが回りベルトも回っているのにファンが回っていないので、ファンのプーリーの所でベルトが擦れて猛烈なベルト泣きをしていたんですね。

この時点で一瞬、これは戦線復帰は無理か?と少し弱気になりかけたんですが、、、
気を取直してもう少し粘ってみます。

ベルトを外してファンを手で回してみると、固着しているようでなかなか回りません。それでも手で少しずつ回しているうちに、固着が取れてきたのかだんだん回るようになってきました。切れたベルトの破片でも巻き込んでしまっていたのかもしれません。

ある程度回るようになったので、ベルトを掛け直して再始動。すると今度はベルト泣きも収まりました。

イメージ 6


少し下道で試運転したところ問題なさそうなので、京都まで行って様子を見てみることにしました。

高速に戻り少しずつ速度を上げてみましたが、どうやら大丈夫そう。30分のピットストップの見込みが、結局1時間半くらいになってしまいましたが、何とか復旧し京都に到着しました。

イメージ 7


と言う訳で、DAY0から、いきなり神の試練を一人密かに受けてしまったおんぼろ号でしたw



.

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

ツーリングに向けて

今週末はかなり遠乗りをします。

そろそろオイル交換タイミングだと気付いたので夕食後にやっときました〜

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3



前回交換は、ちょうど1年前のやはり同じツーリング前でしたw


今週末は天気もバッチリの様で楽しみです〜♪

イメージ 4




.

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

しつこかった台風シーズンもやっと終わったようで、いよいよ本格的な秋の気配と共にツーリングシーズンがやってきました。

という訳で先週末の日曜日、台風25号で1週間延期となった白猫#35さん主催のイベントGiro del Daisenに行ってきました。

Giro del Daisenは日曜日の朝9:30スタートなんですが、広島から大山まで3時間強かかるのでけっこう早起きしないといけません、が、、、

ワタクシは早起きが苦手なので、昨年同様、土曜日からカミさん&ワンコと共に大山入りすることにしました〜

昨年はワンコOKのペンションに泊まったんですが、今年はおんぼろ号でキャンプです。

で、Campo della Giulia!

前からジュリアでキャンプ、やってみたかったんですよね〜♪

イメージ 1


できるだけコンパクトになる様に選んだ装備をトランクに押し込みます。

イメージ 2


一部室内にはみ出ましたが、なんとか積めました〜

11過ぎに自宅を出て、途中のお昼ごはん休憩をはさみ約4時間のドライブ、
3時頃に目的地の大山オートキャンプ場に到着。

イメージ 3


イメージ 4


快適なキャンプサイトの設営完了!

大山オートキャンプ場のオーナーさんとお話ししたんですが、こちらはオーナーさん自らブルドーザーに乗り切り拓かれたそうで、オープンして2年間だそうです。

こじんまりとしたキャンプ場ですが必要な一通りの設備は揃っていて、(特に女性陣にとって)嬉しいのが、トイレがウォシュレット完備という点。

一つ一つのキャンプサイトもスペースにも余裕があるので、うちの様なワンコ連れには嬉しいですね。

イメージ 5


イメージ 6


マイペースでのんびり過ごすには、なかなか良い所だと思います♪


翌日曜日の朝、キャンプサイトを撤収し鏡ヶ成に向かいます。キャンプ場から鏡ヶ成までは大山山麓のワインディングを30分程の距離。

メインイベントのGiro del Daisenです!

イメージ 7

(クリックすると拡大します〜、多分)

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


台風で当初の予定から1週間ずれた為少し参加台数が減ったそうですが、それでも地元の中国地方を始め、関西や四国からかなりマニアックなクルマが集まりました。

一台一台の写真は撮らなかったのですが、ランチア・フラミニアやディーノから新型A110まで、かなりレア車もいました。

ブリーフィングの後出発。

イメージ 11


コマ地図を頼りにラリー形式でのツーリングです。今回は昨年迷った経験を活かし少し予習しときました。

イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14



今回の新たな企画として、ラリーコース途中5か所にクイズが設けられていて、回答する為にはクルマを停めなければいけないんですが、

これが程良いペースコントロール(爆走リミッターw)にもなり、クイズ自体も楽しめるし、一石二鳥のなかなかいいアイデアだと思いました〜

イメージ 15


途中こんな光景もw
道幅のあるほとんどクルマが通らない田舎道なので迷惑にはなりませんが、一見なんの観光名所かと勘違いしそうですw

お昼ご飯は、蒜山でジンギスカンを堪能♪

イメージ 16


食事後ラリー再開。

イメージ 17


途中何回かの休憩ポイントでの駄弁りを挟みながら、

イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


ゴールに到着。

イメージ 24


コマ地図予習の甲斐あって、今年は奥様ナビもフリーズせずに機能して、ほとんどノーミスでゴールにたどり着くことが出来ました♪

クイズの方も見事全問正解で、

イメージ 25


イメージ 26


景品のレアものミッレミリアポスターをゲットできました〜♪


解散後しばらく駄弁った後、せっかくここまで来たからと、おいしい魚料理のお店で晩御飯を食べて帰る事に。
お昼はジンギスカンだったので別腹ですw

イメージ 27


ワタクシのチョイスは、このあたり特産の白イカ刺身定食〜♪ もちろん甘〜い白イカたっぷりでおいしかったです!

エネルギー充填の後は広島に向け3時間爆走、無事帰還いたしました。

イメージ 28


今回の走行距離は2日間で668km。おんぼろ号快調でした ☺

こんな感じで、今年もGiro del Daisenをしっかり楽しませて頂きました。

白猫#35さん、どうもありがとうございました!来年もよろしくお願いしますね〜

イメージ 29



おまけ:今回一番刺さったクルマはこのクルマ、

イメージ 30


ヨタハチです〜。いいですよね〜コレ。

イメージ 31


ドアハンドルの所ってこんなになってるんですね。スタイルと言い、こういうディテールと言い、自動車と言うよりなんだか軽飛行機みたいで素敵です。



.

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

週末のいろいろ

9/10にめでたく車検合格したおんぼろ号。

その後週末に法事で四国〜和歌山に行ったりして車検仕様のままでしたが、先週末に時間が取れたので車検スペシャルタイヤからいつものタイヤに戻しました。

イメージ 1



ヘッドライトも調整が出来る様に外していたランプリムやグリルを元に戻しましたが、ついでに車検前に注文していたハロゲンバルブに交換。

イメージ 2


これはバルブのワット数としては現在ついているバルブと同じ60/55Wですが、「同じ電力で明るさは130/120W並!」という良くあるうたい文句のバルブです。本当か嘘か分かりませんがw

最近ヘッドランプの光量不足で落ちることがあるという話を聞き注文しましたが車検には間に合わず。結局車検の方も光量に関しては問題なかったんですが、折角注文したので交換してみました。

イメージ 3


ちなみにおんぼろ号のヘッドランプは、ワタクシが大学生の時の最初の愛車、初代シビックに乗っていた時にバイトでお金を貯めて買ったマーシャルです。もう40年近く使ってることになりますね〜。

イメージ 4


余談ですが、当時はハロゲンヘッドライトに交換すると明るすぎて光軸が測定できず車検で通らないことがあって、そんな時はヘッドライト表面にグリースを塗って光量を落とす、っていう裏技を、昔予備検場のおじさんから教えてもらいました。それが最近では逆の心配をすることになるとは、、、世の中やっぱり変わりますね〜w

バルブ交換後、試しに家の周りを走ってみたんですが、ちょうど暗くなり始めくらいで真っ暗ではなかったのでイマイチ効果は良く分かりませんでしたが、130/120W並的驚きは体感できませんでした〜(130/120Wの明るさの車に乗ったことないので良く分かりませんがw)。まあ、少し明るくなった様な気もしたのでOKです。

それよりも、明るくしたいのなら、バルブを抜いたままでずっと使っていない内側2灯を補助灯として有効活用した方が良いですね。
フォグランプ配線にしてLEDのイエローバルブでも入れてみようかな〜〜〜




.

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事