Barbara's SUNDAY PAPERS

バーバラさんの日曜版。音楽を愛する51歳オヤジのブログです。趣味や毎日の生活について語っています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

JEEPNEY

フィリピンの路上でよく見かけるのが、この個人乗合タクシー(?)である「ジープニー」である。

東南アジアではお馴染みのもので、タイなんかにももう少し小さいのがある。

このジープニー、聞けば、ドア・トゥ・ドアのサービスのようで、いつも満車状態でハイウェイー何かを突っ走る。

料金も安く、マニラでの市民の足、である。

ちなみに、マニラでは、クルマを持っていれば大金持ち、バイクがあれば金持ち、普通は自転車、なのだそうだ、あくまで現地ディーラーの説明だが・・・。

さて、この現地ディーラーが教えてくれた。

この名前、つまり、ジープニーからも分かるように、このクルマの原型は実はアメリカはクライスラーのジープなのだそうだ。
イメージ 1

















言われ見ると、確かに、ジープの面影が・・・?
イメージ 2


















聞けば、戦後(何時?)もしくは米軍が撤収後に置いていった、つまり、払い下げられた軍用のジープ(ウィリス?)が、市民の手で改造されて、いつの間にか、それらの部品が汎用化し、原型は維持されながら、コピーされたジープニーが増えていったようだ。

なるほど、だらか、装飾(?)や色は違っているけど、皆ベース・デザインは同じなんだ、と感心。

長い年月を経て作られた、輸入車ベースの国民車がジープニーなのだ。

面白い。

帰りのマニラ空港で、このジープニーノミニカーを発見、記念に買おうかと思ったが・・・やめておいた。

きっとここにはまたすぐ戻ってくることになりそうだからね・・・。

開く コメント(0)

マニラにて2

フィリピンでは、現地のディーラーに、マニラの再開発地区近くにあるレストラン街にご案内いただいた。

ここでは、夜市っぽく、多くの「魚屋」が並んでいる。
イメージ 1

















で、そこで、食べたい魚を選んで買い求め、それをそのまま隣接するレストランに持ち込み、調理してもらのだ。
イメージ 2

















一見新鮮のように見えるが・・・普段見たこともない風体の魚に少しビビる。

そしてここには「魚屋」にもレストランにも属さない「エージェント」が存在。

このエージェント氏が、客を捉まえて、魚屋を紹介し、いい魚をオススメし、最適な料理訃報を提案し、そしてレストランをも紹介〜案内するのだ。

目利きも効くようで、なかなか忙しく動いている、収入はそれぞれから「成功報酬」が入るのであろう。

で、出てきた料理は大変美味しかった。
イメージ 3
















イメージ 4
















イメージ 5

















シーフード好きにはたまらないであろう。

いつもと違った雰囲気での食事、大満足であった。

開く コメント(0)

マニラにて

台湾からフィリピンに移動してきた。

今回は、首都マニラに滞在する。

約3年振りのフィリピンである。

ホテルは、マニラの繁華街でもありビジネスの中心でもあるマカティと言われるエリアだ。

高級ショップやホテル、レストランが並ぶエリアだ、空港で客引きをしていた同じフィリピン人とはかなり違う感じの人が多い。

部屋からの眺めもなかなか・・・。
イメージ 1

















美しさと古さ、そして危うさが同居するマニラ・・・滞在するには少し緊張感が必要だ。

公共施設に限らず、商業エリアでもショットガンを持ったガードマンがいっぱいいる。

麻薬撲滅、イスラム問題など様々な問題のあるフィリピン、そういや中国とも争っていたっけ。

でも、経済は、他国からの投資もあり悪くない。

明日は、現地代理店との会議に臨む。

さあ、この地でどうやって成功させていくか・・・。

開く コメント(1)

台北にて

台湾に来ている。

さすがに、暑い。

今回のホテルは、郊外にあるゴルフ場に近い場所にある。

よって周囲に何もない。

見る限り、産業エリアだ。
イメージ 1

















ま、昼間は仕事してるし、夜は「ワインのイッキ」で討ち死にして寝るだけだから、いいんだけどね・・・。

今回はスペイン産のワインでやられた・・・。

開く コメント(1)

再び、キティちゃん

再び、台湾である。

しばらくは若手に任せていたけど、ちょっといろいろと変化があり、ここ数回訪問が続いている。

今回も、EVER航空を利用、前回のフライトでは同社のイメージ・キャラであるキティちゃんにすっかり癒されたBarbaraであるが、今回もチケットを受け取ったらキティちゃなんが印刷してあった。
イメージ 1











もしや。

やっぱり、キティちゃん号だった・・・!
イメージ 2











機内にもキティちゃんがいっぱいである。
イメージ 3











子供達は大喜び、それを見ている大人たちも大喜び。

どうやら同社の戦略は成功しているらしい。

開く コメント(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事