Barbara's SUNDAY PAPERS

バーバラさんの日曜版。音楽を愛する51歳オヤジのブログです。趣味や毎日の生活について語っています。

ARCHITECTURE

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

エントランス

我が家の玄関へつながるアプローチである。

夏になって、緑が増えていい感じになってきた。

やっぱりプロに頼んでよかったな。

一方で、巨大化したカツラの木を夏過ぎたら剪定しなくて・・・。

イメージ 1

開く コメント(0)

建築写真

CD棚を整理していたら見慣れないCD-ROMを発見。
 
「なんだっけ?」と思って期待もせずパソコンで開いてみた。
 
でてきた画像はBarbara邸の建築中の画像だった。
 
実は我家の建築中の画像は、以前壊れてしまったパソコンに入っていて、故障時にそのまま消えてしまったのだ。
 
一生に一度の思い出の画像を無くしてしまったので、当時はショックだったものだが、それ以来建築時の記録は記憶に置き換えられた・・・。
 
この画像、確か建築工事中に当時お世話になった「平野部屋」一同が撮ってくれてに違いない。
 
大変懐かしい画像が収められていて嬉しかった。
 
古い家を解体して更地になった時。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基礎打設工事中の画像。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
建前が済んで外装工事の頃。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう言えば、我家の建築でお世話になった方々とはその後疎遠になってしまっている。
 
Aki先生にも不義理をはたらいたままだ。
 
いつの日か何がしかの恩返しをしなければ。

開く コメント(0)

VOLKS HAUS 1.5

敬愛する大建築家であらせられるAki先生のブログを見ていたら、新しいフォルクス・ハウス・シリーズの発表のことが書いてあった。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
今まで何度か「夢よ再び」で再浮上を試みながらなかなか勢いが取り戻せなかったフォルクス・ハウスであるが、今回は何となくいい感じでまとまっている。
 
なんてったって「1.5」というネーミングが秀逸、記号化させたらAki先生の右に出るモノは建築界にはいない。
 
そうか、そういう考えがあったのかと、久し振りにスッキリしたし、なんだかモデルハウスを見たくてウズウズしてきた。
 
久し振りに胸のすくような、割り切られた住宅を見た。
 
プランもいい、606ベースもいい、ゲヤの有り得ない屋根勾配も凡人には理解不能だ。
 
あとモデルハウスのあるロケーションもいい。
 
でも、木製窓は高そうだなあ。
 
でも、同じ敷地内に建つ、オドロオドロしいデザインの3F建てモデルハウスとはえらい違いだ。
 
う〜ん、身分を隠して見に行きたい、しばらくはオープンハウスで見学ができるみたいだ。
 
行きたいなあ、久し振りに建築を感じて高揚したい気分だ、あのリビングに座り込んで外の浜名湖の景色を愛でてみたい。
 
でもなあ、あの敷地に行くと会いたくない輩も多いし・・・あ、そうか、週末に行けばいいのか。
 
探検に行ってみるかな、差し入れでも持って・・・。

開く コメント(0)

韓国にて 2

昨夜、ソウル市内を移動中、クルマの中から街の風景をボ〜と見ていた。
 
このエリアは、お洒落な店や施設がたくさん並んでいて、ソウル市内でも一番地価が高いのだそうだ。
 
古い建物は、ほとんど見られない。
 
明洞にさえ行った事のないBarbaraは、これがソウルとずっと思っていたが、実際はソウルの市街地は古い建物もまだ多く残っているようで、雰囲気は違うらしい。
 
さて、そんな中で、ガラス張りの新しいビルを発見、何かのファッション・テナント・ビルかと思いきや、なんと歯医者であった。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
よく見ると、治療台(?)が見える、しかも窓側を向いて・・・。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さぞかし、治療時は、爽快な風景で歯医者独特のあの嫌なイメージは無さそうだけど。
 
でも、外に向かって、大口を開けることにもなり、ひょっとして誰が双眼鏡で覗いていたら、「のど○んこ」まで丸見えである。
 
あと、治療時に身悶えするのも丸見え、悪趣味である。
 
Barbara的にはご容赦願いたい歯医者である。

開く コメント(0)

ケアンズにて 10

ケアンズで見た建築である。
 
Barbaraは、訪問した国々で、クルマと同様、いろんな建築を見るのが好きである。
 
今回は、ホテル〜会場の間の道中にある建物をカメラに収めてみた。
 
これはアパートメント、波打ったバルコニーが美しい・・・ケアンズの海沿いに建てられていた。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
波を反復して表現したのかな?
 
競うように建てられていた住宅群、なんか変わったデザインだ。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
屋根のデザインが、これまた波打っている。
 
この日見た一番の住宅(別荘?)。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
縦長で、大屋根を持つ住宅だ。
 
大きなバルコニーはパーティー用?
 
突き出た軒がカッコいい。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何だか、Aki先生が富士見高原で設計された4*12住宅みたいだ。
 
カッコいい!

開く コメント(0)

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事