Barbara's SUNDAY PAPERS

バーバラさんの日曜版。音楽を愛する51歳オヤジのブログです。趣味や毎日の生活について語っています。

二俣祭り

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

二俣祭り 2018

今年も祭りが終わった。

今年は、いわゆるお盆休みと祭りの日程がほぼ重なり、参加しやすい年に。

例年は、二俣祭りの日程はお盆休みの翌週となり、なかなか会社勤めの身分としては休みが取りにくかったのだ。

だからかもしれないけど、今年はけっこうな参加人数だったように思う。

イメージ 1













今年も事故も無く、楽しい祭りができた。

本当は、昨年で引退の予定ではあったのだが、いろいろあって定年は55歳まで延長になった。

少し前まで定年は40歳だった訳だから、確かに50歳代で祭りフル参加は体力的に厳しい。

特に、今年は、猛暑だったので覚悟を決めての祭り参加だったのだが・・・。

今週は、それまでの猛暑がウソのように涼しく、快適な週末だった、いや、夜など寒かったくらいだ。

だから、当然、ジジイ含めて皆元気、屋台は弾けるように二俣のアチコチの出没し、町中賑やかだった。

あと何年祭りで出られるか分からないけど・・・許される範囲で楽しんで、少しでも若い人達の助けになりたいと思う・・・。

二俣祭り 2017

二俣祭りが終了した。

金曜日に、いきなり雨に降られ、どうなるかと思ったが、本祭の2日間は天気も良く、無事に祭りを終えることができた。

その分、暑くて、年寄にはシンドかったけど。

若い頃は、年配者の行動力に失望したものだが、この歳になって、50歳過ぎて、祭りにフル参加することの厳しさを改めて感じている。

本当に、走れなくなった、走れなくなったら二俣祭りに参加する意義は無い、でも、まあ、なんとかロープには付いていけた。

若い衆には、本当に世話になった。

幸か不幸か、祭りの参加をあと4年許された、できる範囲でしかできないけど、頑張って来年も参加したい。

昨年から、カメラを携えての屋台行動は無理になってきたので、今年もスマホで撮った映像である。

最終日の祭典本部前の盛り上がり、楽しかった、久し振りの大勢での練りを初めて体験した人もいるだろう。
イメージ 1













南がく連との並走。
イメージ 2













曳き別れ前に揃った屋台、今までとは違ったアングルで撮ってみた。
イメージ 3













さあ、明日から仕事、頭切り替えられるかな・・・?

あと、1日

いよいよ今年も二俣祭りが始まる。
イメージ 1













明日は、町内各所で、出陣式が行われるであろう。

そして、明後日は、屋台の引き出し、会所開き、宵祭りが行われる。

前回のエントリーでも述べたが、Barbaraが会所に詰めるのは今年が最後。

来年以降は、もう何物にも束縛されない自由な身だ。

寂しくもあるが、これも過去からの習い、致し方ない。

今年は年番町で若い衆が大量に出向して不在だ。

及ばずながら、力になりたいと思っている。

二俣祭りまで、あと、1日である。

あと、3週間

二俣祭りまで、3週間である。

イメージ 1













本来であれば、昨年の祭りで会所詰の役も終わり、今年はもう完全引退の身だったのだが・・・。

今年は、西古が年番町ということで、若い衆が大量に出払ってしまう。

比較的人数が多い西古連だけど、でも、10人やそこらの若い衆が抜けると、それは大変。

屋台係から、子供係まで、本来の仕事は全く減らないのだから。

という事で、引退を延長、今年まで祭りの参加を延期した。

じじいの身なので、できる事は限られているけど、それでも40年以上毎年祭りに出ていれば、何をどうすればいいかは体が覚えている。

若い衆の迷惑にならないよう、バックアップに徹するつもりだ。

さあ、少し歩行訓練でもするかな、今年の祭りは体力が要りそうだ。

二俣祭り

約3ヶ月振りのブログ投稿である。

すっかり、もうブログは放棄されていると皆様に思われているに違いない。

やはり退院後は目への負担が憚られたので、しばらく勝手にお休みをいただいていた。

「ブログどうしたの?」という友人達からのメッセージも数多く寄せられた。

目の養生もそうだが、退院後、強烈な忙しさに陥った、実際、ブログの内容を考えるヒマさえなかった。

既に退院後に、UK、USA、オーストラリア、ニュージーランドに出張している。

で、夏と言えば、二俣祭り、今年も参加した。

今年の西古連は付け連の為、若い衆が大量にいない、だからBarbaraのような老人が駆り出された。

しかし、50歳になってからの2日間フル参加はキツい。

昼間何度倒れそうになったことか・・・。

付け連は来年まで続く、本来は今年を持って、祭りは終了だが、とりあえずは来年までは頑張るつもり。

以下は、今年撮影した祭りの様子。

2年前は、わざわざ一眼カメラを持ってきて、昨年はその重さに嫌気がさしコンパクトデジカメを、今年はそれさえ面倒で全てスマホで撮影した…段々、ものぐさになっていく・・・。

そういや、いつのまにか50歳、信長なら人生を終えていた。

祭りでは久しぶりに二俣の友人達と再会できてうれしかった、何故かバッキーさんにも会えた。

諏訪神社停留中の西古連。漆が輝いてキレイだ。
イメージ 1


















土曜日の夜、大明神に集結した屋台。
イメージ 2


















叉水連の屋台が曳き出されていた!ついに売り先が決まったらしい。嬉しくも悲しい瞬間だった。
イメージ 3


















尾張屋前の屋台合わせ。いいねえ。
イメージ 4


















曳き別れ直前。
イメージ 5


















今年もお疲れ様でした。

また来年!

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事