Barbara's SUNDAY PAPERS

バーバラさんの日曜版。音楽を愛する51歳オヤジのブログです。趣味や毎日の生活について語っています。

FOODS

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

カップカレーライス

先日コンビニに行った時に見つけた新製品。
 
日清のカップカレーライスである。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
非常食にと思って買ってみたが、今日は冷蔵庫が空っぽで、部屋に何も食べるものがなかったので食べてしまった。
 
作り方は簡単、水を入れてレンジでチンするだけ。
 
画像のフタの写真みたいにはならなくて、仕上がりは米とカレー・ルーがからまった感じ。
 
少し早過ぎたのか米が少し固かった以外は、味はいい。
 
日本の美味しいカレー・ルーの味そのものである。
 
少ないかな、と思ったけど、熱くてフウフウしながらゆっくり食べたら満腹になった・・・。
 
まあ、半年に1回位なら食べてもいいかな。
 
ご賞味あれ。

開く コメント(0)

こみちカフェ

仕事の打ち合わせの為使ったカフェである。
 
天竜区は山東にある。
 
Barbaraは全然知らなかった。
 
そもそも1人でカフェやレストランに入る勇気のないBarbaraにtって、カフェの情報は全く所有していない。
 
ラーメン屋くらいなら1人でも行けるけど・・・。
 
で、この日伺ったのは「こみちカフェ」というところ。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元は教会だったそう。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
健康的なメニューとこだわりのドリンクは、女性客に受け入れられること間違いない。
 
インテリアも秀逸、靴を脱いで入る店内は、リラックスできる。
 
今回は、失礼でもあるので、外観のみ撮影した、興味のある方は是非一度訪問して、この店の魅力を実際経験してもらいたい。
 
カフェ好きな上司ご夫婦に是非紹介したい店である。

開く コメント(0)

Jolliebee

フィリピン国内を移動していると、あちこちで見かけるレストランである。
 
その名も「ジョリー・ビー」という。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最初「うさぎ」と思っていたが、「はち」のキャラクターであった。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本で言う吉野家みたいなもんである、なんでもマックにも負けていないようだ。
 
メニューは、ブレックファストからディナーまで、そしてハンバーガーまで何でも揃う。
 
恐るべきは、その価格、メチャ安い。
 
コーヒー一杯50円、ハンバーガー・セットが200円(ポテト付き)という具合。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Barbaraは食さなかったが、味はマックに負けていないという。
 
だから、朝から夕方までお客さんがいっぱい。
 
フィリピン国内の胃袋を支える、「ジョリー・ビー」である。
 
海外にも進出しているそうだから、今度チャンスがあったら試してみたいと思う。

開く コメント(0)

豊川市内で10月、B級グルメのランプリ、「B1」が行われる。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何故、豊川?と思うのだが、まあ、決まっているものは仕方が無い。
 
最近豊川の街を出歩くと、至る所でかようなポスターを見つける。
 
実は、先週のイベントで、このポスターが少し変化した。
 
キツネのお面が、モう少しはずれ、女性の顔が少し見えてきた。
 
きっと連続的なビジュアルで、継続的な興味をひきただそうとしているのであろう。
 
Barbaraも、興味はあったので、ボランティアに応募でもしようかと思っていたが、既に締め切られていた。
 
当日は、40万とも言われる人達が豊川を訪問するという・・・。
 
この時期に豊川にいるべきかどうか、思案のしどころである。

開く コメント(0)

森永 れん乳氷

最近Barbaraがハマっているアイスである。
 
ガリガリくんでもない、あずきバーでもない、森永の「れん乳氷」である。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いわゆる氷系アイスの王道を行く。
 
歴史ある味を元に企画された製品だ。
 
このミルク度といったら、もう甘くて、甘くて、何度食べても食べ飽きない。
 
先日、隣でこのアイスをパクつく友人から一口もらって開眼したのだ。
 
このパッケージは相当古い、かつてイチゴとかにかけて食べたれん乳の缶詰やチューブを思い出す。
 
デザインの中心にいる「子牛」(?)は、相当レトロなデザインだ。
 
でも、うまいマーケティングではないか、この牛を見て、家人に隠れてミルクを舐めた記憶を思い出して、思わずコンビニのレジに持って行ってしまうご年配の方は多いのではないか・・・?
 
とか、難しい事を言ってないで、是非ご賞味いただきたい。
 
味は、我々の舌に残る、あのれん乳の味である。
 
ところで、れん乳とは?
 
 

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事