Barbara's SUNDAY PAPERS

バーバラさんの日曜版。音楽を愛する51歳オヤジのブログです。趣味や毎日の生活について語っています。

BUSINESS

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

トレーニング

アメリカは、東海岸にいる。

数週間前にパートナーシップを締結した会社にお邪魔して製品のトレーニングを行っている。

今回からは新しいメンバーも加わり、より密度の濃いトレーニングを実施。
イメージ 1













少しずつだけど・・・大手にも負けない仕事ができるようになってきた。

内容もそうだし、英語のコミュニケーションもそうだし、与える情報も随分立派になってきた。

これも皆スタッフの努力の賜物・・・感謝しなければ。

アメリカでの挑戦が始まって今年で11年目。

いよいよ大きなチャンスが訪れようとしている。

このチャンスをモノにしなければ、永遠にここでは勝てない。

老体に鞭打ち、あと少し頑張らねば。

開く コメント(1)

展示会

アメリカでの展示会が始まった。
イメージ 1















混乱を極めた準備であったが、なんとか、前日にはおさまった・・・。
イメージ 2















もう11回も参加していることになる、自分でもよくやったと思う。

アメリカ国内はもとより、海外の代理店も大勢集まるブースになるので、やはり手は一切抜けない。

毎年胃がキリキリと痛み、展示会を過ぎると5歳位老けるような気がする。

まあ、その結果、大きなミスもなく、存在感のあるブースができたと思うのだが。
イメージ 3















サポートしてくれたスタッフや取引先には感謝したい。

ちなみに、のれんも傘も貸出依頼が来た・・・外国人にはやはり新鮮に見えるらしい。
イメージ 4


開く コメント(1)

ただ今準備中

展示会場の設営が始まった。

初日は、いつもの事だが、大量の製品と箱、コンテナが送られてきて混乱を極める。

特殊な製品カテゴリーであり、少しヒネったブース・デザイン、しかも海外ということもあって、結局自分達でやるしかないのだ。

これがタイヘン。

製品が届かなかったり、モノが壊れていたり、勝手に施工されてしまったり、ここはアメリカ、仕方がないので、常に施工中は監視の目を光らせている。

準備中は、御覧のように、空になった梱包箱で埋め尽くされる。

イメージ 1















そん中、スタッフの頑張りもあって、初日は何とか80%位まで設置は漕ぎ着けた。

いまだ展示用のトラクターが届かないのが心配だが・・・。

明日半日でどれだけ追い込めるか、勝負である。

開く コメント(1)

Dinner

UKの最終日は、イタリアン・レストランで打ち上げ。

UKでの食事は、あまりいい思い出が無いけど、でも、このイタリアン・レストランは毎年通い続けていて、どの料理が美味しいか知っているの安心。

この日は、ディーラーの方も招いての食事会。

とても賑々しく行われた。

イメージ 1















で、最後に、恒例のグラッパのイッキ飲み。

グラッパとは、イタリアのリキュールで、30〜60度位のアルコール度を持つ。

毎年、これを酌み交わして、お互いのシンボクを高めるのだ。

でも、毎年、グラスは1杯だけなのに、今回はテーブルの上に説明(?)を記すパーパーが敷かれ、3杯も出てきた。
イメージ 2















どうやらこれがこのレストランの流儀らしい。

で、皆で、イッキに3杯飲んだ。

喉が「火傷したか!?」と思うくらい熱かったけど、まあ、何とか飲み干せたのだ。

寒いUK中部の町のグラッパ、忘れられない思い出になりそうだ、ただし、部屋に戻って爆睡して、やっぱりほとんど覚えていない・・・。

開く コメント(1)

メルボルンの夜

台北から戻った翌日にメルボルンに移動してきた。

まだまだ暑い台湾から、まだ寒いオーストラリアとは衣類も違う。

だから持っていくスーツ類も違うので、荷物の入れ替えはさして困らず。

でも、放っておいた冬物を引っ張り出して、洗濯したりアイロンがけしたりで、バタバタの出発だった。

メルボルン到着後は、一連の会議をこなし、夜は、当地でのパートナーの設立式典に参加。

地元の美術館を借り切り、300名参加の盛大な夕食会に参加した。

イメージ 1





















規模もロケーションも桁違い。

いろいろな意味で勉強になった。

ここまでたどり着くには、時間がまだ十数年掛かろう、少なくともBarbaraの現役のうちは無理。

今は、部下たちに何を残してあげることができるか・・・その為にもいろいろと仕事を仕上げていかなければならない・・・。

開く コメント(1)

全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事