*Tell me the name of the bird.*

訪問ありがとうございます。返コメ遅れます。ゴメンナサイ..

全体表示

[ リスト ]

映画**告白**

 
 
イメージ 1
 
娘を殺された女教師の、命の授業がはじまる
 
 
女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の告白をし、ある方法にてその二人の生徒に復讐する。そして4月、クラスはそのまま2年生に進級。犯人のひとりAはクラスのイジメの標的になっていた。そして、もうひとりの犯人Bは登校拒否し、自宅に引きこもっていた…。
2009年の本屋大賞を受賞した湊かなえの同名小説を、『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が映画化。娘を殺されたシングルマザーの教師を、松たか子が鮮烈に演じている。中島監督は、これまでのポップな演出とは打って変わったリアリティあふれる映像を見せる。一見無邪気に見える13歳の中学生たち。彼らの中に潜む残酷な心の闇が巻き起こした事件が、女教師の告白をきっかけに拡散していく様子は、観る者の心を波立たせずにはおかないだろう。娘を殺された母を演じた松たか子、犯人Bの母を演じた木村佳乃、二人の母親を演じた女優たちも会心の演技。子どもと母親の関係性、現代の子どもたちの生き辛さを、痛いほどに生々しく描き出した問題作だ。
 
 
 
 
(以上 ネット抜粋)
 
 
 オフィシャルサイト
 
 
 
 
 
これずっと見たかったんですよね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
 
昨日見てきました
忘れないうちに記事にします
 
先入観なしで見たくって原作本を我慢
いずれそちらも読んでみたいと思います
 
いやあ・・・・衝撃的な映画でした
R15指定
そうでしょう
 
 
ネタばれは駄目なのであまりかけないけれど・・・
前評判どおり俳優がやはり凄かったですね〜
松たか子と木村佳乃
中学生を演じた子どもたちもまさに鬼気迫る演技でしたが・・
 
特に木村佳乃・・・
 
この人の演技を見るためにもう一度見に行ってもいいくらい・・・うまい
モンスターペアレントをやらせたら右に出るものがいないのでは・・・
 
 
映画はまず松たか子演じる女教師の告白から始まります
 
自分の子どもをクラスの生徒に殺されたことから始まる教師の復讐劇
 
なんとも・・・それがまた凄いんです
頭のいい人ってこんなこと思いつくんだ・・・
よく計算されていて怖い・・・(´Д`|||)
 
この女教師はそれぞれの生徒の闇の部分を・・・よく見ている
すばらしい観察眼
こんな人が普通に先生を続けているのなら・・・
いい学校じゃないか( ̄ヘ ̄;)
 
原作者が怖い・・・湊かなえ・・
 
こんな復讐劇をこと考え付くなんて・・・
子どもの世界の残酷さと合わさって・・・・
それが【恐怖】に私の目には映りました
 
特に【母親】という立場・・・私はそこに感情移入して見てしまいましたよ
 
犯人の母親
 
それぞれがまったく自分のことしか考えておらず
子どもをただ自分の【作品】ととらえ、それがうまくいかなければ
ぽんと捨ててしまう
あるいは消してしまおうと考える・・
そんな自分本位の考えがこのモンスターたちを作り上げてしまった
犯人Aと犯人Bの母親
 
責任重大ですね・・・親って・・
 
その子の一生の人格を簡単に作り上げてしまうのだから・・・
 
この女教師は自分の娘の復讐を通してほんとの命の大切さを、
大切な命の大切さを
犯人の生徒に教えたんだと思います
 
 
 
テレビの予告編でもあった最後の爆発
 
私は実は女教師はしなかったんじゃないかと思う・・・
ただの爽快な復讐劇ならつまらない映画だと思う
 
今まで育ってこなかった、少年の心の中に
「大切な命の大切なこと」
これを爆発的に理解した、させた。
そんな【表現】だったのではないかな?と思っています
この監督が松たか子を女教師役選んだのは
強い母であり強い人間であり凛とした
信念ある教育者を演じることが出来る女性と
思ったから・・・なのかな?
 
 
「なーんってね」で女教師の最後の言葉
 
 
この言葉にちょっとすくわれた
 
 

閉じる コメント(39)

顔アイコン

ちえちゃん
私は映画だけだけど・・・強烈な描写だったよ〜
ちえちゃんがすきそうな映画とは違う感じがする・・・・
ひたすら
「ほーーーーーなるほどーーーーふむふむ」と集中しすぎてあっという間に終わってしまった
感動とかはあまり・・・
ひたすら【すごい!】と思った

2010/6/11(金) 午前 9:20 Bird bath 返信する

顔アイコン

もっさん
ほんと傑作です
色々考えさせられて・・・・強烈でした^^
もう1回見たいかも・・・・

2010/6/11(金) 午前 9:21 Bird bath 返信する

顔アイコン

ルンタさん
ただの復讐劇じゃない・・・・映像も美しくて・・・・見入ってしまったし、俳優の演技も・・・・感心しました
鬼気迫る・・・ぜったい賞をとると思いました

2010/6/11(金) 午前 9:23 Bird bath 返信する

顔アイコン

フェスタさん
ぽちありがとうございます(^ー^* )フフ♪

そうですね主演女優賞、助演女優賞いけそう・・・・^^

2010/6/11(金) 午前 9:25 Bird bath 返信する

う〜〜ん 観に行きたくなるような解説〜♪
そのうちオファーが来るかもよ〜!
ぽちん☆

2010/6/11(金) 午前 10:40 キャラメルママ 返信する

顔アイコン

こう…おなかの辺りが重くなる…、なかなか書けないお話だと思いました。 映像で見るとまた強烈に残りそうですね…。

2010/6/11(金) 午後 0:03 yoshi 返信する

顔アイコン

ママさん
ポチンありがとうございます^^
オファーが??おお〜〜〜
犯人A役で??
ハリウッドから??

2010/6/11(金) 午後 0:09 Bird bath 返信する

顔アイコン

Yoshiさんは原作の本読んでいるかと思った
色々考えさせられる深い作品だと思いました^^

2010/6/11(金) 午後 0:10 Bird bath 返信する

解説ありがとう〜〜
興味あり!です
このての内容〜どっしり重く残る〜教育、親、命...

時々、「ハガネの女」を見て子供たちの残酷さと素直さが
背中合わせにあり 複雑化しているんだ〜現代っ子は...
モンスターペアレンツ....現実??
と昔のママには強烈な刺激〜〜〜 この映画もそのタイプかな?

2010/6/11(金) 午後 8:50 non*ana**17461 返信する

本も映画も見たくなりました。AとBの子どもどうなる〜興味深々です〜

2010/6/11(金) 午後 11:47 あ こ 返信する

木村佳乃・・・彼女もよかったね〜。あんな役が似合うお母さん年齢になっちゃったのね〜。ビックリ。。
これは重かったけど、映像がきれいで救われたよ。。
でもほんとに救いようがなくて・・・堕ちた。。。
トラバありがとう、トラバ返し〜。

2010/6/12(土) 午前 0:33 nami 返信する

顔アイコン

これ、観たいと思っていました!松たか子と木村佳乃は楽しみです。

2010/6/12(土) 午前 11:12 さゆり 返信する

顔アイコン

考えさせられますね〜
現代社会に投げかけてますね…
私も映画観たくなりました。
モンスターペアレントなんていつの時代にも存在したと思いますが…
このご時勢…一昔前とは違ってますね〜
ホントは一握りの人達だとは思いますが…

最後の言葉響きます。
強い母…強い人間…信念ある教育者…
素晴らしいです!!
私もしんどい時…「母は強し」と自分に念じてたかも^^;

2010/6/12(土) 午後 1:27 [ paopao ] 返信する

微妙な感情を中島監督が上手い演出で映像として表現していたという印象が強かったです。
松さん演じる森口悠子、ハマリ過ぎていて怖かったですね。
原作を読んでいなかったので、あのようなカタチでの復讐をしてくるとは、想像も付かなかったです。そんなサプライズ的要素も含まれている点も評価できると思います。
人間という生物の弱さを真正面から描いていた作品だったと思いました。

2010/6/12(土) 午後 10:12 ken 返信する

顔アイコン

nonhanaさん
ありがとうございます(^ー^* )
この映画・・・予告編から興味ありますよね
はがねの女・・・私も2回ほど見ました
子どもの世界って・・・ビックリするようなこと頻繁にあるのですもの・・・
これも・・・・色々考えさせられます

私・・・考えさせられる映画が好きなのかも知れません・・・・^^

2010/6/12(土) 午後 10:29 Bird bath 返信する

顔アイコン

あこさん
お時間あるときに・・・^^
私は「こうあって欲しい」という感想になってしまいましたが・・・色々そういう考えにいたる理由があるのです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

2010/6/12(土) 午後 10:31 Bird bath 返信する

顔アイコン

なみぺーさん
トラバありがとうね〜〜(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
いろんなとらえ方があって・・・・みんな色々議論できる・・・映像や見せ方も面白いけど・・・
監督・・・色んなお話が表現できてすばらしい
・・・お笑い出身のあの監督とはまったく違いますね〜〜〜www

2010/6/12(土) 午後 10:34 Bird bath 返信する

顔アイコン

さゆりさん
是非・・・^^
でも重い・・・感じにとらえてしまったらゴメンナサイ゚(PД`q*)゚。

2010/6/12(土) 午後 10:35 Bird bath 返信する

顔アイコン

paopaoさん

親の考え方ひとつでこうも子どもの人格をゆがめるのか・・・
ほんと・・・親である立場の人間は目を背けたくなるような・・・そんな話だけど・・・
それでも【どうにかしたい】【どうにかしてあげたい】と思ってくれる人が一人でも周りにいれば・・・
生きていけるのかな・・・・・・
強いと弱いって紙一重だから・・・・

2010/6/12(土) 午後 10:40 Bird bath 返信する

顔アイコン

Kenさん
訪問ありがとうございます(^ー^* )フフ♪
あの監督の見せ方・・・救いがあるようで・・・かえって怖かった・・・・面白い見せ方だと思いました^^
松たか子・・・ほんとはまり役でした^^

2010/6/12(土) 午後 10:43 Bird bath 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事