キン肉マン DVD鑑賞日記

現在、仕事多忙のため更新停止中・・・再開は4/6の予定です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

クリックすると拡大表示 北海道が上昇を始めた理由を謎の老人・セメントスが語り始めた。「すべてはタッグトロフィーの導きによるものじゃ。」委員長の号令により試合は一時中断され、セメントス長老より今回の現象に関する説明がなされることとなった。「そもそもこの北海道・摩周湖こそ、すべての超人格闘技発祥の地なのである!」
クリックすると拡大表示 「この世に超人達が現れたのは数億年前、日本列島がアフリカ大陸とくっついていた頃だ。若き超人達がこの地で切磋琢磨していたその時、宇宙から絶世の美女がタッグトロフィーを手にして現れた!『これは宇宙に散らばる精を集めて作られたトロフィー・・・正しき心と真の友情を持つ者だけが手にすることができる。正しき者が勝利者となった時、このトロフィーが宇宙の聖なる地へと導いてくれるであろう・・・』するとそこにピラミッドリングが現れ、若き超人達はトロフィーを求め戦いを始めたのだ。」
クリックすると拡大表示 そんな過去の出来事を語るセメントス長老に対し、グレートは疑問を投げかける。「あなたは以前からネプチューマンを知っているようだが・・・あなたは一体何者なのだ!?」しかしセメントス長老はそれ以上語らず、観客席へと姿を消した。そんな中、試合再開のゴングが打ち鳴らされた!アイアンスエットから開放された2000万パワーズは、得意のツープラトン・ロングホーントレインでヘルミッショネルズに襲い掛かった!
 今回はピラミッドリングに関する謎のお話でした。
まあ、アニメオリジナルの説明に終始した一話ですね。
簡単に言ってしまえば「その昔、タッグトーナメントが行われた発祥の地が、このピラミッドリングだった。」と一行で終わってしまうような内容ですね;
 しかしながら、細かい所で突っ込みどころ満載でした。
それを長々書く気も起きないほどヒドい有様でしたので、箇条書きでまとめてみると以下のような感じです。
・昔、日本はアフリカ大陸の一部だった。
・超人発祥の地は、北海道の摩周湖だった。
・タッグトロフィーは「聖なる地」へ超人を導いてくれる力を持っている。
・北海道全体が宇宙へ飛び出したが、トロフィーが北海道全体を不思議な力で覆っているので、空気とかは大丈夫。
・「聖なる地」に正しき心を持った超人が辿り着いた時、北海道も元に戻る。
果たして、全体の話の辻褄を合わせた上でシナリオが書かれているかも謎であるような惨状です(ToT)
ちなみに大事な部分については何一つ解明されておりません。例えば・・・
・なぜトーナメントマウンテンから、この地にワープしてきたのか?
・トロフィーを持ってきた「絶世の美女」とは?
・そもそも、なぜ北海道全体が飛び上がる必要があったのか?
・セメントスとネプチューンマンとの関係は?
・そもそもセメントス・・・あんた何者?
「これらのうち全てが解明する可能性も極めて少ないだろうな」という印象を受けました;
まさに行き当たりバッタリ感満載で、見ていて痛々しいですよ・・・

 そんなこんなで色々と回り道を強いられてきましたが、次回より、やっと通常の試合展開に戻る模様です。
復活した2000万パワーズに対し、ヘルミッショネルズが取った秘策とは・・・
それではまた明日!
 
 
【今日の名セリフ】
 セメントス長老・・・あなたは一体何者なのだ!?
 

                                    原作を確認したい方は・・・キン肉マンMuseumへ!
 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

クリックすると拡大表示 キン肉マンの勧告を無視し、再びヘルミッショネルズに襲い掛かる2000万パワーズ!ヘルミッショネルズはマグネットパワーを放出し応戦するが、なぜか全てかわされてしまう・・・2000万パワーズは、ヘルミッショネルズのマグネットパワーが体の前方からしか放出されていないことを見破っていたのだ!しかし、不敵に笑うネプチューンマン・・・「お前達は、磁気のある特徴に気付いていない・・・」
クリックすると拡大表示 ヘルミッショネルズはリングを囲む鉄条網を掴み、マグネットパワーを放出した。するとパワーは鉄条網を伝わり、2000万パワーズの背後から襲い掛かってきた!鉄条網の餌食となってしまう2000万パワーズ・・・その様子を見たキン肉マンは、再度試合放棄を勧告してきた。そして「お前達が試合放棄をしてくれれば・・・我々マッスルブラザーズは決勝進出の権利を放棄する!」グレートも迷うことなく同意する。マッスルブラザーズの熱い友情に涙を流す2000万パワーズ・・・
クリックすると拡大表示 ネプチューンマンは2000万パワーズの友情が戻りきる前に決着をつけようと、モンゴルマンに掟破りのロビンスペシャルを仕掛けてきた!しかしその時、モンゴルマンのアイアンスエットが崩れ、技が外れてしまった!なすすべなくリング上に落下してしまうネプチューンマン・・・するとその時、持っていた呪いの箱が転げ落ち、中の人形が姿を現した!人形達は友情の回復を指し示すかのように、ガッチリと腕組みをしていた。しかしその時、会場全体を襲う大きな揺れが・・・なんと北海道全体が浮かび上がり、上空へと上昇を始めたのだ!
イメージ 4 今回はアイアンスエット崩壊のお話でした。
今回も前回同様あまり話が進みませんでしたね;
このところ、私の仕事の方も忙しくてなかなか鑑賞できない状態だというのに、話の展開までこの調子でやられてしまうと、正直キツいものがありますよ(;^^)
 マグネットパワー登場以来、ネプチューンマン特有の純粋な強さが影を潜めつつありましたが、今回に入ってそれが加速した感がありますね。
敵を捕らえるためにマグネットパワー発動とか、鉄条網を利用して相手を捕らえるとか、だんだんギミックに頼ることが多くなり、ファンとしては悲しい限りです(ToT)
挙句の果てには、久々に繰り出した「掟破りのロビンスペシャル」も失敗していますし・・・というか、自分の技で勝負してください(苦笑)
 そんな中、ついに友情が回復し、アイアンスエットの呪縛が解き放たれました!
このシーンで一番印象的だったのは、人形達が肩を組むシーンですね^^
ウォーズマンとモンゴルマンが仲良く隣り合って肩を組んでいたり、リキシマンが中央寄りなのにブロッケンJr.が一番端だったり・・・と、微笑ましい光景が目白押しでしたよ(笑)
 そして、タイトルの通り、とんでもないことが起こりましたよ!
「北海道空中に飛び出す!」
北海道生まれの私としては、気が気でなりません(笑)
これは今後の展開にますます目が離せなくなってきましたよ!・・・悪い意味で;

 次回、ベールに包まれていたピラミッドリングの秘密が明らかとなります。
はたしてその秘密とは・・・それではまた明日!
 
 
【今日の名セリフ】
 お前達が試合放棄を
 我々マッスルブラザーズは決勝進出の権利を放棄する!
 

                                    原作を確認したい方は・・・キン肉マンMuseumへ!
 
先日、大変お世話になっているごんこさんのブログ
キン肉ニク肉ニク肉2×9=18において、
『ブログ1周年記念プレゼントクイズ』というのファン限定企画が行われました。

今回出展された賞品の中で最大の目玉は浪曼堂「ウォーズマンEX」!
限定500個のSPカラーVer.をポンとプレゼントしてくれるという太っ腹企画に
競合覚悟で挑んだ結果・・・見事当選致しました!

実はこの賞品、以前マッスルバスターさんのHPで拝見して、
その出来の素晴らしさに羨望の眼差しを向けていたものなんですよ。
それだけに今回の当選は、喜びもひとしおでした^^
イメージ 1

この「ウォーズマンEX」一番の魅力は、
正義超人vs悪魔騎士の際に登場した
『ウォーズマンの顔に正義超人の顔が次々現れる』シーンが
再現できることです!
イメージ 2

他にも付属品が色々用意されていて、
血飛沫の付いたベアクローが用意されていたり
胸部を開くことができて心臓の取りはずしが可能になっていたります!
この辺の芸の細かさは浪曼堂さんならではですね^^
イメージ 3

心臓の取り外しまで出来るということは、
ドクターボンベも手に入れて手術シーンを再現することも可能ですね!
・・・うっ、これまた集めたくなってきた;

これまで無限地獄に陥るのを防ぐため、
購入をガマンしてきたものがいっぱいあるんですが、
HHI工房さんのプレゼントクイズ当選がきっかけで超造形魂に手を出し、
OLAP_SPECIALさんのプレゼントクイズ当選がきっかけで超像革命に手を出し、
そして今回・・・あ〜、また誘惑に負けてしまいそうです(笑)


ごんこさん、
この度は素晴らしい企画&豪華な賞品を提供していただき誠にありがとうございました!
皆様も、キン肉マンに関する色々な雑談や奥様の楽しいイラストクイズなど
様々な面白企画を堪能できるごんこさんのブログ、
キン肉ニク肉ニク肉2×9=18に是非一度ご訪問下さい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

クリックすると拡大表示 トーナメントマウンテンが崩壊し、会場の超人・観客は一斉にどこかへ吹き飛ばされてしまった・・・一方その頃、北海道・摩周湖に巨大なピラミッドが出現していた。そのピラミッドは形を変え、巨大なピラミッドリングと化した!そして超人や観客達もこのピラミッドにワープしてしまった・・・
クリックすると拡大表示 ピラミッドの頂上部にはトーナメントマウンテンの頂上に突き刺さっていたトロフィーが輝いていた・・・ネプチューンマンは「お前達が生きているのも、あのトロフィーのおかげであろう・・・」と意味深な発言。するとその時、突然何者かがピラミッドリングに姿を現した!「セメントス・・・!」ネプチューンマンは驚きの表情を見せる。セメントスと呼ばれる老人もまた、ネプチューンマンに意味深な発言を返してきた。「やはりこのピラミッドリングに帰ってきたな・・・」
クリックすると拡大表示 ゴングが打ち鳴らされ、中断されていた試合が再開された!しかし磁気嵐ドライバーを受けた2000万パワーズはリングにめり込んだまま・・・ヘルミッショネルズはマグネットパワーでいとも簡単に二人を引き上げると「磁気スープレックス!」今度は金網に突き刺してしまった!アイアンスエットで身動きが取れない2000万パワーズに対し、キン肉マンは命の危険を察知して試合放棄を勧告する。しかし友情パワーの戻っていない2000万パワーズはその勧告を無視し、再びヘルミッショネルズに襲い掛かった!
イメージ 4 今回はピラミッドリング出現のお話でした。
今回の内容は、アニメオリジナルの要素が色濃く反映される第二部の序章という感じで、そのほとんどが新設定の説明に費やされたおかげで、話のほうはほとんど進みませんでしたよ;
アニメ製作班のスタッフも入れ替わりがあった模様で、絵のタッチの違いが随所に見られ、見慣れるまで時間がかかりそうです。
 さて、そのアニメオリジナル要素・第一弾は「ピラミッドリング」です!
ピラミッドリングといえば、「マキマキ〜!」でお馴染みのミスターカーメンが使用していたリングですが、今回はそれを遥かに上回る巨大な要塞といった様相を呈していました。
以前のピラミッドリング出現場所も北海道でしたが、今回も北海道・・・ゆで先生の中ではピラミッド=北海道という図式が成り立っているのでしょうか(笑)
しかしながら、このピラミッドリングがなぜ現れたのか、そして会場の人々がどうしてここにワープしてきたのか・・・そこらへんの謎はすべてわからずじまいでした;
これは今後の展開を待たざるを得ませんね。
 そして、第二弾は「謎の男・セメントス長老」です!
再放送を含め、この辺りは何度も観た記憶があるんですが、正直なところ彼については名前ぐらいしか記憶にないんですよね;
ネプチューンマンとは顔見知りのようですし、お互いにピラミッドリングやトロフィーに関する秘密を知っているようで、まったくもって謎だらけです。
これまた今後の展開を見守っていくしかなさそうですね。
 というわけで、話の展開としてはまったくと言っていいほど進まなかったため、今回は原作との比較はお休みです^^;
代わりといってはなんですが、アニメオリジナルの余波で現れた貴重なシーンを一つ紹介しておきます。
それが右図のシーンです。
なんとネプチューンマンが与作さんに話しかけてますよ!
「与作、試合再開のゴングを鳴らしてくれ!」
ネプチューンマンにまで名前を知られている与作さん・・・テレビカメラの前で裸踊りをしてきた甲斐がありましたね(笑)

 次回、トーナメントマウンテン崩壊を超える衝撃な展開があなたを待ち受けます。
はたしてその展開とは・・・それではまた明日!
 
 
【今日の名セリフ】
 やはりこのピラミッドリングに帰ってきたな・・・
 

                                    原作を確認したい方は・・・キン肉マンMuseumへ!
 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

年度末ということもあり、このところは仕事のほうも大忙しで
なかなかDVDを鑑賞する時間がとれずにいる今日この頃でしたが、
その合間を縫ってゲーム製作の方も細々と続けてまいりました( ^^)>

前回も予告をしておりましたが、
今回のお題は「最終予選・宇宙マラソン」です!
このシーンで一躍脚光を浴びたのが、
アニメでは名前変更を余儀なくされた「キンターマン」であります。
しかしながら、彼のデータは原作・アニメとも極端に少ないんですよ(ToT)
そこで今回はどうしたかというと・・・
「他のサブキャラをたくさん登場させてごまかす」という作戦に出ました(笑)


【クリックすると拡大表示します】
 クリックすると拡大表示します  クリックすると拡大表示します
 クリックすると拡大表示します  クリックすると拡大表示します

今回の中で一番迷ったのは、実は解説席の絵だったりします。
超人オリンピックの解説席といえば、
私の中では「タザハマさん&吉貝アナ」のコンビという認識だったんですが、
中野さんの「超人の乱闘を止めようとしてすぐに戻ってきてしまう」というギャグが印象的だったので、
今回は中野さん&吉貝アナのアニメ版を採用しました!
ただ、個人的にタザハマさんは大好きなキャラなので、
近いうちにどこかで登場させたいと思います^^

というわけで、次回は「バトルロイヤル」を製作予定です。
この回は細かいギャグのオンパレードだったので、
どのように生かすかが難しいところですね;

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事