トップページ

すべて表示

ぶーよ君の命を救いたい!

動脈管開存症という先天性心臓奇形のぶーよ君、 1歳3か月 。 既に胸郭が変形して、心肥大がみられます。 現状、体が小さい、他の子に比べて動きが少ない、 眠りが浅くすぐに目が覚める、というぐらいしか、症状はありませんが、 手術を受けなければ長く生きられない運命にあります。 本来なら生まれてすぐに閉じるはずの胎児循環の血管が開いている(心臓エコーで0,6-0,7センチ)ために 血流が正常でありません。 全身にめぐる血流が不足している結果、心臓が大きくなったり、しています。1か月前に診察を受け、強心剤と利尿剤、肺高血圧のためのお薬を開始して 眠りが深くなった、とお母さんは喜んでいます。 「良くなったのはあくまで、 お薬が心臓を助けているだけだから、いずれお薬も効かすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

3月はやはり落ち着かない!

2017/3/30(木) 午後 6:26

更新できておらずですいません! 3月は訪問者が来てくださる時期で、日々かなりいろいろなことが起こっているのですが、なかなかパソコンに向かう時間が見つけられません。 今日は訪問者が皆、アエタ族の山奥の地域に入っているので、少しだけ心のゆとりがあります。 もう少ししたら、下の息子6歳が学校から戻ってきたりするので、そこまでの時間ですが・・ ...すべて表示すべて表示

重症が来る日か?

2017/3/23(木) 午前 1:27

今日は深夜に骨盤位の初産婦に始まり、(病院へ転送します、当然) 巡回先でも、病院出産後1週間のおそらく、産褥熱。 12人目のお産なので、病院で生んだけど、帰ってきてもお腹が変に大きい、おかしいと連絡があって行きました。 心肥大もあり、呼吸困難で熱が39,8度、ほぼ40度ーーー! ええええ? 心雑音もあるので、基礎にどこかお ...すべて表示すべて表示

先週の訪問者の活躍

2017/3/21(火) 午前 2:45

3月は訪問者が続きます。先週1週間は日赤のグループが来てくれていました。 そこにヨルダン帰りの金沢大学医学部のガッキー医師。 フィリピン滞在中に医師国家試験の発表があり 無事ドクターになられました。 滞在中は毎日、たくさんの患者の診察、ケアをしていただき、 その上看護学生の指導まで…いやいや申し訳ありませんでした。 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事