トップページ

すべて表示

一時帰国中のスケジュールです。

毎年恒例、ビザのための1時帰国で6月中旬から1か月間の一時帰国しております。 現在、携帯電話がないので、メールか事務局への電話しか、連絡ツールがありません。 メール: erikobaranabas2000@gmail.com 事務局電話:0794−60−2052 お話会が始まれば移動中、ネット環境でなくなるので、事務局へ伝言お願いします。 会報、報告書の作成が大変遅れておりますこともお詫び申し上げます。 日程は以下のようです。皆様にお目にかかれれば大変光栄です!! 6月21日、北海道大学・医学部部活国際医療研究会なまら主催      場所:北海道大学医部科友会館「フラテ」内 フラテ大ホール 一般可・参加費無料 6月22日、日赤看護大・ハイナ・現地説明 18時より 23日すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

この先に何があるのか?

2018/10/19(金) 午前 5:26

先ほど生まれた赤ちゃん、おそらくお母さんは薬物が入っている感じがします。 胎盤がカチカチで、数日前の炭酸飲料とスナック菓子の18歳のお母さんの胎盤とは違い、 彼女は明らかに、何かの化学物質が胎盤に目詰まりを起こしていました。 先ほどの方はもう組織自体が固くなっている感じ、 どちらの赤ちゃんも大きくなれずに、日数に比較して小さめの赤ちゃ ...すべて表示すべて表示

異常でも持ちこたえる

2018/10/17(水) 午前 0:12

高度な医療がない分、生命力が試されるお産しかまだ、このあたりではありません。 モニターはまだこのあたりの病院にはなく、 帝王切開になる理由は早期破水だから、とか、遷延分娩だからとか、若年だから、 究極は理由もなく 医師の勝手な見解で、帝王切開を勧められることはここでは普通です。 先週は、病院で生まれるべきお産が何件かありま ...すべて表示すべて表示

ミデルが伝えたかったこと

2018/10/12(金) 午前 10:07

このあたりの貧しい家で、親が働き者の子供は、 一人で何かできそうな年齢になると、何等かの仕事を始めます。 多くは水汲みのような力仕事。 10歳のみでる君の弟は、ドラム缶一杯の水を井戸から運んで、(天秤でバケツ2杯をおおよそ50往復) 50ペソのお小遣いをもらいます。 妹たちは小さい子供のいる家で子守り、食事の準備手伝い、洗濯、 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事