全体表示

[ リスト ]

暑くなってきました。

乾季らしくなってきました。乾季の暑さはちょっと大変です。イメージ 1
赤ちゃんたちは毎日、生まれてきています。
先日から初産の方が続きました。
イメージ 2
 
最初の初産が17歳、次の日が16歳
イメージ 3おいおいと思っているとその次の日が15歳。どんどん年齢が下がる・・。
 
そしてまた初産!もしかして14歳?
と問うと、20歳でした。ほ!!
 
ここにわざわざ、お産に来る人ですから、間違いなく貧困で日々、よく体を動かして生きている人たちです。
 
赤ちゃんの体重が3,5キロという大きな子もいました。
そしてほとんどの初産の方が会陰裂傷なしでお産になります。(介助はティナです)
 
身体を動かして生きていることは理にかなっているのだと思います。
日々の雑用に至るまで、人間にとって必要なことなんだと。
便利で体が怠ける方が、体的には退化する以外にないのかもしれないです。
イメージ 4「食生活と身体の退化〜先住民族の伝統食と近代食 その体への驚くべき影響〜」には、
食事がその民族本来の者から近代食に変化するとあごや歯並びに退化が直ぐに現れるが、伝統食に戻せば、その子たちの退化は食い止められるだけでなく、
元に戻るケースがあると紹介されています。
 
退化しちゃったで諦めるのはもったいないのだと思いますイメージ 5
 
今日は水疱瘡のかさぶたになりかけている産婦さんがお産に来ました。
他の患者が帰った後で良かった・・・。
 
赤ちゃんは一緒にお腹の中を高熱に耐えたのでしょう。羊水はかなり汚くって、心配しましたが・・・
 
体温アツアツの赤ちゃんが生まれてくると、どうなるのかと緊張しますが、数時間後に
母親の横で穏やかに眠っている姿を見ると
母親から引き離してはいけないと強く思います。
 
イメージ 6一人の赤ちゃんが、生まれてから本当に啼泣がほとんど無く、ちょっと心配です。
 
全身色はピンクで呼吸もしているので
大丈夫と思いたいのですが、
どこか頭の隅っこで、先天性脳性まひ??の病名がかすめます。
 
この子の両親がまた15歳、18歳というカップルだから・・・。
 
何か異常があった場合に、子供を捨てて、人生をリセットなんてこともする可能性があるので・・・。これは彼らだけの問題でなく、成育歴。周囲がそうやって自分たちの幸せを優先する様子を見ている子たちなので・・・。
 
心配が気のせいであってほしいです。
イメージ 7
 
どの子も元気でうれしい限りです。
母乳の大切さを理解し、上手く母乳で育ててほしいです。
 
テレビの宣伝は確実に人々に
ミルクは良いものを植え込んでいます。
 
母乳を少しでも嫌がると、直ぐにミルクになっていきます。
今日もすごいアトピーの子が来て(2か月児)既にミルクになっていて・・・。
 
母乳ならまだ逃げ道が作れる可能性がありますが(食事改善という)
ミルクは一切なし。
 
自然から外れないほうが、人はうまくいくようにできています。
イメージ 8
 
テレビなどの企業の宣伝媒体がなかった時代は良かったのだなと。
テレビがあり、ネットがあり、いろいろな情報はある程度入り安くなったけど、情報の良し悪しを判断できない状態で、情報だけが入ると
完全に企業に飲まれますね。
 
貧困はそういう意味でも、企業にとって優秀な消費者であり続けるのだと感じますイメージ 9
 
自然であるか?そうでないか?
 
それが本当に必要か、どうかのとっても簡単な判断基準。
 
ここの人に説明しても、高いものはいいものテレビは真実を言っているという刷り込みが完成しているので、
「神様が作ったものか?
そうじゃないか、
テレビは神様か?」というと大抵は、ハッと思うようです。
 
流れに任せずに生きるのは難しいです。
 
ご支援に感謝しております!!
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事