全体表示

[ リスト ]

内反足のエージェー君

2歳になる内反足のえーじぇー君を作業療法士のイットやカナに、
先日は、治療家の中山先生、岩本先生に診ていただき、ウッディーチキンの皆さんにもあっていただきました。
イメージ 1
壁も十分にない、あばら家がエージェー君の家。母親はまだ18歳。弟は口唇口蓋裂で生まれてきました。
2人続けて外表奇形があり、若い母親は見なかったことにするかのように
エージェー君の世話はほとんどしていません。

おばあちゃんが面倒の殆どを見ています。

内反足で足の裏が内側に向いてしまっています。
でもエージェー君歩きます。足の側面を地面につけて…だから不安定で数歩で転びそうになります。

子供の足は柔軟性が高いので、本来は生まれたときに、
ギブスで固定してやれば、改善できた可能性のある奇形です。


イメージ 2エージェー君のお父さんが同じ奇形でした。病院で生まれてすぐにギブス固定されて、今は普通に歩けています。
エージェー君も病院で生まれました。
でも、お金がないから何もしてもらえませんでした。

お金がなかったからか、母親が心配を十分にしなかったのか、病院が親身にアドバイスしなかったのか、
理由はたくさん考えられますが、
今、エージェー君の足は、手術して足の関節を歩ける状態に固定してやらなければ
生涯、普通に歩けないでしょう。

手を尽くせば防げる障害なんです。
普通に歩けないが故、母親に愛されていない・・・
歩ければ、多分もっと大切にされる子です。
イメージ 3


先日、たくさんのウッディーチキンのメンバーの方々がエージェー君の家を訪問してくださいました。
彼らだけの暮らしでは、あり得ないことです。

言葉でなく、母親や祖母は
自分たちだけでなく、知らない日本人がたくさん、エージェー君の心配をしてくれていることに
思うところがあった様子。

イメージ 5











イメージ 4母親がエージェー君を抱っこする回数が増えました。
祖母は整形外科医のところに一緒にエージェー君を連れて行きました。←診察を受けるエージェー君。

関りが現場を変えていく…要らない子だったエージェー君が
エージェー君がいるから、誰かが自分たちにも関心を持ってくれる、
エージェー君が彼らにとって大切な子へ・・・と変わりつつあります。

エージェー君が普通に歩けるように、
手術費(アキレス腱の延長術)、その後のギブスや装具費など
支援を募りたいと思っています。とりあえずは手術費として医師から提示された50万円が目標です。

できるだけ早くに手術できれば、成長しつつある関節により回復の希望があります。
ご支援いただければ幸いです!

また彼への施術、アドバイスもよろしくお願いします!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事