全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
支援者様で、毎年ご訪問くださるWE21青葉・あざみ野のTさん、Iさんが来てくださいました。
イメージ 2もう何年にもわたって来てくださっている方々なので、
話が早いし、皆も再会を喜びました。

来られた晩に丁度酔いうタイミングで、初産の方のお産にあたり
生まれた赤ちゃんの産着を着せていただく・・・
慣れた手つき、さすがです!
到着早々、働いて頂いている・・・すみません!

翌日は、ガリ下痢君のパオとティノ、
みでる君のところに、
ミデル君の初期の様子も知っておられるので、
イメージ 3




イメージ 1動きがさらにスムースになっていること
絵がうまくなっている様子などなど、を声かけていただき
みでる君には大きな励みになりました!

建築途中のみでる君の家の様子、
絵を描いている様子・最近の絵などなど、
ミデル君的に良い出来?かどうか分からなかったサルの絵を
評価してもらったのは、
うれしかったようです。オリジナルである大切さや
カッコよく描けなくても、情熱?なんだねーみたいな所が
腑に落ちたようです。
イメージ 4
手術支援していただいたパブパブのところ、も
手術前で酸素濃度も低く
手術までたどり着けるのだろうか…?という時に
あって頂いていたので、血色がよくなり
別人のように元気で、お話しするパブパブに
Tさん、とても安堵して下さいました。

パブは支援物資の水筒や衣類をもらい、
溶けてしまっていた飴を嬉しそうに手ではがして食べる・・。



イメージ 6
イメージ 5

さらに山に入り、マクマック君を探し、

するとその日は、お父さんの仕事(ゲリラがいる地域なので、高台に作られた見晴台での警備に
一家で移動していました、日替わりで地域の仕事のようです)

素晴らしい景色に
こんな場所があったのか!!
でした。
日本からの支援物資で届いた高級靴!とたくさんの車のおもちゃが入ったトーマスの缶バッグ。
イメージ 7酸素濃度がこの日は70%。あまり激しく動けないマクマック君、
静かに小さなおもちゃで遊ぶことが大好きです。

他にも、カワグのサンマルティンに
幼稚園を作るために募金していただいたので
建築途中の幼稚園も視察に行っていただきました。

そのタイミングで、重症者がいたりすることも
本当に良いタイミングで訪問できてよかった・・・。


イメージ 8

ロウエル君のところ…へは、サポーターのめぐさんからのプレゼントを届けに

何年越しで子供にあって頂くと
「ひやーーー大きくなったねーー!」

子供はやはりうれしいですよね。
プレゼント貰い照れているロウエル君です。
小学校で口読術を教えてもらい、随分会話が出てきています。

Tさんと同じ早産の未熟児だった、ロウエル君の従妹
イメージ 9
体重1,5キロで
本当に静かに亡くなっているんじゃないかと心配している時に
Tさんが「この子は生きるわよ、大丈夫!」と言って下さったエピソード
Tさんご自身の生きた経験だったのが、お母さんをとても安心させ
勇気つけました。

今日は泊り込みでアエタ族だけが暮らす
山奥に行っていただいています。

私は同行していないので、その報告はタマさんから・・・。

ご報告できていませんが、1月は28人の赤ちゃんでした。
日本からの支援物資がどーっと届き、
衣類、タオル類、おもちゃ、お薬としばらく潤います。

皆さまのおかげで、本当に活動ができていること感謝しております!






イメージ 1昨年の11月に初めてやってきたファロー四徴症のマクマック君、9歳の男の子です。(支援物資の衣類などと一緒に写真撮っています)

過去の記事と重複しますが、ここに経過改めて書きますね!
出来たら多くの方に読んでいただきたいので!

9か月の時に心臓奇形の診断が付き、手術を受けなければ6歳まで生きられないだろうと言われていた男の子です。
一部の心臓奇形に保険制度が導入され始めたけれど、一定の自己負担が支払えないと
政府が用意している安価な手術の順番は10年後とかでも回ってきません。
(大抵、それまでに決着がつく、つまり亡くなります)

人の噂で、パブパブ君(昨年度クリニック支援にて、同じ心臓奇形の根治術を受けた3歳児)の話を聞き
パブの家をマクマックのお母さんが訪ねたのが、支援につながりました。
イメージ 2パブパブと初めてクリニックに来た時の写真です。

お母さんは
「私にはこの子しかいないの、一緒に生きてほしい、元気になってほしい、手術を受ければ元気になれるのなら・・・
支援してもらいたいの・・・」とぎれとぎれに思いを口にします。

マクマック君のお父さんとは、お父さんが他の女性に走る形で、事実離婚。
マクマック君のお父さんが次の女性との間に、子供を作ったことで
イメージ 3お母さんは生きていくために再婚を選びました。



しかし、妊娠しても流産。

新しいお父さんにも、大切にされているマクマック君。

彼らが暮らすピナツボ山近くの集落、どこもほとんどの家がセメントでできているのに
彼の家だけ、自然素材の貧しい家、
彼の家だけ、電気を引くこともできていません。

数日前に「大きくなったら何になりたい?」と尋ねました。
貧困の暮らしはその日暮らし、
イメージ 4将来を夢見るゆとりは彼らの日々にありません。
きょとんとしているマクマック君の横で

お母さんが、「この子ペンキで絵を描きたいって言っていたわ」
町で見たペンキ屋さんの仕事に惹かれたそうです。

知らない世界を知ると、もっともっとやりたいことが増えていくんでしょうね!

今日は、「僕、手術を受けれるなら、僕も手術を受けなきゃいけない子を助けられる仕事につきたい!」

他の子供のように自由に動けることが手に入るなら、
同じ苦しい思いをしている子どもを助けたい!

偉いなーー!!

写真↑病院とそこで働いているマクマック君を描いてくれました。
でも病院の中のことが見たことないなので
注射器とかがぽつんと置いてある!かわいいーー!
イメージ 5

近所の友達も私たちが行くと集まってきて
皆で折り紙大会になりました。

マクマック君、器用に折り紙を折るんです。
それも驚き。

手裏剣や風船を1回教えるとできる子は
ここでは珍しいです。
一人、黒い皮膚色をしているのがマクマック君、
理由は心臓奇形のため全身の酸素濃度が低いから




イメージ 6

この日も、今日も経皮酸素濃度は70%前後です。

心臓エコーの結果を日本の循環器のドクターにも
小児心臓外科の先生にも、見ていただきました。

「肺高血圧にまだなっておらず、狭窄している部位も手術可能。
ラッキーという以外にないと思う。
日本ならもっと早い年齢で手術を受けとっくに元気になっているケース。
待つことは得策ではないので早く手術を」

現在手術資金は
パブパブ君からも持ち越しを入れて
合計30万円集まっています。
今年の4月から5月(もっと早いならそれに越したことはない)に
イメージ 7ファロー四徴症根治術が受けられるように
手術資金援助、募集しております。

目標120万円です。あと90万円!!

9歳で19キロのやせっぽっち君

この子の笑顔が続きますように!
走れる日がやってきますように!

ご支援いただければ幸いです!
ご質問などは
erikobaranabas2000@gmail.comまで、お願いします。




郵便振り込み
口座番号:00980−0−179028
振込先:CFP
通信欄にご住所、お名前、手術支援とご記入ください!
追って、報告書など送付させていただきます。

ご記入ができなかった場合、ATM機械で書き込めない場合
大変お手数ですが、nekko.cfp@gmail.com(事務局)か
erikobaranabas2000@gmail.com(冨田江里子)の方へご連絡いただければ、経過、報告など送付させていただきます。
一応、心臓エコーのデータです。イメージ 8
ご支援に心より感謝しております!

ミデル君の予知夢

今日は昼から、みでる君のところでした。褥瘡が治りそうな気配が出てきていたら
また圧迫を長くして(夜中あまりに気持ちよさそうにしていたので、お母さん、そのまま寝かせておいたらしい)
ピンクだった肉芽の組織が真っ黒に・・・
そしてまた大きくなってしまいしました。

大きくなって、感染症引き起こして、熱出して。
以前はこの上にイレウスを頻発して、吐く、便秘、腹痛、高熱、食事がとれない。。。で弱り切り
抗生剤の登場になっていたのですが、
今は、自力で感染と戦っている状態。
彼の体には日本のたくさんの高価で効果的なサプリがたくさん入っています。
バイオ・ノーマライザー、パイロゲン、フコダイン、そしてバクチャー、月のしずくというお水、傷はフコダイン、プロトン、バクチャーという具合に

だから、自分で膿を絞り出し、体交して、と頑張っています。
まだまだ褥瘡周囲に熱感はありますが、
弱気になるみでるでなく、自分で免疫を作っていく気がある感じが頼もしい!

カテーテルの入れ替えや褥瘡のこと、マッサージなどをしている時
ミデルの予知夢の話になりました。

ご近所に最近、けんかで拳銃で撃たれてタマが頸椎にとどまってしまったため、
麻痺になった男性がいます。
1年ぐらい前から、この男性が打たれて重体になることをミデルはたびたび
夢に見ていて、母親に話していたようです。

こわーーー!
そして私の好奇心で、他にないのって聞くと出てくる出てくる・・・
こいつはやはり只者ではない…。

彼は12歳ぐらいの時から、時々、いろいろな未来の場面を夢で見ていたらしいです。
12歳の時、は病院の風景、自分が寝たきりで入院している、これはマニラの病院でした。
事故が14歳の時、最初の病院ではなく、次に転送された病院で
「お母さん、覚えている?僕が夢を見て行った話、この病院のこのシーンだった」
ってな具合。

実は彼、いつかは本当に歩けると信じているのは
この予知夢で、歩き始める夢をみているからでした。

歩けるために、必要なのは、まずは私だったようで、私が来た時も分かったらしい。
私が次々にいろいろな先生を連れて来るのが立つためのシナリオの中に入っていたと言います。

で、立つのはいつなの?
結構長くかかるらしい
誰が立たせてくれるの?
いろいろな人が少しづつ治してくれて最終は
禿の男性
ってな具合に、

誰だ!その禿の男性って???

もう、よしにしようよーー。
ミデルの夢では、おしりの褥瘡が今後どんどん深くなるらしい・・・
いや、それは避けたいので、体交やらマッサージ頑張ります!
ご支援に感謝しております!
こんな話で今日は盛り上がりました。
先週から、フィリピンに暮らして初めて、療養?をさせていただきました。
イメージ 1バイオ・ノーマライザーの社長さんのご招待で、なんと、神霊治療を受けるチャンスをいただきました!
神霊治療ってなに?ですよね。

切開せずに、体の中から血塊やら膿やら臓器やら水やらを取り出す治療でした。
うひゃーーー!

結果、とても体が楽になりました。

ずーと治らなかった、年々体の動きが重くなってきて、老化?だよなーと感じていたこと
が、体のあちこちからくさーい凝結を取り出してもらい、とてもとても、楽になりました。
イメージ 2
治療のすべては私のレベルでは説明つかないです。


結果から、言うと不思議な力ってある、奇跡のようなことを起こせる人が実存するということです。


神様の力って本当に本当にすごいですね。

折角、治療してもらった体を大事に使っていきたいです!
感謝!感謝!!

フィリピン、本当に不思議、不思議
こういう治療が昔はもっとあちこちであったようです。

イメージ 3ティナは昔に麻酔なし、痛みなしで抜歯をしてくれる
先生がいて、その方にいとも簡単に抜歯してもらった経験があります。

呪いをかけられた人のお腹から、おがくずが大量に出てきたことを見てもいます。

インドにいらしたサイババが、やはり空間から宝石を取り出したり、腕時計や灰を出したりされていました。

今回の治療期間中も、同じようなことがありました。

おもしろい!!


イメージ 4
説明つかないのは、まだ今の科学が追い付いていないだけで
今、エビデンスが提示できないから、だめって
思うと損だと感じています。

知り合いの高齢の産婆さんも
特殊な力のある方で
癒着胎盤を用手でなく、おへその上をぐりってなぞるだけで何度も
娩出させていました。

この国、そういう能力のある方が他より多い?気がします。

こういうチャンスを与えていただき、バイオ・ノーマライザーの前田社長にはただただ感謝です。
そう、神霊治療のドクターからも
バイオ・ノーマライザーは良い物だ、と他の患者さんたちに進めておられました。
イメージ 5
それは、よくわかります。
ここでたくさんの患者さんで結果を見せてもらっていますから。
写真はまだありますが、とりあえず。
今からミデル君のところです。
後から状態またお知らせしますね。

ご支援に感謝しております!

言葉の力


言葉の力って面白いです。
最近、どう患者さんに向き合うかを改めて考えて・方向転換を試しています。

どうやってお付き合いしていけば良いのか、暗闇を探るような気持ちの癌の患者さん、
市販のものは体に良いに違いないで、病気を理解したくない人
例えば、糖尿なのに、絶対食事を換えたくないとか、
子供の食生活を顧みずに病気だけ治る薬を欲しがる人みたいな、

どう受け入れれば、聞いてもらえるのか?
望むこと(患者側は努力せずとも、治癒するですね)をかなえるために
少しでも受け入れやすい方法って???

本人が病気以外の体の部分に感謝し、病気の部分にあやまることをすると
体幹のブレが少なくなります。

不思議ですが、患者さん自身に経験してもらい、理解できなくても納得できる状態ですから
皆の表情が緩みます。

自分自身に対して優しい言葉をかけれるようになる、感謝できる、
だって、変な食べ物をたくさん食べ、負担をかけていても頑張って動いてくれているのですから・・
簡単なことですが、体にとってはとても大切なんだと思います。

私も自分の体に感謝が足りませんでした。
実は数日、クリニックを休み、治療に専念?させていただいていました。
この話はぶっ飛び話なので、次の記事に・・・

ご支援に感謝しております!!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事