過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

俗にいう手に負えない不良だったとんとん君は、首に銃弾を受け倒れた時から時間が止まっていました。
どうして、自分がこんな目に。不安、憎しみ、恐怖。
どうして?何が起こった?
動かなくなった自分の体をこれからどうしていけばいいのか?

自分で整理できないネガティブな気持ちを抱えて、家族に当たり散らす日々でした。

罵声を浴びせ、ののしっても、自分の気持ちは一向に整理できませんでした。

私がミデルのところに訪問しても、けんか腰の大きな声を聞くことがよくありました。

いつも大声でがなり立てる息子に母親は注意します。
「そんなに大きな声でいつも叫んでいたら、そのうち喉が腫れるから止めなさい」
当然、聞く耳を持ちません。

翌日から首の動脈が腫れ始めます。

首がどんどん腫れあがり・・心配がかさむ中も、トントン君のわがままは変わりませんでした。

「暑いから、氷の入っている水が欲しい」

冷たいものしか食べない息子に、心配した母親はまた注意をします。
「いい加減に、冷たいものばかりは止めなさい。冷やしすぎると、声が枯れるわよ」

「暑いんだから!母さんには動けない僕の気持ちわからないんだよ!」

翌日、トントン君は嗄声で声が出せなくなりました。

その話を聞いていた、日本の産婦人科医のN先生
「このお母さん、無意識であちらの声を言わされている方ですね」
(つまりお母さんも霊感があるという解釈でよいかと思います)

それを確認すると、確かに、子供たちが困ったとき、例えばトントンが銃撃される日はトントンに何かあると
大変な胸騒ぎだったそうです。
そして遠いところで撃たれたのですが、銃撃のパーンという音が母親には聞こえ、トントンがどこかで撃たれて危険だとすぐに分かったと言います。

動脈瘤は左首に大きく腫れあがっていて、痛みが強いと言います。
嗄声でガラガラの小さな声になってしまったトントン。

N先生はとりあえず、圧迫して冷やす…と固定されました。

首の中に埋まった銃弾はうまく取り出すことができました。
イメージ 1

トントンとの関りは
この数日で大きな進展を遂げます。
続きはまた

出会いも、何もかもが偶然でなく必然なんだなーと感じます。

ご支援ありがとうございます!

トントン君の、心に平安と希望が満ちるように・・・
お祈りいただければ幸いです。




全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事