水頭症のメイタン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

初夢と急逝

支援者の方に大変申し訳ない思いです。
現地に来て頂いても、メイタンと逢って頂くことができなくなりました。
イメージ 1
手術後、生活のためにお父さんが不規則ながらも働くようになってから、メイタンの面倒をみるのがお姉ちゃんのサリーンがメインになりました。サリーンもまだ10歳です。
 
子守役のサリーンが哺乳瓶をメイタンに含ませたまま、外遊び。いつもの繰り返しでしたが、その日はメイタン、のどに詰まったミルクを上手く吐きだせなかったようで、窒息。
病院へ運びましたが、途中で・・・天国に上がることになりました。
 
実は私の今年の初夢はメイタンでした。
自然のきれいな良い場所を私は尋ねていました。
そこにたくさんの人や子供がいました。みなにこにこと幸せそうでした。
よく見るとその中央にメイタンが乳母車の中に座っていました。
「え?メイタンじゃない?あなたがこの子の世話をしているの?」と問うと、横にいた青年がにこにこと頷きます。
 
私の心の中は「困るよ、こんなに遠い所にメイタンを勝手に引越しさせたら!支援者の人に会ってもらえないよ」と思いました。
 
でも、メイタンの様子が幸せそうで、ここではメイタンは十分に世話をしてもらえるのだなと思いました。
(いつものように私を認識すると泣きだすことが多い、メイタンがとてもニコニコでした)
それでも血縁者でもメイタンの世話は負担になっているので、本当にここで大丈夫なのか、そんな風にも考えました。がそこにいる皆がどの人もそんな負担になるような表情ではありませんでした。
 
そんな質問をする必要もないぐらい、メイタンはここが良いんだと心が納得しました。
 
メイタンの暮らしが良くなる初夢だったので、私のとっては良い初夢で、悪い夢なら、3人以上の人に聞いてもらい実現しないようにと対処するのですが、良い夢と判断しました。
イメージ 2
正月3日に、尋ねるとメイタンは少し咳をしていました。次に日にお薬やら必要なものを運びました。
が、思えばあまり世話が届いていなくって、父親がいないからミルクにむせても、背中をトントンしてもらえなかったのが積み重なったようです。
 
それでもがんばって8日までいてくれました。
レチェリンとダニエラの健診日、その時に父親からの電話が鳴りました。
彼女たちの病院とメイタンの家は2時間以上離れている場所で、間に合わず・・でした。
 
昨日は予想外の急逝に思考ができませんでした。
1日遅れになったご報告お詫び申し上げます。
 
初夢が早々に現実になりました。
今から思えば、あそこにいた子供たち、青年、いろいろな人たちは私がこの15年の間、見送った子供たちだったような気がします。
 
大丈夫だよ、ほら、みんなここで幸せだよ、
 
そんなメッセージを新年に頂いたのかもしれません。
メイタンの事を心配し、一緒に涙を流して下さった、一緒にメイタンの表情が豊かになったことを喜んでくださった皆様方、本当に申し訳ありません。そしてありがとうございました。
 
小さなメイタンが先に逝ってしまいました。わずか1歳と3か月少し足らない人生を皆様と共に在れたことを、メイタンは喜んでいたと思います。
 
ご支援に感謝しております。メイタンが、天国へ上がれますようにお祈りただければ幸いです。

開く コメント(2)

メイタンの様子

イメージ 110月1日のメイタンです。たくさんの手は日赤・ハイナのみんなの手です。
 
いつもより頭の水が抜けていて、
嬉しい状態。でも、お姉ちゃんのサリーンがこの日はいなくて、めっちゃ泣きました。
 
2日前に父さんから連絡があったので心配していたら、メイタン本人の問題より(確かに少し咳をしていました)お父さん自身が蜂窩織炎ができていて、痛くって薬が欲しかった様子。
 
父さん、あなたは動けるのだから自分でクリニックに来てください!携帯で連絡してくるな!と突っ込んで帰ってきました。
 
頭が重いなりに首が動かせるようになったよと、
少しずつでも元気で成長してくれているのはうれしい話です。
ご支援本当にありがとうございます!!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

皆さまのご支援で無事手術ができた水頭症のメイタン君。イメージ 57月のミルクを受け取りに来たときの様子。
すいません、ネット・バンキングで支援金を集めたため、支援してくださった方皆さまにお礼のカード(メイタンの両親、お姉ちゃんが手作りしたもの)がまだ私の手元にあります。報告書を一緒に送付させていただきますので、
入金したけど、返事が来ていないという方、大変お手数ですが、私の方へご住所お知らせ頂ければと思っています。
 
術後のメイタンの様子ですが、頭がい骨はやはり元のサイズのまま、
多少は狭くなったのですが、今は大泉門と小泉門がつながっているママですが、、そこに骨の形成が進んでいます。(つまり閉じようとしています)
勿論、正常でも2歳ぐらいまでかかる子もいるので、閉じるのはまだまだ先ですが・・・。
骨ですからやはりすんなりと小さくなれないのでしょう。
これ以上大きくなるのが防げて良かったと考えるべきなんでしょうね。
 
それに合わせる形で頭のてっぺんが髄液が減って窪んでいます。
お父さんがこの子は大きくなったら頭に卵を乗っけても落とさないと、喜んでいたのが本当になりそう・・・。
 
でもミルクもしっかり飲み、頭が重いのは動きにくそうですが、
他の水頭症の子供たちに比べて
本当に手術してもらえてよかったのだと思います。
 
だってもう、植物状態になる以外ない運命だったのが
感情を表現でき、言葉が少しずつ出てきて、お姉ちゃんとお父さんに甘えて、わわわとか、まあまとかおしゃべりが始まっています。
 
ミルクも持って行っているのに、私にイメージ 2はあまり笑ってくれませんが…。
 
 
 
近所の人がお産で
口唇裂の赤ちゃんでした。様子を見に行くと、外でメイタンのお姉ちゃんのサリンとジャンジャンが待っていました。
 
お父さんも仕事に出られる様になって、日雇いがあれば家の事とメイタン、ジャンジャンの世話をサリンに頼んで出かけています。
でもサリンもまだ10歳の女の子。メイタンが眠るとついつい家を空けている・・・。
家はこの間の台風ですっかり吹き飛び、大きなサントールの木も倒れていましたイメージ 3
元あった家は壁が吹き飛んだそうです。そして右横の
サントールの木は半分根っこが引きずり出される形で片向いていました。
 
メイタンがいるので、地域の人が優先的に広場の家を貸してくれたらしく、前より広い家に引っ越していました。
 
頭が重いのでまだ寝返りができないメイタンを一人置いて遊びに行っちゃうお姉ちゃんたち。
10歳ですものね、
戻ると大きな泣き声が上がっていました。
サリンを見るとさらに泣きます。
ミルクを口に入れてもらって、落ち着いたメイタン。3人で一緒に写真撮りました。
日本からの訪問者も来ていたので、その人も一緒に写真を撮りました。
兄弟たちがとっても嬉しそうです。イメージ 4
メイタン、元気です。
また様子ご報告します。
ご支援に心より感謝しております!!
 

開く コメント(0)

今日抜糸しました。

メイタン、水が減って今日は目を閉じて眠っているメイタンがいました。
メイタンは皮膚がひっぱられていたためか、寝ている時も目が閉じられませんでした。
今日、健診のために誘いに行くと、ぴったり目を閉じていました。おお!!とじれるようになったんだね!
写真撮るの忘れましたが・・・。イメージ 1
 
気になる頭の水の方は、今日はかなり引いていてやったーって感じだと思ったのですが、
とにかく病院嫌いらしく、車の途中から帰宅するまで泣くは泣くは…。とにかく泣いた、泣いた。
 
また予約入っていたにもかかわらず、医者いない・・・。
だからばっちり2時間近く待たされました。だから本当に良く泣いた結果、頭が膨らんだ気がしました。
いや、膨らんだ。泣くと圧が上がるんだなと妙なところで実感。
 
昨日は、日本にはサラクサク峠として知られているマリコ村に植林と第2次世界大戦の戦死者慰霊に来て下さった京都の杉若和尚さんと谷口和尚さんのお2人がわざわざ、WISH HOUSEの子供たちの所にも
寄って下さいました。
ついにでメイタンのところにもお見舞いに寄っていただきました。イメージ 2
 
 
乾季で暑いに出普段着のメイタンです。
(おむつ一つ)
 
今日抜糸が終わって経過順調という話でした。1か月後にもう1度CTを摂りましょうという指示でした。
 
無事の回復を多くの人が祈ってくださっているのが本当に心強いです。
 
早く笑顔になったメイタンをお知らせしたいです。
ご支援感謝しております。
 

開く コメント(2)

シャントのつまり??

えーーーそりゃないでしょう!!でも医者も時々シャントの流れが悪くなること説明していたから、
それを信じて、今は経過を見るしかないのですが、イメージ 1
 
今朝、健診の日で朝からメイタンの家に迎えに行くと
お姉ちゃんとお兄ちゃんとメイタンで仲良くしていました。
ご機嫌も良く、いい感じ¿かと思ったら、ありゃ?少し頭の大きさ戻っていません??
 
診察に行って、医者も詰まることもあるから、流れが悪くなったらこの部分とこの部分を押して流してやってね、と
シャントの先に当たる縫合部分をぎゅぎゅ。
 
そ、そう、そんなもの  ??
一体どれぐらいに頻度でシャントの流れが悪くなって、回復するのかどうかも
水頭症の手術自体初めてで、ここの現状がどんなものか分からないので、経過を祈るしかない!父さん頼むよ、上手く詰まりを流してね!!
イメージ 2
折角メイタン傷も落ち着き、ご機嫌も良くって、表情も出てきたのだから。。
 
健診から家に戻ると早速裸になるメイタン。
だってフィリピンは乾季の一番暑い時期。
 
服を脱がせてもらっても、お布団が暑い・・・、表情出てきているでしょう?。
 
とにかく、
お祈りください!順調に回復することを!!
 
ご支援感謝しております!!

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事