トップページ

すべて表示

ファロー四徴症のマクマック君の手術のご支援お願いします!

マクマック君は9歳の男の子、 先天性心臓奇形のファロー四徴症で、手術を受けなければ長くは生きられない子です。 学校までの50メートルほどの距離も、しんどくなることがあり、 お母さんにだっこしてもらって通学しています。 奇形が分かったのは生後9か月の時。 その時は、手術が受けられないなら、7歳まで生きていないだろうと言われたと言います。 でも、幸い、その運命は来ませんでした。 その代わりに、最近移り住んだ地域から、 パブパブ君(クリニックが支援を呼び掛けて同じ心臓奇形で手術が成功した4歳児)のうわさを聞き 彼と一緒にクリニックにやってきました。これが11月12日の出来事。 先日受けた心臓エコーの検査から、手術は可能。 でも当然、日々の酸素濃度が低いので、早い時すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

体を治す言葉

2019/2/12(火) 午前 4:55

水頭症があり、鎖肛で手術を受け、片目がない聾唖の乳児がクリニックに来ています。 他にも、停留睾丸で鼠経ヘルニアの2歳児、てんかんが起こる子供、 脳性まひ児、など、 医学的な経過観察が必要な子供が多数来ています。 最初は、うーん、これは手術だよなー、とかお薬がいるよと思って尋ねるのですが、 どの家も、手術や薬を買うお金がある ...すべて表示すべて表示

不安が作る病気

2019/2/10(日) 午後 5:58

先日、夕方に老女が私の家までやってきて 「2日間しゃっくりが止まらなくって、息が詰まりそうになって、このままじゃ心臓がおかしくなるって!!」 老女は叫んでいる訳なので、 しゃっくりをしているのは彼女ではないようです。 しゃっくりしているのは、40代の息子。 成人のしゃっくりなので、断ろうかと思ったのですが 老婆 ...すべて表示すべて表示

アエタ族の暮らしとWEのお2人

2019/2/8(金) 午前 4:36

WEからの訪問者の方に、2日間、山でほぼ隔離された状態で暮らしているアエタ集落に入って頂きました。 現地を仕切るのは、私の家で下宿生活をしていたマリセルさん。 中学生だった彼女も今は集落のリーダーです。 彼女自身、高校に進学した時 学校の先生の日々の公然たる差別でくじけて 山に帰ってしまいました。 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事