ここから本文です

書庫全体表示

箱根関所

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

念願の山中城跡の訪問を終え、時間は13:20。

奈良まで休憩を入れても6時間ぐらいはみておかないといけない。
帰ってから『風林火山』を見るには、遅くても14時過ぎには沼津インターあたりにいなければ・・・

しかし、成り行きで思わずも箱根までわずかのところまでやってきた。

よく考えると、次、箱根に来る機会はあるのか?
立ち止まって、さらに考えると、やはり次はない!と。

と言う訳で、一度来た道を戻ることに!

1号線を上り、箱根峠を目指す。

箱根峠からは、道は下っていく。
うねうね道を下ると、やはり紅葉見物の最後とも言える土日だから、
ハマってしまいました渋滞に。
今更引き返すこともできず。
しかし、渋滞といっても徐々に動いているので、ここは辛抱のしどころと思い、
じっと我慢。

徐々に進むこと30分あまり、やっと湖岸の箱根の町中にやってきました。

でも町中もどこもかしこも人だかり、やっぱり天下の箱根なのだと
思わずにはいられなかったのでした。

そんな感じだったので、駐車場を探すのも一苦労。
やっとふらっと入り込んだ箱根ホテルに空きを発見!
こっそりとそこへ駐車!!

御土産物屋の中を通り抜け、たどり着きました。

箱根関所


江戸時代の史跡を巡るのは、山田奉行所跡、木曾の福島関所と今回の箱根関所で3ヵ所目。

特に箱根関所は、各地にあった関所の代表ともいえるわけで、楽しみしてやってきたわけで・・・

物々しくて厳重な雰囲気かと思えば、そうでもない。
今は観光地だし、城郭でもないし、関所という役場のひとつでしかないわけで・・・。


やっと復元された関所に入ると、最近の流行で木造でいかにも関所という感じが漂っている。

関所改めを行う大番所には、それらしい人形が設置され、その様子を再現!
当時は幕府役人が関所に駐在していたわけでなく、最寄の小田原藩の役人が代行して、
関所業務を行っていたらしいです。
要するに下請け任せというか、業務委託をしていたようなものでした。
それに特にここで重視したのは入り鉄砲よりも出女
女性の関所通過は相当厳しかったみたい。
根性の悪いおばはんが、関所を出入する女性通行人を徹底的に調べたらしく、
挙句の果てには賄賂まで要求していたらしい。
どんな時代にも強欲ババァはいたわけですなぁ〜♪

そのほかに厩や厠、台所に湯殿もあったりして、ここでの役人の生活も垣間見られるようなつくり。

そんなに広いわけでもないので、15分くらいで見学終了。

少し離れたところにある関所資料館を駆け足で見学。
意外と関所破りをした人というのは江戸時代を通じて数えるほどだったのには驚きでした。
それだけ、幕府の権威というか威厳というか、そういったものの力が強かったのかとも。

最後に御土産物屋で買いすぎるほどのお土産を買い、
クルマに戻ってケータイの時計をみると15:00に!!

予定よりも1時間オーバー!
高速道路でもらった広域地図をみると、箱根というところは、
東名高速のインターからは、どこも遠い!!
ルートは3つ、箱根新道で小田原まででて、さらに北上し太井松田からのるか?
甲府から来た道を逆戻りし、御殿場からのるか、そして最後は山中城跡まで戻り、
さらに山を下り、沼津へでるか?
どのルートもそれなりの距離がありそう〜!
でも一番早いのは、どれか?
全く知らない土地なので困ってしまいました・・・・。

  • そっか、箱根関所だったのですね!
    箱根は東京から近いせいかいつも渋滞してますよ。

    昔行った時に曝し首の古写真が展示してあって関所破りの怖さを
    感じました(ノ_<。)

    るな

    2007/12/15(土) 午前 9:22

    返信する
  • 箱根へ言って、ここへ行かずどこへ行く?と思いませんか?
    関西では、箱根に似た感じのところは・・・ないですね。
    意外と保養地という感じのところはないですね、関西は。

    資料館には、さらし首の写真などもありましたね・・・・。
    『怖いですね、怖いですね〜♪』

    大納言兼加賀守

    2007/12/15(土) 午前 9:50

    返信する
  • 顔アイコン

    ここまで来たら関所ですよね〜。資料館はなかなか良かったですよね。遠見番所から湖方面を見ましたか?私が行った日は天気が良かったので、とても眺めが良かったです。
    箱根は抜け道がないので渋滞しますよね。帰りは大丈夫でしたか?一体どこから東名高速に乗ったのでしょう?沼津かな〜?(笑)

    [ - ]

    2007/12/15(土) 午前 11:32

    返信する
  • 箱根にきたら、やはり関所でしょう!
    資料館は駆け足で見学したので、もう少しじっくりと見たかったです。
    遠見番所へは上がらないままでしたが、資料館へ向かう道すがら見た芦ノ湖は趣のあるものでした。
    確かに箱根は抜け道がないですから、脱出するのが大変でした(笑)
    帰りはとりあえず最短ルートと思われる道で帰りました。

    大納言兼加賀守

    2007/12/15(土) 午後 1:14

    返信する
  • 顔アイコン

    遠いようでも、環状線の様に、どの道を走っていても幹線のどれかに繋がっていきますよね ?、確か。東海道筋は、大体便利になっていると感じています。
    箱根ホテルの駐車場って、タダでしたか ?。

    五節句

    2007/12/15(土) 午後 11:05

    返信する
  • 東名高速には、上記の三ヶ所でつながっているようですが、これが本当に遠いです。関西人の僕には距離感覚もよくわからず、久しぶりに困りましたね。箱根ホテルの駐車場は、たぶん宿泊者専用で、僕のような日帰り観光客は停められないと思います。方向転換のためにちょっと入ってみたら、空いていたので勝手に駐車させていただきました(笑)

    大納言兼加賀守

    2007/12/15(土) 午後 11:16

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事