ここから本文です
「返品交換できm「分かりました」

書庫全体表示

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ペンタックスのアクセサリーに「アイカップM」というものがある。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/accessory/index35_finder.html
(2017/1/22アクセス、リンク切れの場合はご容赦ください)

イメージ 1
スクショ

これ、「装着できません」のカメラは書いてあるのに、装着できるカメラが書いてなくて困る。

で、試してみた。

イメージ 2
イメージ 3
SuperAはいけた。

イメージ 4
イメージ 6
Z-20Pもいけた。

イメージ 5
SFXnにも使える。

イメージ 7
イメージ 8
ペンタックスSPでも、ほんの少しユルい(使用に全く支障のないレベル)けど使える。

結果
アイカップMは大概のペンタックス製フィルムカメラで使える。

今までMIDIは動画ページ内のリンクからしか取れなかったのだが、MIDIの一覧を作ってその中から取るように変えた。

前回からの続きです。

前回、CPUの交換とXPのインストールまで終わらせて、とりあえず使えるようになったわけだが。
どうせならCPUクーラーもリテールではなくちょっとイイヤツにしたい…と。
そこで、またヤフオクを利用し、気に入ったクーラーを購入。

イメージ 1


Socket370、Socket7、SocketAなどに使えるサイドフロー式のクーラー。
これらソケットに対応するものは今はちょっと珍しい。
CPUに接触する面は銅でできていて、そこからヒートパイプでヒートシンクにつながっている。リテールクーラーは全アルミだったので冷却性能の向上が期待できる。


リテールより小さいファンがついてるので静音性は下がる。

装着して、起動。

イメージ 2

正常に動いた。

ME6/757については公式ページで。
 
同じことしてる先駆者たち
 
DTMでMIDI音源を使いたいと思って32bitOSが入っていてRS-232C端子のあるPCが必要になったので、死蔵していた古いパソコンを少しいじって使っちまおうと。
元々入っていたMeならいいんだけど、メインPCに入れてたXP(7を入れるとき消した)を再利用するのにCPUが750MHzじゃちょっとアレかと思った。

ヤフオクで「Athlon XP 1700+」をゲット。
イメージ 1
換装前(左):Duron 750MHz
換装後(右):Athlon XP 1700+

Athlonの型番の「1700」とかって、「1.7GHz(1700MHz)のPentium4と同じくらいの性能だよ」っていう意味らしい。完全に喧嘩売ってる。
 
ソケットに装着。
イメージ 2
 
元々のクーラーを付けてしばらく動かすとフリーズした。
強制終了して様子を見てみると、クーラーがすごい熱い。
性能が上がったので発熱も増えたらしい。
そこでCPUを買うと付いてくるクーラーに交換してみる。ちゃんと動いた。
 
イメージ 3イメージ 4
10年ぐらい前からずっと使い続けてるXP。
サービスパックじゃない素のXPだから、インストール後の素→SP2→SP3の作業が大変…。そのあと更にMicrosoftUpdateもあるし…。
 
Athlon MPとか誤認識してるけど、まぁいっか。
この後メモリーをニゴロ2枚刺しからニゴロとゴイニでナナロッパにして、そこそこXPがイイカンジに動くPCになった。

続き

開くトラックバック(1)

イメージ 1
今年初のブログ。

去年の12月に修理に出したカメラとレンズが、昨日ついに帰ってきた。
コニカオートレフレックスT3と、ARヘキサノン40mmF1.8だ。
英語で書いたら、Konica AUTOREFLEX T3 + Hexanon AR 40mm F1.8
写真がそのカメラとレンズ。

修理はかなり大変だったらしい。修理屋さんの修理メモに「非常に苦労しました」って、オブラートに包まずにド直球で書いてあるし……。

ボディの大きさは、うちにあるのだとニコマートELとだいたい同じ。
レンズは、ニコンのシリーズE50mmF1.8とほぼ同じ大きさ。

このレンズ、こんなに薄いのに焦点距離40mmでF1.8って、もう驚くしかないよ……。

せっかくだし、リバーサル入れて、試写してみようかな。

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事