ここから本文です
初心者のための草野球基礎!野球未経験でも草野球デビュー

書庫全体表示

自己流は迷コーチ

自分で調べようと思えばいくらでも調べられる時代ですが

外からの意見や指摘がなければ気付かないことも多いでしょう。

ただし、声をかけてきた相手が”名コーチ”なのか”迷コーチ”なのか

初心者や未経験者の人にとっては死活問題です。

ですので、一番は自分から声をかけることですが

このときに絶対にやってはいけないことが「プロ・元プロ」の話を引用することです。

結局そういう知識しか持ち合わせない”迷コーチ陣”を引き寄せてしまいます。

野球雑談をする上では楽しいでしょうが、知識だけではコーチングはできません。

実際のところ初心者や未経験者にとって本当に知りたい部分というのは基本的なところだったりします。


例えば、あなたの望みは「変化球が投げたい」だったとします。

そして直接的には「他から見て羨ましがるぐらい」の変化を求めているはずです。

握り方を教わって投げてみました→変化しませんでした→あきらめました

これは最初の「握り方」の段階で、教わる人も教わるほうも間違えたわけです。

遠回りに感じてしまうかもしれませんが

初心者や未経験者にとっては、もっと基礎となる部分を教えてくれる人が正解なのです。


自分がどう見えているのかは外から教えてもらわなければ分かりませんが

試合結果からでる個人成績で自分自身を分析することは可能ですし必須だと思います。

また、いくら経験者だからといっても全てを信じることは危険です。

少なくとも投手・捕手といった他から見ても特殊なポジションには注意が必要です。

経験・未経験問わず、草野球からそのポジションを始めたという人は多く

それゆえに自己流であり知識としては全く持ち合わせていない場合もあります。


極端ではありますが、初心者や未経験者はいま一度

ボールの握り方、バットの持ち方、捕球の仕方などから教わるのが上達の近道かもしれませんし

それを指導・助言できる人が近くにいれば自分から声をかけることが一番でしょう。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事