ここから本文です
アウトドアショップ ベースキャンプ Yahoo!ショッピング店
商品情報、お役立ち情報、スタッフの活動記録など

書庫全体表示

大分 九重 雪の中岳



12月12日に、九重連山の最高峰にして九州本土の最高峰である、大分県の中岳(1,791m)に登ってきました。




この日は今シーズン最強の大寒波。さらにラニーニャ現象が重なって、とんでもない寒さになるとのこと。

ほぼ初めてに近い雪山だったので、実は少し心配でした。





9時ごろに牧ノ戸登山口に到着。
登山口までは何とかチェーンを使わずに行けましたが、結構ギリギリかなーというところもありました。

凍った駐車場でツルツル滑りつつ、9:45出発。


最初のコンクリート道は凍っているところもあるので、登山口から軽アイゼンをつけておきます。




30分ほどで沓掛山到着。


天気は微妙な感じで、周りは真っ白。
山頂あたりで一瞬でも晴れてくれるといいなーと思いつつ、先へ進みます。




軽アイゼンを外した途端、派手に転んで太ももを強打したり、小さな雪庇に興奮したりしながら、久住別れに到着。




避難小屋で少し休憩し、濡れたグローブを交換した後、中岳へ向かいます。

このころから少しずつ青空が見えるようになってきました。




そして凍結した御池。


一部氷が薄いところがあって、乗るとパキっと嫌な音が…
これは下手したら落ちるかも…と思い、端っこをそっと歩いて渡りましたが、ほかの人は普通に池の上を歩いていました。





12:24、中岳の避難小屋に到着。


風もかなり強くなってきたので、とりあえずご飯を食べてから、天気を見つつ行けそうだったら中岳へ、、、ということに。




カップラーメンを食べてしっかり温まったら、少し余裕が出てきたのか、風は強いままだけど中岳に行けるんじゃないかという気持ちになり、いざ中岳へ。






中岳の標識もこんな感じに。。。



顔が痛くなるくらい寒いけど景色は最高。





その後は、もっふもふの樹氷の間を抜け、かわいい足跡を辿り。。。






15:23牧ノ戸登山口に到着です。




この日の気温は手持ちの温度計で約−8℃。風速は予報では14〜16m。湿度が60%だとして、体感温度は−30℃くらい。

こんな寒い日の登山は初めてでしたが、かなり楽しめました。
今年はたくさん雪山に行けたらいいなーと思っています。





以上、雪の久住中岳レポでした。






この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事