過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

三民族とは白人、黒人、インディオである。
この歌は昔のブラジルの黒人とインディオの奴隷の苦しみを歌った歌だ。

戦後も白人による激しい搾取と暴力は続いている。
アメリカのアグリ・ビジネスは巨大な財力と政治的なコネクションを駆使してラテン・アメリカの最も肥沃な土地をことごとく輸出用のバナナ等のプランテーションに変えてしまった。
現地の国民の食べるものがなくなるのは当然である。

今はどうか知らないが、2〜30年前まではアメリカの多国籍企業は、現地の農民が畑作業をしている上から飛行機で農薬を撒いていたのだ。
当然、喘息やアレルギー性皮膚炎になる者が続出する。抗議行動が起こる。労働争議が起こる。

ここで多国籍企業の取った方針は「現地人をして現地人と戦わしめよ」である。
労務管理を現地のインディオや黒人にさせ、労働争議が激しくなればなるほど有色人種の力が弱くなり、
流通の利益だけは白人が誰にも邪魔されずに独り占めする、という狡猾なシステムを作り上げた。

世界の貧困というとアフリカがよく取り上げられる。しかし貧富の格差によるすさまじい悲惨さ、そして女性や子供に集中する受難はラテン・アメリカの方が酷いと思う。

多国籍企業及びそれと結託する一握りの売国的政治家によって国富はほとんど独占される。庶民の生きる道はほとんど残されていない。男は土方などの重労働に、女は性産業に吸収されていく。そして彼女らの肉体をむさぼるのもまた白人である。

劣悪な環境での売春で私生児が生まれる。しかし彼女達は子供を育てる金など無い。一部の親は生活のために涙をのんで我が子を売る。そこでは子供を殺して内臓を売る「臓器売買」が大っぴらに行われている。
この子供の臓器を買うのもまたほとんど白人である。

こうして原住民は白人によって5重6重に搾取されていく。



クララ・ヌネスは一度日本でこの歌を歌った事がある。
ところがこの歌の政治性は一言も触れず「愛の歌」というとぼけた解説をしていた。
恐らくTV局から「政治的な発言は控えて欲しい」と圧力があったのだろう。
日本という国は何事もこの調子だ。

https://www.youtube.com/watch?v=krqP4Z8WeHA

こういう「天に向かって雄叫びを上げたくなるような」すさまじい不正の中から「解放の神学」は生まれてきたのだ。
僕はマルクス主義には共鳴しない。しかし女性や子供の阿鼻叫喚をつぶさに見た現地のカトリックの神父さん達がローマ法王の忠告を無視して次々と共産ゲリラになっていった気持ちは良く分かる。

この記事に

今アメリカでは、長く続いたヒップ・ホップの「憎悪の音楽」への反動として

「人種間の和解」がテーマであると言う。とても良いことだと思う。

「怒り」が新しい何かを生み出す事は良くある。しかし「憎しみ」は何も生まない。破壊するだけだ。

そう言えば黒人がアフロヘアーにしなくなったのも、この「和解」のテーマと関係あるのか?ないのか?

誰か知っている人がいたら教えて欲しい。



アリシア・キーズのこの曲を初めてラジオで聴いた時、てっきりアレサ・フランクリンかと思った。

60年代のソウルを意識したメロディーとシャウトする声。

それは「一体いつまで憎み合い続けるの?いいかげんにしましょうよ。もっと別の関係があり得るはずよ。」と一生懸命訴えているように聞こえる。


http://www.youtube.com/watch?v=486IBqVCFdM

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事