日常茶飯事

ココチよさって私らしく暮らすこと 〜読書と音楽と映画と・・・Plain Living and High Thinking〜

全体表示

[ リスト ]

Vol.68 Praise You//Fatboy Slim

http://www.dailymotion.com/swf/xzose












That Old Pair of Jeans




デジタルサウンドとグルーブ間溢れるトラックを用いて、リスナーをビートの世界へ引き込む世界最強のDJ、"FATBOY SLIM"。

本名Norman Cook。

ブルームリー生まれ、レッドヒル育ち。

Fatboyの名前の由来は「40年代に "Baby, I Want A Piece Of Your Pie"というヒット曲で有名になったルイジアナのブルース・シンガー」だといいます。

2002年にイギリスのブライトンビーチにおいて、25万人のクラウドを集め、死者まで出してしまった伝説のフリーパーティ"Big Beach Boutique"。

2004年はブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催され、36万人の観衆を集めてしまった、世界最強のお祭り男、"Fatboy Slim"ことNorman Cook大先生にビ(゚〜゚*)ビックリ!

「ダンスとポップスの橋渡し」という彼のスタイルは、ビックビートというジャンルを確立し、ダンスミュージック界で圧倒的な影響力を持っています。

ダンス・ミュージック好きでなくても、音楽好きであれば必ず耳にしたことがあるだろうこの名前。

果たして太っているのか、それとも痩せているのか分からない、ユニークな名前を持つアーティスト "Fatboy Slim"ことNorman Cookが、全世界を笑顔で埋め尽くすようになってから早15年が経つ。

多くのアーティストがたった一曲ヒットを飛ばしては次々と消えていくダンス・ミュージック・シーンで、これだけの長い間人々に愛され続け、作品をリリースすれば大ヒットし、ギグをすれば必ずと言っていいほどチケットをソールド・アウトさせている正真正銘の人気者ですねぇ(笑)

今日はノリのいいサウンドが世界中のクラブ・シーンやラジオでも大評判のファットボーイ・スリムで、┌|≧∇≦|┘└|≧∇≦|┐┌|≧∇≦|┘しない?(爆)

早速、曲の紹介に入ると、みなさんは80年代のジャズダンス、エアロビブームをご存じですか?

知ってる人、実は体験しちゃってたなんて人は、Fatboy Slimの『Praise You』のPVオススメします!

この曲『Praise You』は、とにかく変です。

普通のおじさんおばさんたちが、変な踊りを踊りまくります・・・?

PVを見てみると、なんとそこには・・・!

う〜ん、言葉ではうまく説明できません。

ダンスはどう見てもシロートの男女5〜6人が路上で踊りだすという作品で、最近のものなんですけど、振り付けといい、ダンサーの服装といい、体型や髪型ぐあいといい、動き方といい、どれもが絶妙で、80年代の「あの頃」の感じがして(爆)、イイんです!

これって“カッコイイ”と思いませんか?

ゲリラライブらしく、通行人が怪訝そうな顔していたり、怖がって(笑)いたりします。

途中で警備員さんにラジカセ止められたりもします!

でも最後まで踊りきります。

そして最後は見物人も拍手喝采!!!(笑)

このPVを見ると、まずは大笑いして、そのあといいなあ〜と思って、願わくば私もいっしょに踊ってみたかったなぁ〜と思ったりなんかして、なんだか気持ちがワクワクしてしまいますねぇ。

『Right Here Right Now』は、単細胞生物の発生から人類に至るまでの進化を一気に見ていくPV!

ちょっと無理のある進化もあったりするけど、映像としては結構綺麗で面白いんですよ(笑)

そう!あの日産のCMで使われている曲,ピンときた人多いと思うけど,FATBOY SLIMのセカンドアルバム,“YOU'VE COME A LONG WAY, BABY”の最初の曲のイントロなんです。

テクノやドラムンベースの曲って,テレビでちょっとしたBGMに使われること多いんですよね。

サラリーマンNEOというNHKでやってる番組。

オープニングを観てみると、これがなんとも不可思議なノリで曲もFatboy Slimだし印象に残っていたんですが、なんとモロ『Weapon of Choice』のミュージックビデオのままだったんですね(爆)

ていうのをさっき気づいた(汗)

しかもこのオッサン、どうみてもクリストファー・ウォーケンですから!

まじでびびった。

この人ってどう理性的に振舞っても内面にある狂気が溢れちゃってる、主に目から、みたいなノリが凄く好きです。

実際はとても紳士的なのかもしれないけど、いつロシアン・ルーレットやり始めるかとどきどきしちゃう(爆)

しかしFatboy Slimのは相変わらずかっこいいですね。

あの変なダンスってみんな同じ振り付け師なんでしょうか?

作品はスパイクジョーンズだから、振り付けも彼?だとしたら相当いいセンスしてるよなぁ(笑)

いやぁ〜『Push The Tempo』には参りました。

相変わらずスパイク・ジョーンズのPVはヘンで面白いすね。

ジャマイカらしき場所のマーケットで、耳に入った瞬間に体がめちゃくちゃな反応をしてしまうという謎のテープを大音量で流しちゃったお陰で、周りのすべてがぶちこわしです。

ピース!

この曲にはタモリ倶楽部でも紹介できない衝撃の空耳(注記:下ネタです)があるんです!

曲中で「Push the Tempo」って言うトコが、「○ッ○ーとチ○ポ、○ッ○ーとチ○ポ、○ッ○ーとチ○ポポ、見してチ○ポ」って聴こえる・・・。

マジで!マジで。

絶対聴こえるから(爆)

『The Joker』という曲は、Steve Millerの1973年ヒット曲のカバー。

鼻につくほど愛らしいこのビデオでは、フワフワした子猫が麻薬にハマる役どころを演じています。

子猫は危険と刺激を求め、Fatboy Slimのライブを見るために猫の大都会へと危険な旅を始める。

世界にハッピーを送り続けるスーパーDJの久しぶりに到着した期待の楽曲『That Old Pair of Jeans』は70年代UKのR&Bシンガー、ロゼッタ・ハイタワーの楽曲をサンプリング、ボーカルは『Wonderful Nigt』でお馴染みの LATEEF が再び登場!

で、このPVもものすごいんです!

映像はいたってシンプルで、白髪の男性が大道芸人よろしく3つのボールを操っている。

でも、ただ操っているだけじゃない。

曲にめちゃくちゃシンクロしている!

音楽にピタリと合わせた技で、本当にすごい。

見ていると心躍る(笑)

このビデオはいろんな人の芸人根性に火をつけたようで、YouTubeをざっと検索しただけでもこのビデオにおけるジャグリングに触発されて作られたと思しき動画がいくつも見つかります。



重要なのはジャグリングの巧拙でなく音楽ビデオとして楽曲のプロモーションに貢献することなんでしょうねぇ(笑)

お話はこれくらにして、Fatboy Slimの世界を堪能して下さいね!

この記事に

閉じる コメント(4)

かなり面白そうだしノリノリなんだけど全部表示されないよぉ!(>□<)重すぎ??

2007/1/21(日) 午後 6:18 空香 返信する

顔アイコン

え!表示できないの?たくさん出し過ぎかぁプリティ.Bさん//ズン♪(【^ー^】)♪ズン

2007/1/23(火) 午後 9:13 [ bax*641* ] 返信する

残念なことに、私のPCは3曲が限度のようです。1曲目のPVは、私にはヘンな集団!って感じです。駅前とかで踊ってたら、避けて通りそう(笑)2曲目はは、一番気に入りました。胸に(◎_◎;) ドキッ!!ってきました。こういう曲とPVは大好きです。3曲目の踊りは、おもしろーーい。不思議な感覚のPVで、でも気になったのは、絵かなぁ。帆船の絵。あれ、ステキ・・・曲は、3曲とも、楽しくて、イイ感じですね〜...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪

2007/2/3(土) 午後 3:07 まりぼん♪ 返信する

顔アイコン

楽しくて案外踊れそうな曲ですよねぇまりぼんさん//ズン♪(【^ー^】)♪ズン

2007/2/4(日) 午後 7:36 [ bax*641* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事