穏やかな気持ちでいれたらいいね

地球上の全ての生き物たちが淡々と今を生きているね。

ペット

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

『両生類にも空間学習能力を発見、毒ガエルの頭の中に「地図」 研究』

* マダラヤドクガエルで初めて確認
‐ 
ミントチョコのような毒ガエルが、カエルの知能に関する定説を覆そうとしている。

そのカエルは、中南米の熱帯雨林にすむマダラヤドクガエル(Dendrobates auratus)。陸に適応したカエルで、森の地面に卵を産み、赤ちゃんが生まれると背中に乗せて木を登る。
木の洞やアナナス科の植物にできた水たまりにオタマジャクシを移し、育てる。

景色が複雑で変化しやすい森の中で、親ガエルが産卵場所やオタマジャクシを育てる場所を見つけ、覚え、行き来するためには、周辺の地図を頭の中に構築し、改訂していける脳が必要だ。
哺乳類や鳥類が、頭の中にこうした地図を作っていることは知られていたが、今回、両生類にも同じ能力があるという初の証拠が示された。
研究成果は、7月10日付け学術誌「Journal of Experimental Biology」に発表された。

「毒ガエルの生活史から、このカエルは周辺の環境を手がかりにして場所を知るために、より高度な認知能力を進化させたのではないかという仮説を立てました」と、論文の著者である米ノースカロライナ大学のサブリナ・バーマイスター准教授は話す。
「しかし、すべてのカエルがこうした能力を有すると考えられるわけではありません」

カエルの認知能力は、まだよくわかっていない。
これまで霊長類やカラスなど、明らかに複雑な知能を持つ動物ばかりが研究されてきたからだ。
今回の研究で、これまでの試験方法をカエルに応用するのは簡単ではなかった。

空間学習能力を研究室で測定する古典的な試験として「モリス水迷路」がある。
この試験では、円形のプールの中に逃避台(水面からは見えないが水深は浅い)を設置しておく。
プールに入れられた動物が逃避台を見つけられれば、動物はそこに登って休むことができる仕組みだ。
プールの外には視覚的な手がかりが置いてあり、動物がそれらの手がかりと逃避台の位置を結びつけてしっかりと記憶していれば、その後の試験でより簡単に逃避台を見つけられるというものだ。

しかしながら、マダラヤドクガエルの場合、こうした迷路に入れられると驚いてしまい、周囲を探査して把握するのではなく、プールの壁にしがみついて安全を確保しようとする、と、今回の研究を行った米テキサス大学南西医療センターの博士研究員ユーシャン・リュー氏は説明する。

同氏は、モリス水迷路を、歩けるくらいの浅いプールに変え、周辺部に深い溝を作り、カエルを壁から遠ざけた。
この新たな装置では、カエルは浅瀬を探査し、最終的に逃避台を見つけ出した。
カエルが何をすべきかを学習したら、視覚的手がかりを変えたり、プラットフォームを取り除いたりした。
その結果、カエルが実際に逃避台を探すのに、頭に描いた周囲の地図を利用していたことを実証するのに成功した。

米スタンフォード大学の博士研究員で、野生の毒ガエルの帰巣行動を研究している生物学者アンドリウス・パシュコニス氏は、今回の結果に興奮し、その他の種についても、さらなる研究が行われることを期待しているという。
なお、同氏は今回の研究には関わっていない。
研究の余地は非常に多い、と同氏は述べる。
「現時点では『カエルの地図』がどんなものなのか、まったくわかっていないのです」

パシュコニス氏の研究チームは、糸を使ったり、地理情報システム(GIS)のログを記録したり、発信器を取り付けた小さなパンツをカエルに履かせたりして、熱帯雨林の中での毒ガエルの行動を追っている。
さらに、バーマイスター氏の研究室では、同様の空間学習能力をもたないと考えられる別種のカエル(トゥンガラガエル)と、マダラヤドクガエルとの比較研究を行っている。

一方、カエル自身は、生き残りをかけて最善を尽くしている。
カエルは、独創的な育児法、生息地の好み、認知能力などを多様に進化させてきた。
だが今、そのすべての種が生息地の喪失、病気のまん延、野生生物の取引、気候変動など、人間が関与する試練にさらされている。
カエルがこうした迷路から抜け出すには、人間側の努力が欠かせない。

(ナショナルジオグラフィック)


「カエルが実際に逃避台を探すのに、頭に描いた周囲の地図を利用していたことを実証するのに成功した。」
カエルも道を覚えるね。
うちの庭で繁殖させた二ホンアカガエルやシュレーゲルアオガエルも産卵期には生まれたビオトープに戻ってくる。
今までは水の臭いを覚えているのだと思っていたが、道も覚えているのだね。

「だが今、そのすべての種が生息地の喪失、病気のまん延、野生生物の取引、気候変動など、人間が関与する試練にさらされている。」
ホモ・サピエンスはすべての生き物のとって害獣だね。
追伸:
庭を散策して、西と東のビオトープの水面の落ち葉などゴミをゴミ拾いトング挟んで捨てた。
-
追伸2:
妻と動物病院に行きペニスカットした足長マンチカンにあった。
帰りにガソリン屋とザ・ビッグというスーパー寄った。
-
追伸3:
今日、風呂に入りながら聴いたアルバムは、
「RATT RATT」。
-

『日本関係の30種が絶滅危惧種に 河川減で淡水魚に打撃』
-
国際自然保護連合(IUCN、本部スイス)は18日、絶滅危惧種などをまとめたレッドリストの最新版を公表した。
日本関係では淡水魚が重点的に評価対象となり、ホンモロコ、タナゴなど多くの固有淡水魚がリスト入りした。
ダム建設などにより自然河川が失われたことや、農業や都市からの汚染を主因に挙げ、外来種との生存競争が拍車をかけていると指摘する。
-
リストは深刻な順に「深刻な危機」(CR)、「危機」(EN)、「危急」(VU)に分類される。
日本関係では30種が新規の評価でリスト入りした。
大半が淡水魚で、CRにタンゴスジシマドジョウやウラウチイソハゼなどが入った。
琵琶湖(滋賀県)やその水系の固有種も多く入り、ENはホンモロコやイサザ、ビワヨシノボリ、ゲンゴロウブナなど、VUにイワトコナマズなどが加わった。
-
また、絶滅は「低懸念」とされていたタナゴが新たにVUに入り、イタセンパラ、ミヤコタナゴはVUからENにレベルが上がった。
-
田沢湖(秋田県)だけに生息したクニマスは野生絶滅(EW)とされた。
1930年代に卵が移送された山梨県の西湖での生息が近年確認され、人工飼育も行われている。
-
(朝日新聞)
-

ホモ・サピエンスは他の生き物にとって、衝撃だね。
スーパープルームや隕石衝突に匹敵する環境変化だね。
ホモ・サピエンスの都合のいいように川や池を改造し、草や木を切る。
ホモ・サピエンスの価値観だけで行動しているから必ずホモサピエンスも絶滅する。
-
追伸:
-
アブラゼミの鳴き声の中、庭を散策して、西と東のビオトープの水面の落ち葉などゴミをゴミ拾いトング挟んで捨てた。
-
錦鯉池とトロ舟に水を足した。
-
追伸2:
今日、風呂に入りながら聴いたアルバムは、
「フィア・ファクトリー デジモータル」。
-
『4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれていた生物が温暖化でよみがえる』
-
──永久凍土の中で長年休眠していた生物がよみがえる
-
国際連合(UN)は、2019年5月に発表した報告書で「自然環境が減少し、生物多様性が破壊されることで、今後数十年のうちに、およそ100万種の生物が絶滅するおそれがある」と警鐘を鳴らしている。
その一方で、近年の研究では、氷河や永久凍土の中で長期間にわたって休眠していた生物がよみがえる例が確認されている。
-
■ 南極で1600年前のコケが再生した
-
2013年6月13日に学術雑誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で公開された研究論文によると、加アルバータ大学の研究チームが、カナダ最北部エルズミア島で融解がすすむティアドロップ氷河において、1550年から1850年までの小氷期のものとみられるフトヒモゴケなどのコケ植物を採集した。
-
採集したコケ植物の多くは黒く変色していたものの、緑の部分も確認されている。
適温に保たれた日当たりのよい大学の研究室に試料として持ち帰り、養分豊富な土壌に茎や枝の組織を移植したところ、およそ400年にわたって氷に埋まっていたコケ植物が再生した。
-
2014年3月には、英国南極研究所(BAS)の研究チームが、南極のシグニー島の永久凍土に埋もれていたコケ植物を再生させることに成功した。
このコケ植物は1533年前から1697年前のものと推定されている。
-
この研究論文の責任著者である英国南極研究所のピーター・コンヴェイ博士は、米紙ワシントン・ポストの取材に対し、「永久凍土の環境は非常に安定しており、凍結と融解の周期変化やDNA損傷をもたらす放射線など、地表でのストレスからコケ植物を隔離する。
数百年前のコケ植物が再生したことから、生物が氷河期を耐えるうえで、氷河や永久凍土が役立っているのかもしれない」と述べている。
-
■ シベリアで3万年前から4万年前の線虫も活動を再開
-
より古代の多細胞生物が、長い年月を経てよみがえった例もある。
2018年7月に公開された研究論文によると、露モスクワ大学や米プリンストン大学らの共同研究チームがシベリアで実地調査を実施。
北東部のコリマ低地で更新世の永久凍土の堆積物から3万年前から4万年前の線形動物(線虫)を採集し、室温20度の研究室で育てたところ、活動を再開させたという。
-
環境破壊や地球温暖化によって多くの生物が絶滅の危機にある一方、極地では、コケ植物や線虫、微生物など、氷河や永久凍土の中で長年休眠していた生物たちがよみがえっている。
これらは、生物が持つレジリエンス(困難な状況でもしなやかに適応して生き延びる力)を示すものとして注目されている。
-
(Newsweek)
-

「自然環境が減少し、生物多様性が破壊されることで、今後数十年のうちに、およそ100万種の生物が絶滅するおそれがある」
今までの絶滅は環境変化によるものだったけど、ここ2000年位はホモ・サピエンスによるものが多いね。
-
「南極のシグニー島の永久凍土に埋もれていたコケ植物を再生させることに成功した。このコケ植物は1533年前から1697年前のものと推定されている。」
1600年前の苔が再生したのだね。
凄いね。
-
「永久凍土の堆積物から3万年前から4万年前の線形動物(線虫)を採集し、室温20度の研究室で育てたところ、活動を再開させたという。」
4万年前の線虫が休眠から目覚めたのだね。
こうやって今までの地球環境の変化でも滅びずに生き延びたのだね。
凄いね。
菌類では数億年前の菌がよみがえるからね。
-
追伸:
庭を散策して、西と東のビオトープの水面の落ち葉などゴミをゴミ拾いトングで拾った。
-
犬小屋のイシガメ・クサガメ・ペニンシュラクーターに餌と水をあげた。
-
バスタブの子亀たち(イシガメ・クサガメ・ウンキュウ)に餌をあげた。
-
西と東のビオトープのメダカ・ミナミヌマエビ・スジエビなどに餌をあげた。
-
植木鉢の枝垂れ桜・枝垂れ花桃・枝垂れ梅・アボカド・パパイヤなどに水をあげた。
-
西のビオトープのウキクサ2塊をゴミ拾いトングで挟んで駆除した。
-
追伸2:
次女を駅近に送った。
-
追伸3:
今日、風呂に入りながら聴いたアルバム
「フェア・ウォーニング ア・ディケイド・オブ・フェア・ウォーニング DISC1」。
-
追伸4:
8月1日(木)録画した「科捜研の女19」#11をCMを飛ばしながら観た。
1965年生まれ大阪府出身の女優沢口靖子主演のサスペンスドラマだね。
-
『野生動物に餌やりはダメ、でも野鳥は例外? 研究』
-
* 餌やりがダメな三つの理由と、意外な利点
- 
野生動物を呼び寄せて楽しむために、米国ではマンションのベランダに鳥の餌台(バードフィーダー)を置いたり、裏庭にやってくるシカのために給餌器を設置ししたりする人が少なくない。
-
しかし、これは動物にとっても人間にとっても危険だと、専門家たちは忠告する。
-
餌場は、狭くて様々な動物がやってくることから、病気や寄生虫を広げる温床となりかねない。
そう話すのは、米ペンシルベニア州狩猟委員会の野生生物学者、ジャニーン・フリーグル氏だ。
-
例えば、シカを死に至らしめる慢性消耗病(CWD)は、餌場に動物たちが集まることで尿、唾液、糞などが混じり合い、それとの接触で感染が広がると研究者たちは考えている。
-
「シカを引き寄せるための餌は、直接的または間接的に、シチメンチョウやリス、アライグマ、ネズミ、スカンク、キツネなども呼び寄せることになります」とフリーグル氏は言う。
「シカだけでなく他の動物にとっても、餌場は病原菌への接触と感染のリスクを高めるのです」
-
犬ジステンパー、パルボウイルス、レプトスピラ症、アライグマ回虫、鳥ポックスなどはすべて、餌場で広がる可能性のある病気または寄生虫だ。
-
「一般に、野生動物に餌をやるのは良いことではありません。
どんな動物だろうと、あなたがどこに住んでいようと関係ありません」とフリーグル氏は警告する。
-
* 人間がいれば食べ物にありつける?
- 
アライグマがピーナツバターをかじっているところを見たことがある人なら、いかに彼らがペットのようにかわいらしいかを知っていることだろう。
しかし、たとえ小さくても、野生動物は人間に危害を及ぼす可能性がある。
-
実は、米グランド・キャニオン国立公園で最も人をかむ事例が多い動物は、餌を求めるリスなのである。
-
餌を与えられた野生動物は、人間と食べ物を結び付けて考えるようになってしまう。
すると、動物たちが、人間の子どもやペットを傷つけて野生動物管理官に処分されたり、車に轢かれたりするケースが増えることになる。
-
だから専門家たちは、「餌をもらった(fed)クマは、死んだ(dead)クマだ」と言うのである。
-
* ジャンクフード
- 
それでも野生動物に餌をやろうか迷うなら、栄養価のことも考えるといい。
-
動物はたいてい、安定的または簡単に手に入る食物があれば、たとえ栄養価が偏っていたとしても、それに頼るようになる。
すると、例えばトウモロコシを食べすぎたシカの場合、胃の中の酸のバランスを崩し、乳酸アシドーシスと呼ばれる症状を呈するようになる。
-
「ペンシルベニア州では、この症状でシカが死亡した事例が記録されています」とフリーグル氏は話す。
-
餌やりはまた、その土地における動物たちの移動パターンを変化させることで、生息分布に影響を及ぼす可能性もある。
一カ所に動物が集中すれば、闘争やケガも 多発しかねない。
-
* 野鳥の餌やりは例外?
- 
ヒグマやワニに餌をやらない、ということは常識かもしれないが、裏庭を訪れる小鳥たちに餌をやるかどうかということになると、もう少し事情が複雑になってくる。
-
鳥の餌台が病気を蔓延させる原因となりうるのは、他の餌場と同じだ。
そう話すのは、英国鳥類学トラストの生態学者、ケイト・プラマー氏。清潔に保たれていない場合にはなおさらだという。
-
例えば、トリコモナス症という病気は何百万羽もの鳥を死に追いやり、2006年以降、英国におけるアオカワラヒワの生息数を60%も減少させたとプラマー氏は言う。
-
一方で、野鳥の餌やりは、生物多様性にとって有益である可能性もある。
-
5月21日付で学術誌「Nature Communications」にプラマー氏らが発表した論文によると、英国では、一般家庭の庭で見られる鳥の種類が、1970年代よりも現在のほうが多くなっているという。
しかもこの変化は、鳥の餌や餌台の市場が発展するのと同時に起こったというのだ。
-
かつて鳥にやる餌と言えばトウモロコシやヒマワリの種くらいだったかもしれないが、今やスエット(牛や羊の脂)、ミールワーム(ゴミムシダマシの幼虫)、ファットボール(油脂や穀物、ナッツなどを固めたもの)、菜種、モロコシ、シロキビなど、野鳥の好みに合わせて様々なものがある。
-
「私たちが自宅の庭でやっていることが、周囲の鳥たちの多様性にこれほどはっきりした大きなスケールで影響しているということがわかったのは、今回が初めてです」とプラマー氏は話す。
「かなり重大なことです」
-
こうした鳥たちの多くは、本来であれば森林や農地に住んでいたという点も考慮することが重要だ。
人の手が入り、次々と開発が進んでしまったような場所である。
-
「だから鳥たちは、生きるのに必要なものを私たちの家の裏庭で見つけているのです」。
プラマー氏はそう話す。
-
(ナショナル ジオグラフィック)
-

「餌場は、狭くて様々な動物がやってくることから、病気や寄生虫を広げる温床となりかねない。」
ということだね。
-
「犬ジステンパー、パルボウイルス、レプトスピラ症、アライグマ回虫、鳥ポックスなどはすべて、餌場で広がる可能性のある病気または寄生虫だ。」
餌場は病原菌の温床になるのだね。
-
「鳥の餌台が病気を蔓延させる原因となりうるのは、他の餌場と同じだ。」
バードフィーダーも同じだね。
野鳥にも餌をあげてはいけないね。
-
追伸:
庭を散策して、西と東のビオトープの水面の落ち葉などゴミをゴミ拾いトングで拾った。
-
犬小屋のイシガメ・クサガメ・ペニンシュラクーターに餌と水をあげた。
-
バスタブの子亀たち(イシガメ・クサガメ・ウンキュウ)に餌をあげた。
-
西と東のビオトープのメダカ・ミナミヌマエビ・スジエビなどに餌をあげた。
-
植木鉢の枝垂れ桜・枝垂れ花桃・枝垂れ梅・アボカド・パパイヤなどに水をあげた。
-
追伸2:
今日、風呂に入りながら聴いたアルバム
「バッド・レリジョン ザ・プソセス・オヴ・ビリーフ」。
-

『科学的にも根拠あり!
「空から魚が降る」は本当だった』7/9
-
* ナカタさんは実在しないけど……
-
村上春樹の小説『海辺のカフカ』では、ナカタさんという不思議な老人が住みなれた中野区を出て行くにあたり、空から大量のイワシとアジが降ってくるというシーンが描かれている。
-
「翌日実際に中野区のその一角にイワシとアジが空から降り注いだとき、その若い警官は真っ青になった。
何の前触れもなく、おおよそ2000匹に及ぶ数の魚が、雲のあいだからどっと落ちてきたのだ。」──村上春樹『海辺のカフカ(上)』
-
空から降るはずのない物体が降ってくるという現象は、「ファフロツキーズ現象」あるいは「怪雨(かいう)」と呼ばれ、古来から超常現象として人々の興味を惹きつけてきた。
物語でもしばしば登場し、空想と現実の境界が曖昧な世界に読者は引込まれる。
-
この不思議な出来事に、誰もが実際に遭遇するかもしれないことを示唆する、衝撃の事実が最近の研究で明らかになった。
-
「空から魚が降る」という現象は、科学的にも起こり得ることだったのだ。
-
* 科学者も予想できなかった場所から魚卵が! 
-
2018年、ブラジルの大学院生が、鳥の糞に含まれていた水生植物がそのまま生き残り、成長するという事実を発見した。
彼らはその後、凍らせた野生のカモハクチョウの糞試料からメダカの卵を見つけた。
-
植物に当てはまることは魚の卵にも当てはまると考えた彼らは、この仮説を確かめるため、2種類のメダカの卵を動物園の白鳥のえさに混ぜた。
2日間にわたって白鳥の排泄物を調べた結果、糞に混ぜた卵の約1%にあたる5つの卵が、傷のない完全な状態で発見された。
-
そして、そのうちのひとつは白鳥の腸から出て49日後、孵化して稚魚となったのだ。
-
そもそも、メダカはあらゆる環境下で生存できることで知られている。
メダカの卵は周囲の環境から水気がなくなると冬眠のような状態になり、水気が戻れば数ヵ月後に覚醒して孵化するという特別な能力を持っている。
-
そのため、砂漠などで一時的に池や水たまりが形成された際、メダカがどこからともなく現れるように見えることもある。
本件に関する論文を発表したスペインの研究者、アンドリュー・グリーンらによると、メダカは沼のような場所でも生き残れるのだという。
-
鳥に食べられたメダカの卵が無傷の状態で鳥から排出されるという事実は、一見メダカがいるはずもない場所に生息する理由となるかもれない、と彼は続ける。
場合によっては、そのメダカたちは空から降ってきたかもしれないのだ。
-
研究者らは引き続き調査を進めており、メダカよりも早く孵化する鯉の卵を用いた実験を計画している。
-
ところで、たった1匹だけ孵化したメダカはいまどうなっているのだろうか?
研究室の水槽を孤独に泳いでいるのだろうか?
-
この質問に、「科学の将来のために保管されていますよ」とグリーンは応じた。
-
(COURRiER Japon)
-

「砂漠などで一時的に池や水たまりが形成された際、メダカがどこからともなく現れるように見えることもある。」
「鳥に食べられたメダカの卵が無傷の状態で鳥から排出されるという事実は、一見メダカがいるはずもない場所に生息する理由となるかもれない。」
鳥が水草と一緒にメダカの卵を食べて、移動して糞を出すと、移動するね。
-
ナナフシの卵も鳥によって移動して生息域を広げる。
うちの庭にもナナフシがいた時があったが、鳥と一緒に移動してきたのだろう。
-
他にもチャバネモリゴキブリやヤモリやキセルガイなどが突然庭に現れたが、鳥と一緒に移動してきた種もあるかもしれない。
-
追伸:
庭を散策して、西と東のビオトープの水面の落ち葉などゴミをゴミ拾いトングで拾った。
-
犬小屋のイシガメ・クサガメ・ペニンシュラクーターに餌をあげた。
-
バスタブの子亀たち(イシガメ・クサガメ・ウンキュウ)に餌をあげた。
-
西と東のビオトープのメダカ・ミナミヌマエビ・スジエビなどに餌をあげた。
-
追伸2:
今日、風呂に入りながら聴いたアルバム
「アルバート・コリンズ ベスト・オブ・テレキャスター・ブルース・ギター・マスター」。
-

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事