人生は修行だぁ〜

只今リハビリ奮闘中 <(`^´)>

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

なにげにニュースを見ていたら日産から新型バネットが出るって!
http://www.nissan.co.jp/NV200VANETTE/POINT/index.html

詳細を調べたら画像の様な積載寸法!
コレだったらフルサイズMXでも楽勝で積めるかも!?
問題は助手席後方に段差があるかどうか!!

ワンボックスって前席と後席の間にボディ強度を上げる為に
必ずと言っていいほど補強仕切りが付いてるしね〜
しかし、長モノは3ⅿまで助手席下のスペースに積めるらしいから
助手席取っ払えば積める可能性が出てくるんだけどナァー???

取り合えず確認の為に21日発表らしいからカタログだけ貰いに行こうかな!?

トランポって軽の箱バンじゃ積むのに苦労するし、
ハイエース系フルサイズじゃ重くて走んないしETC割引対象外だしね〜

新型バネットの他にイイ所は
5ナンバー
車重1.2トン
10.15モードで14キロ
コレは魅力的ですね〜

コレをポンと買える位に景気が早く良くならないかナァー (~_~;)

この記事に

開く コメント(5)

ネジ山修正

イメージ 1

現在使用している可倒式ミラーですがネジ山がバカになってて丁度イイ所で固定出来なくなっていました

こんなに大きなダイスを持っていないから三角ヤスリでチマチマとネジ山修正しました!
これでネジロック剤を併用すればチャンとイイ所で治まると思います

ヨソの国は知らないけど日本のネジ山は60度で彫ってあるので三角ヤスリも60度の三辺だからネジ山修正には丁度イイんです
ってコレって常識でしたか!?

昔、バイク屋でこの事を教えて貰った時は目からウロコがボロッと落ちました(笑)

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

先日の林道ツーリングの時、気温がいきなり30℃を超えていたから体が上手く温度調節が出来ず頭が痛くて若干の熱中症みたいな症状が出ました

チョクチョク停まって給水すれば血がドロドロにならずに済んだけど、
グループ行動してるから自分だけそんなに停まる訳にもならないし、
そこまで水分不足を感じなかったからほったらかしたのが要因でしょう

デイバッグだとイチイチ、バッグを降ろして
ペットボトルを出さなきゃいけないのもメンドクサイしぃ〜

そこで給水装置(ハイドレーションシステム)付のキャメルバッグや
FOXのオアシスパックやロープロパックを購入しようと調べたら結構イイ値段するし
給水装置だけのnalgene encapsulやシグボトル付給水ホースも結構イイ値段するので躊躇してしまいました
*クロスアップだと結構安く購入出来るんだけどね〜
http://shop.yumetenpo.jp/goods/goodsList.jsp?st=x-up.jp&category=1:7&action=category

自作してダメだったら買えばいいかと取りあえず作ってみました

材料は
・100均のシリコンストロー付ボトルキャップ ¥105
・100均の保温ボトルケース ¥105
・水槽用シリコンホース 2m ¥128
・ベビー、マグマグ用シリコンストロー ¥280

あとは500mlのスポーツドリンクのペットボトルで完成
ドコででも冷たいのを入手し易いし、使った後に洗う手間が無いのもイイしね!!

最初は逆止弁を付けて組んでみたけど、
飲み口がボトルより下がるとサイフォン効果で飲料が出っ放しになったので却下!!
間にナニも入れないストロー形状の方がバッグを降ろした時も飲料がこぼれないから使い勝手がイイ!

コレで使っててダメなようだったらチャンとしたモノを買えばイイしね!
600円位で済めば安上がりだし失敗しても痛くないしネェ〜 (-。-)y-゜゜゜

絶対に停まれないレースをやってる訳じゃないから
この程度でも充分コマメに水分補給出来ると思うので
もう血がドロドロになる事もないでしょう

追記
昨日300キロほど走ったら調子ついて3本も飲料を飲んじゃいました^^;
おしゃぶり形状なので口から離れ難いから、ついつい

走行時にもDリングホルダーからカンタンに口まで持ってこれたし、
トイレ休憩でもイチイチDayバッグを降ろさなくても飲料補給が出来るので◎でした!!

この記事に

開く コメント(13)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

先日、お散歩用ホイールに交換してから走行中に80k位からやたらと振動が出ていたけど原因不明で放置していました

ですが土曜朝に近場林道にお散歩に行った時に同行者から
「リアホイール凄くブレてますよ!」って教えてもらってようやく原因が判ったので以前自作した振れ取り台で修正しました

1ヶ所リム打ちで1ミリ位凹んでいたからソコは修正しきれないから無視
それでも何度かやり直ししながらなんとか適正範囲内に治まったのでヨシとします


組上げ後15年位経っていたからニップルが固着してたので浸透潤滑剤を吹き付けてから時間を置いて、+ドライバーでスポークの頭を叩いたら何とか全てのニップルが緩んだからヨカッタ!

今回は錆でニップルが回らなくなるのを防ぐ為にグリスを塗って組んだので多分緩み易いと思うけどその時は又調整すればイイか!

専用のスポークプレップってモノが有るからどうしてもダメな時はソレ使おうかな?
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/ws/prep15.html

この記事に

開く コメント(8)

CRMにETC

イメージ 1

今日から完全に地方高速道路、土日祭日一律1000円になりましたね

そうは言っても2輪用ETCは製造が間に合わなくて助成期間内に取付けれるか微妙な状況です
自分が住んでいるエリアでは1ヶ月の割り当て台数が20台とバイク屋の数より少ないから助成を受けるのはほぼ絶望的 (T_T)
まして一旦注文をして助成申請した後は助成が受けられなくても購入取付けしなければならないと言う、やらずぼったくりを強要されます

こんな非道理を受けるほど素直じゃないので対策をしてみました

要はETCゲートを通過出来ればイイだけなので車用を車載してみます

ウチには軽自動車が無いから普通車登録器を使います
今回の一律1000円の対象は二輪車・軽自動車・普通車だから料金的には問題ありません

まして普通車登録の車載器を使う訳ですから通常の料金区分では二輪車よりも高く支払う事になる訳ですから、よくある軽自動車登録車載器を大型車に使用する詐欺行為には当たりません
逆に高く支払った時は差額分返してと言いたい位(笑)

車載器を搭載するには電源が必要です
今回使用する車載器の電源規格は12−24V
CRMにはバッテリーがありません!!
(二輪用ETCの製造元はバッテリーレス車両は不可と言ってます)

電源をコンデンサーから取っても問題ありませんが配線がメンドクサイ
なので9Vの乾電池を直列に繋いで18Vを使用します
+−がホック式だから直列も嵌めるだけでカンタンです
あとはホック式の電源取出し線を半分に切って+−それぞれに付けてギボシで車載器と接続するだけ
こうしておけばいつでも車に戻せるしネ

あとは車載方法ですが100均で用意して420円
・MDケース
・まち付きファスナー式クリアケース
・配線用ベルクロバンド
・両面付マジックテープ

クリアケースの中に本体を入れてMDケースに入れます
MDケースのベルト通しがベルクロだからブレースバーに通して止めて
それだけだと走行中に風で動くから配線を束ねるベルクロバンドでハンドルホルダー部に固定

アンテナ部に両面付マジックテープを付けてライトカウルに取付けます

これでカンタンに取外せるからSA,PAでの休憩や高速道路を下りたらすぐにデイバッグに仕舞えます
ダート走行中は邪魔になるから外した方が気が楽だし

ちなみにアンテナ部は防水してありませんが濡れても多分大丈夫だと思ってます ^^;

とりあえずテストしてみて結果が良かったら海外遠征しようかナァー

追記 
昨夜の夢の中では
普通にゲート通過が出来て150キロでも飛んで逃げる事はありませんでした
(笑)

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(1)

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事