全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
                     ① でっち上げ診断書
 
弁護士と闘うです
私の元には弁護士の懲戒請求申立書がたくさん届きます
離婚事件、子供の面会交流調停では妻側の代理人弁護士が好き放題の虚偽報告をしてきます
民事や家事事件は常識はずれなことを代理人がやってきます。
多くの夫側や相手側は反論して、そんなことはやってないと否定すればいいことですが
簡単なことではありません。二弁の樋口明巳弁護士のように子供に殴られたような化粧をして
子供に対するDVの証拠だと出してくることもあります。
 
さて今回は弁護士と医師と妻子供に対する夫のDVをでっち上げました
診断書を偽造して出してきました
①の写真は12歳の子どもに対して父親から暴力をうけて不登校、心的外傷後ストレス障害という
診断書を××県立こども福祉医療センター小児科の医師が書いたものです
内容は、友達はいなくいじめを受けている1月から父親から暴力を受けて不登校になっている
暴力受けたことなどが、心の傷になりフラッシュバックを起こしている。単純な不登校ではなく心的
外傷がある不登校で父親の暴力と不登校、不安障害は因果関係があると考える
 
以上が最初に証拠して出してきた診断書である
だが、これは不可能である。なぜならば今妻と子二人は夫の暴力から逃れるという理由で東北にいる
この病院は茨城県にある。学校を休む必要がある。
 
そして、この妻が医師に求めた診断書の要請文
DVがもとで不登校、ひきこもりになったという診断書希望【母】
 
イメージ 2
                   ② 妻が医師に求めた診断書
 
夫は子供が学校を休んで病院に行っていないことを医師に追及した
そして医師法第20条というのがある
 
第20条 医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。
 
つまり子供を診察しないで妻の言い分で診断書を書いたのだ。これは医師法違反となる裁判の証拠として
提出したのだから他の罪にもなる可能性がある。妻や弁護士は県立病院の方がはくが付くと思ったのだろうが
県立の医師は公務員である、医師としては大変なことをしてしまった。医師免許が危なくなる
 
イメージ 3
                   
                  ③ 医師が2回目に書いた心的外傷ストレス障害   
 
医師は弁護士や妻からの要請で軽く書いたのだろうが夫側からの追及で
診断書を書きなおした
 診断書
診断・不登校 心的外傷後ストレス障害? ←?がついた
平成22年12月17日付けで発行した診断書について訂正と追加をする
平成22年9月6日に母親のみの受診で、本人は受診せず、その後、受診していない
母親から12月17日付けで9月の診察結果について、診断書を送ってほしいとの電話で依頼があった
母親の伝聞のみの情報であるが診断書として12月17日付けで診断した
しかし本人は受診していないこと母親からのみ伝聞によるため事実と違う可能性があるため客観的とは
いえない。前回の診断書は保留したい
本人が母親の言うように不安ふだったり。ストレス障害の状態だったのかについても本人の意見を
聞かないと何とも言えない。今後、本人の意見が聞くことが可能な場合は医師として意見を変更する
可能性が高い
             平成22年12月25日
                ×県立こども福祉医療センター小児科(神経小児科)
                                   医師の名前  印
 
弁護士や妻からの要請で書いた診断書だが医師法違反で自分のクビも危ないと
すぐに白状してしまった。また小学校の先生までがこの医師に母親の希望通りの診断書を書くように
医師に手紙を出している。この教師も馬鹿だ。出席簿を見れば受診した日に学校を休んだかどうか
分かるだろう
多くのDVでっちあげが今、行われています
裁判では医師の診断書も多く出されています。
弁護士はありとあらゆる方法を使います。これで医師はクビ、教師も地位が危なくなった
ウソついて証拠作ってもどっかでバレルのですよ
 
この被害者さんは自分のパソコンに偽ラブメールを送られ、返信までしたという被害者さんと同じです
 
ここまでやらねばアカンのでしょうかね
なおこの懲戒請求を出されている弁護士は八戸市の法律事務所です
 
 
 

転載元転載元: 弁護士と闘う

閉じる コメント(2)

顔アイコン

二弁の樋口明巳弁護士が子供の顔に殴られたような化粧をして
証拠として出したとありますが
そんなことを弁護士がするのでしょうか
でっちあげの証拠を樋口明巳弁護士が出したということしょうか

2011/10/12(水) 午後 9:05 [ - ] 返信する

iityanさんこんにちは。

その通りです。
準備書面には「子供がパパに殴られた」と証言したと。
長男がいましたが「僕は寝ていてわからない」といったと。


私はベッドから落ちたものだと主張。
樋口は「ベッドから落ちたらこんな傷はできない」(できるわけありません。樋口らが捏造したのですから)
また、樋口らは、私と子供2人で泊まっていたと思っていたのですが、実は死んだ母の姉(伯母)も一緒に泊まっていたのです。(翌日身内の結婚式であったため)
その伯母は元国立病院の総婦長。
「怪我(実際には唇の端がちょっと膨れた程度)はベッドから落ちたもので、殴ったものではない。こんな傷があったら私が手当している」と陳述書を提出。

子供は「パパ、僕そんな事言ってないよ」と言いましたが、それについての反論は?

その後、子供とは遊びに行っていました。私が本当に殴っていたら子供も私とは出かけないでしょうし、母親も出さないでしようが、それについてはどうお答えになりますか。

2011/10/13(木) 午前 0:41 [ 西向く侍 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事