全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

久しぶりに ケータイ投稿記事

明日から3日間17日まで京都へ行ってきます。

本来なら子供達を連れて行きたいところですが、毎月2回の面接も2年8ヶ月履行されていないのに付け加えて、毎年夏と冬の一泊旅行も履行されていません。

ある弁護士は「面接が上手くゆくように願ってます」などと言いますが、今までの発言や書面などから嘘だということはお読みになられた方は分かると思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 
 
  弁護士が法テラスとNPO法人を抱きこんだ離婚ビジネスの構図
 
先日兵庫県弁護士会の弁護士が詐欺等で刑事告訴され、提出を受け県警は告訴告発状を受理しました。
本来はDVに会っている気の毒な女性のためにあるNPO法人
本来は経済的に貧しい人のためにある法テラス
これを不正利用したのが弁護士です
そしてここでは夫をDVでっち上げにするという証拠もないことを有力な
証拠として偽造するのもNPO法人の役目となっています
気の毒な女性のために作られた組織を悪用する弁護士は許せません
法テラスやNPO法人まで自分の金儲けに利用するのです
 
① 離婚などで相談したい女性は各地の女性センターや法テラスに行きます
      ↓
② 法テラスでは提携しているNPO法人を紹介します
      ↓
③ 女性は法テラスが紹介するNPO法人に行きます
      ↓
④ NPOは女性の相談を受けます。預金があれば解約させます
      (法テラスの法律扶助の基準に満たすように)
      ↓   
⑤ NPOは女性に子供を連れて来いといいます
     (今の日本では先にさらった方が親権を取れます)
      ↓
⑥ NPOから法テラスの弁護士のところに行かせ法テラスの法律扶助付の
  委任契約を結びます
      ↓
⑦ NPOの用意したシェルターに連れていかれます
     (この時には夫がDV加害者であるというストーリーができています
      夫の暴力から逃れたという事実が必要です)
       ↓
⑧ NPOが用意したシェルターを遠方に移動させま
     (NPOも連携しています。シェルターや付添いは有料です)
        ↓
⑨ 法テラスで受任した弁護士が離婚調停などを始めます
   妻はDVの被害者であり今は避難している。子供の親権、養育費
   慰謝料を妻にと求めます。家裁は半年も逃げているならと妻側の
   主張に沿った方向で和解にしていきます
        ↓
⑩ DVでっち上げられて夫は子供に会えるならと離婚に応じます
        ↓
⑪ 調停や裁判終了後、妻や弁護士は夫に子供を会す約束は守りません
  子供が父親に会うとDVでっち上げがバレルからです
 
以上のような構図で妻も夫もベルトコンベアーに運ばれて離婚になります
相手の人権や子供が父親に会いたいという気持ちさえ無視するのは
ほんとうの人権団体、女性団体ではないでしょう
 
重要なことは
① 法テラスの弁護士とNPO法人の理事である弁護士は同じ弁護士である
  NPO法人をうまく利用している弁護士がいる 
② 法テラスはNPO法人と提携しているというが預金解約させたり法テラスの
  基準を満たすために詐欺的行為を知っていたのかどうか
 
つまり法テラスは弁護士らと組んで多くのDVでっち上げ被害者や法テラスの
悪用を知っていたかどうか、
法テラスは被害者の立場なのか共同正犯なのかです
 
私らが兵庫県法テラスで調査した時にはNPO法人とは提携していると
はっきり言いました。そしてビラを見せてくれましたがそこにはNPO法人の
住所が書いてないではないかと法テラスに言うと、住所を書けば夫が妻や
子どもを取りにくるからだと言いました。法テラスは知っているのです。
また、事件を受任した書類を見せてくれと法テラスの幹部職員に言うと
法テラスが受任した書類は1年で溶解した。つまり焼却処分したとも言いました
 
さて、国の機関である法テラスが不正に加担したとは言いませんが現在
東京の本部にも調査依頼を出しました。そして法務省にも事実経過を報告
してあります
 
何度も言いますが
本来、DVで悩んでいる女性を助けるのが法テラスやNPO法人そして弁護士
の仕事ではないのか
しかしそれを金儲けシステムにして夫DVでっち上げで悪用して多くの
子供に会えない父親(母親)を産み出しているのが法テラスの弁護士の
実態ではないか
 
 
      イメージ 2
 
    兵庫県法テラスの相談席にある。NPO法人の案内書
 
イメージ 3
 
       

転載元転載元: 弁護士と闘う

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

-----Original Message-----
From: 樋口 明巳 [mailto:higuchi@kasuga-]
Sent: Monday, October 02, 2006 12:34 PM
To: T
Subject: お子さんとの面接ほかの件

T 様

こんにちは。弁護士の樋口です。

先日来、TさんがAさんとの離婚につき弁護士に依頼するとのことでしたが、いまだに連絡がありませんのでTさんが委任された弁護士に、当方へ連絡するようお伝えください。ないしは、委任された弁護士の方のご連絡先を教えていただければ当方から連絡しますので、ご連絡先を教えてください。

また、Tさんは、養育費を含む婚姻費用を一切支払っていないにもかかわらず、お子さんとの面接を継続されているようですが養育費をお支払いいただけない以上は、今後、一切のお子さんとの面接を拒絶いたしますのでその旨、ご連絡します。養育費は親として最低限の義務であるのに、それを履行せず子供にだけ会いたいと、権利主張することは許されません。
なお、Tさんの年収は、総収入(税込み)で1000万円を下らないと聞いており、Tさんは100万円と聞いていますのでお子さん2人の婚姻費用は月額20万円です。

以上、ご質問がございましたらば当方までご連絡ください。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
弁護士法人かすが総合
 弁護士 樋口明巳
東京都中央区銀座6丁目*番*号 ダヴィンチ銀座*階
TEL:03-3571-****(代) FAX:03-3571-****
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



※弁護士法人かすが総合はもうありません。弁護士法人かすが総合は法人として懲戒処分(業務停止)を受け、解散しました。詳しくは、こちらをご覧ください。

※なぜ相手側弁護士が「今後、一切のお子さんとの面接を拒絶いたしますのでその旨、ご連絡します。」 と決められるのでしょうか?私の人権は何処にあるのでしょうか?

※私は離婚するなどと言ってません。それどころか、書面で「離婚するつもりはありません」と伝えてますよ。なんで、離婚方向に話を持ってゆくのでしょうか?

※養育費は払ってました。
※現在、相手側弁護士のおっしゃるとおり
「親として最低限の義務である養育費」払っていますよ。
なぜ子供に会えないのですか?

※自分たちの権利ばかり主張しないで、義務も果たしたらどうですか?
07:57 に電話がありました。また今回も体調不良でした。
あまり詳しく書くとそれを口封じしますので書きません。
かいつまんで言います。

長男「3・4・5 日に熱が出てまだ調子が悪くて、ヒー(次男)は、11・12 日に熱がでたからいけない」
次男「11・12・13 日に熱が出たからいけない」
(次男との会話の途中で(私)「あれ?いつ風邪ひいたんだっけ?」 次男「えーっと、いつって言ったんだっけ」だって。


今、夏休みです。上記体調不良だと夏休みにも拘らず、子供たちは遊びにも行けません。
塾は行っているようです。


元妻の近所の方が電話かけてきて教えてくれます。
「大きくなったよ」と。
そしてその他、元妻の行動、その親の状況等。
私「月二回、第二、第四日曜日になると風邪ひいた等で二年七ヶ月会ってません。」
近所の方「元気に遊んでるよ」

上の子は小学校六年生、下の子は三年生ですが、自宅にはPCがないとのことです。
テレビゲームはあるそうです。

面接はできなくても毎月養育費は振り込んでいます。
ある弁護士は「面接が実行されるよう望んでます」と言いました。具体的にこんな方法はどうですかと案も出してくれました。しかし、未だに実行してくれません。
「上手くいった」とほくそ笑んでるでしょう。
会わせない理由に養育費をとめれば、「子供が会いたくないといった。体調不良だ。養育費を払わなければ会わせない」と言うでしょう。
でも子供たちにはPCもありません。
母親の遊興費に消えているかもしれません。

元妻は子供を母親に預け近所の飲み屋で遊んでいるのを頻繁に目撃されてます。(元妻の近所の方が教えてくれます)
弁護士先生、こんな状況は母親として当然だと思われますか。
あなたは、私のことを散々批判しましたよね。
弁護士先生、「私は、あなた(私)の代理人のように裁判が終わったからといって後は知りません。と言うことはしません」と何かに書きましたよね。


家庭裁判所裁判官、調査官、東京地裁の判事さん。あなた達の言うこと聞いて和解したためにこんな状況が続いています。
東京地裁の田口裁判官。「事細かく決めれば会わせない訳にいかないから。」と私に和解を勧めましたよね。
ところがこんな状態です。
会わせなくてもお咎めなしって分かってましたよね。
裁判所は国民をだますのですか。

その時点では離婚していないわけですから、「会う権利」があるわけですが、会わせない違法行為を擁護し私の権利は無視したのですよ。裁判所は人権を無視するのですか。


開く コメント(4)

夏休みか…本来なら子供達に色々な経験をさせてやれるのに。子供達も色々な経験ができるのに。意図的な離婚ビジネスのためにそれも叶わず。和解条件の旅行も3年履行されていませんよ。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事