全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
08:16 長男から電話があり。
「◯◯(次男)が風邪をひいてそれが移って、37度くらい熱がでたから行かない。」でした。

二年半面接日の度に、病気を理由に面接させない。
(数回は放射線や何やらで理由を変えた時もありましたが)でも養育費はキッチリ貰う。

外国人の皆さん、これが離婚した後の日本人女性の姿です。また、これには大きく弁護士が関与しているのです。
子供の発言で、裁判中主張した事に矛盾が生じるからです。

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   共同親権運動ネットワーク(kネット) メールニュース
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
◆  No.48  ◆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
このメールニュースは、主に共同親権運動、親子引き離し問題
についての情報を発信するものです。 2011年6月3日  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■今号のトピックス
0.前号の訂正「田中孝文裁判官」→「西村秀樹裁判官」
1.おかしいぞ毎日新聞
2.地方紙各社の論説

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

0.前号の訂正「田中孝文裁判官」→「西村秀樹裁判官」

前号47号「2.とんでもな裁判官をどんどん紹介」
のコーナーの(1)「釧路家庭裁判所帯広支部・田中孝文裁判官」
は、「西村秀樹裁判官」の誤りでした。

訂正してお詫びいたします。
田中孝文さんは書記官です。
田中書記官には謹んでお詫び申し上げます。

本文は以下のように訂正いたします。

【ここから】

1月19日の決定で、「西村」裁判官は
Kさんが元妻との7歳の息子、元々妻との11歳の娘との
2件の面会交流(養育計画調停を立てた)を求めていた審判で、
Kさんが求めていた隔週2泊3日の頻度に対し、
以前から審判が下っていたが履行されていなかった
月1回の交流で父子の交流に問題がないとしました。
この際、Kさんの現在の妻との間の子ども(1ヶ月)と現妻について
「西村」裁判官は、現妻と現在の妻との間の子どもにも
会わせないようにするべきという内容まで含まれていました。

一方8年以上会えていない11歳の娘については、
再婚した元々妻は、娘は養父の事を本当の父親だと思っていて
Kさんの存在を知らないので
事実を知れば混乱するので会わせられないと主張しました。
(Kさんが元々妻と会い娘の話をした時、
娘はKさんのことを覚えているが
6年生位になったら父親と会いたいと言ってくると思うので
それまで会うのを待って欲しいといわれていた)
家裁は娘との面会交流の申し立てを認めませんでした。

Kさんは即時抗告しましたが、
内容は一審と変わりませんでした。

【ここまで】

なお札幌高裁の担当裁判官は、井上哲男、中島栄、中川博文の
各裁判官です。

┏┏┳───────────────────────────────
┣☆┫1.おかしいぞ毎日新聞
┗┛┻───────────────────────────────

政府のハーグ条約加盟方針を受け、
各社が論説を発表しています。
この中で毎日新聞は「記者の目」のコーナーで反橋希美記者が自説を
公表しています。

http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20110602ddm004070009000c.html

反橋記者は、「加盟はベター」としつつも性的虐待の事例などを挙げ
条約加盟への懸念を表明しています。
懸念は懸念として受け止めるべきと思います。
他方、家庭内暴力の問題と子の奪取と拘束の問題は
分けて考えるべきですが、この点について
海外での面会交流や共同養育の運用の実態などをあいまいにしたまま
日本国内での懸念ばかりを報じるのは記者の姿勢としてフェアでは
ありません。

たとえば、アメリカにおいても非和解的になった夫婦のうちの一方が、
子どもを連れて家を出ることは当然にしてあります。
日本のように母親が実家に戻ることだってあります。
その場合、養育権のある一方の親の同意なく子どもを連れて行った親が、
2ヶ月なら2ヶ月以内(州によって期間はさまざま)に
面会交流の取り決めをするという申し出を関係機関
(裁判所や女性相談等さまざまにある)にしなければ、
刑事訴追の可能性があります。
暴力の被害があれば、別の手続きになります。

フランスなら、2週間以上の面会拒否は軽犯罪法で対処されます。
子どもを連れ去って親に会わせないというのは、
通常誘拐と呼びますが、それは家族や親であっても許されない
という考えです。

また
この記事には基本的な条約の認識に対する誤りがあります。

反橋記者は、条約について
「条約は、離婚などで一方の親に無断で子が国外に連れ出された場合、
子を元の居住国に戻して扱いを決めるものだ。」
と述べていますが、この説明は意図的な情報操作です。
でなければ勉強不足です。

条約は、「不法」に子どもが国外に連れ出された場合、
子を元の居住国に戻して扱いを決めるというものです。
「無断に」ではありません。

「子の『不法』な連れ去り又は拘束から生ずる有害な結果から
子を国際的に保護すること、
その常居所地国への迅速な返還を保障する手続きを確立すること
及び面接交渉権の保護を確保することを希望して」
と前文に明記されています。

つまり、ハーグ条約に該当する親はすべて元の国で
不法行為を働いた人です。
もちろん、その方にも事情はあって
相手方にはいい人もそうでない人もいるでしょうが
法を犯したからこそ、条約という法の枠組みに引っかかるのです。

「さらに、母が相手国で誘拐罪に問われているケースもある」
という反橋記者のコメントは不法行為をされた相手方からの
申し立てがあれば、当たり前のことです。

条約加盟時の論点は、
監護権者に無断で子どもを連れ去りそして会わせない
ことを「不法」とするか否かです。

文言を置き換えて議論をすり替え、
「別居親=悪・加害者、同居親=善・被害者」という
ステレオタイプな見方を前提に親子関係を考えるような議論は
そろそろ終わらせるべきだと思います。

日本でも離婚前の共同親権時に子どもが連れ去られます。
そのことは居所指定権の侵害という点で、
海外と同様現行法上も不法行為ですが、そのことについて、
日本の法律家たちは「親がやることだからいいんじゃない」という程度の
認識で法を無視して親子を引き離してきました。

法ですべてが解決するわけではありませんし
共同親権になっても解決しない部分はあるでしょう。
しかし、現在の連れ去って会わせないことが正義という
異常な国内の実態に政府が気づいたなら、
答えは法を変えるしかありません。

┏┏┳───────────────────────────────
┣☆┫2.地方紙各社の論説
┗┛┻───────────────────────────────

各社論説を出していますが
加盟でどういう点が変わるのか、
何が解決できるのかという積極的な議論を提起してほしいものです。

■徳島新聞5月22日
「ハーグ条約加盟 国内法の整備に万全期せ」
http://www.topics.or.jp/editorial/news/2011/05/news_130602682261.html

あたりあさわりのない記事です。

■北海道新聞5月29日
「ハーグ条約 国際離婚の子を守ろう」
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/295619.html

「大人の都合で、子供が父母双方と自由に面会できない事態は解消すべきだ。加盟自体は妥当な判断ではないか。 」と条約加盟を評価する一方、
「元夫の家庭内暴力から自分や子供を守るために、
日本に帰国した女性が少なからずいることだ。」
と述べています。数の大小は被害者保護の観点から関係ありませんが、
「少なからずいる」と判断する根拠を示して欲しいです。

■福井新聞5月31日
「ハーグ条約加盟 当事者不安に配慮求める」
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/28395.html

懸念ばかりの後ろ向きの記事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールは、ホームページで購読申込みされた方、
kネットにお問い合せいただいた方、名刺交換をさせていただいた方、
kネットメンバーと交流をいただいている方、
kネットのセミナーに参加された方、
お世話になっている方にお送りしています。
送付が不要な方はお知らせください。

■ 編集部より
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
家裁についての正しい情報のはずがまちがっていて、すいません。
(家裁監視団)

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*


┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛ ┛┛
■ メルマガ発行元
共同親権運動ネットワーク
〒186−0004 東京都国立市東3-17-11.B-202
TEL 03-6226-5419(代表)
FAX 03-6226-5424 
mail:info@kyodosinken.com
代表 植野 史
詳しくはWebで! ⇒⇒⇒ http://kyodosinken.com/
法制化ニュースはこちら ⇒⇒⇒ http://kyodosinken-news.com/
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□■   共同親権運動ネットワーク(kネット) メールニュース
□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
◆  No.47  ◆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
このメールニュースは、主に共同親権運動、親子引き離し問題
についての情報を発信するものです。 2011年6月2日  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■今号のトピックス
1.Iさん親子の関係を絶った藤倉徹也裁判官への抗議声明
2.とんでもな裁判官をどんどん紹介

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


┏┏┳───────────────────────────────
┣☆┫1.Iさん親子の関係を絶った藤倉徹也裁判官への抗議声明
┗┛┻───────────────────────────────


kネットでは、Iさん親子の交流を絶った藤倉徹也裁判官に対し、
抗議声明を出しました。
いまだに家裁における親子交流断絶が横行しています。


→抗議先はこちら

■熱海出張所(決定の出た裁判所)
TEL 0557-81-2989
FAX 0557-81-3021

■下田支部(藤倉裁判官の所属先)
TEL 0558-22-0161
FAX 0558-27-1138


〈Iさん親子の関係を絶った藤倉徹也裁判官への抗議声明〉

2011年5月31日
共同親権運動ネットワーク

2011年5月18日、まだ見ぬ我が子との交流を求めた審判において、
静岡家裁下田支部の藤倉徹也裁判官は、Iさんに対し、
年3回の写真送付しか認めないという審判を行いました。
私たちはこの決定に対して強く抗議します。
裁判所が子どもを育てるわけでもないにもかかわらず、
会わせるかどうかなどと親でもないのに決めるなど、
越権行為も甚だしいことです。

Iさんは、子どもが生まれる前に婚約を破棄されたため、
1歳6ヶ月になる息子の姿を未だ知りません。
写真だけでは、単なる一方的なお知らせであって面会交流とはいいません。
相手方からからDVや虐待などの主張があったわけでもなく、
Iさんは自分の子どもに会いたいと願っているだけです。
この審判によって親子の断絶がさらに続くことになりました。
Iさんは状況改善に向けて、試行面接も要請したにもかかわらず、
一顧だにされませんでした。
その理由についても一切述べられていません。

4月26日には、衆議院法務委員会にて民法766条改正案である、
親子交流の明文化を盛り込んだ案が全会一致で可決されました。
また付帯決議において、親子交流の明文化の趣旨にのっとり、
家庭裁判所においても第三者機関の関与の便宜などを含めて
交流をさせるよう決議されました。
このような決議を知っていて、審判を下したのであれば、
法以前に一般人の感覚から著しく逸脱していると思いますし、
知らずに判決を下したのであれば、
これまた裁判官としての資質を疑うべき不勉強という他ありません。

子どもに会えないつらさは、体験したものでないとわかりません。
すべてをわかってほしいとは私たちは言いませんが、
理解しようとする気持ちや努力が親子問題を扱う家庭裁判所の
裁判官の資質として必要だと思います。

Iさんは抗告しました。
静岡家裁はそれ以前にこの決定をすぐに取り消し、
藤倉徹也裁判官は、Iさん親子の関係を不当に妨害したことについて
謝罪してください。


┏┏┳───────────────────────────────
┣☆┫2.とんでもな裁判官をどんどん紹介
┗┛┻───────────────────────────────


(1)「ステップファミリーの家裁での扱い」
釧路家庭裁判所帯広支部・田中孝文裁判官

1月19日の決定で、田中裁判官は
Kさんが元妻との7歳の息子、元々妻との11歳の娘との
2件の面会交流(養育計画調停を立てた)を求めていた審判で、
Kさんが求めていた隔週2泊3日の頻度に対し、
以前から審判が下っていたが履行されていなかった
月1回の交流で父子の交流に問題がないとしました。
この際、Kさんの現在の妻との間の子ども(1ヶ月)と現妻について
田中裁判官は、現妻と現在の妻との間の子どもにも
会わせないようにするべきという内容まで含まれていました。

一方8年以上会えていない11歳の娘については、
再婚した元々妻は、娘は養父の事を本当の父親だと思っていて
Kさんの存在を知らないので
事実を知れば混乱するので会わせられないと主張しました。
(Kさんが元々妻と会い娘の話をした時、
娘はKさんのことを覚えているが
6年生位になったら父親と会いたいと言ってくると思うので
それまで会うのを待って欲しいといわれていた)
家裁は娘との面会交流の申し立てを認めませんでした。

Kさんは即時抗告しましたが、
内容は一審と変わりませんでした。

この審判では、
父親や兄弟それぞれの心情をまったく考慮せず
親の別れが親子の別れになる現在の親権制度の
欠陥が如実に反映されています。
現在の制度の中では、再婚家庭の増加とともに
このような悲劇も日々発生しているはずです。

(2)「連れ去りの撤回を別居親に求める」
千葉家裁松戸支部・若林辰繁裁判官

昨年Yさんは、妻に子どもを連れ去られ、その後家裁で調停になりました。
家裁ではYさんは若林裁判官に以下のように言われました。

「あなたは連れ去り、連れ去りというけど、
連れ去りではない可能性もあります。
以前の裁判で、当初は子どもを連れ去られたと主張していた者が、
やはり連れ去りではなかった
と主張を撤回した例もあります」

Yさんは「定義の仕方にもよるかもしれませんが、
連れ去りを『一方の親の同意なく子の居所を移動すること』だとすれば、
連れ去りの主張を撤回することなどありえません。
裁判中に、私が妻による連れ去りに同意していたことに
『気付く』ことがあるとでも言いたいのですか?」と反論すると、
若林裁判官は話題を変えました。

仮にそのようなことが生じるなら、
「虚偽の自白の強要」に当たったかもしれません。

なおこの裁判官は過去、ペットボトルを投げつけられた裁判官として、
朝日新聞他で紹介されています。

http://kyodosinken.com/2010/09/11/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%
B0%E8%81%9E%E3%80%8C%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98%E3%81%AB%E3%
83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E6%8A%95%
E3%81%92%E3%81%A4%E3%81%91%E3%82%8B%E3%80%8D/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールは、ホームページで購読申込みされた方、
kネットにお問い合せいただいた方、名刺交換をさせていただいた方、
kネットメンバーと交流をいただいている方、
kネットのセミナーに参加された方、
お世話になっている方にお送りしています。
送付が不要な方はお知らせください。

■ 編集部より
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
とんでもな裁判官の情報、どんどんお寄せ下さい。
待ってます。
(家裁監視団)

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*


┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛ ┛┛
■ メルマガ発行元
共同親権運動ネットワーク
〒186−0004 東京都国立市東3-17-11.B-202
TEL 03-6226-5419(代表)
FAX 03-6226-5424 
mail:info@kyodosinken.com
代表 植野 史
詳しくはWebで! ⇒⇒⇒ http://kyodosinken.com/
法制化ニュースはこちら ⇒⇒⇒ http://kyodosinken-news.com/
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3/27 の面接日 ケータイ投稿記事

長男「パパ、学校の先生が、放射能が出てるから家からでちゃダメだって言ったから今日は会わない。」
私「学校の先生が言ったの?」
長男「 … 」
私「先生に聞いていい?」
長男「 … 」

言わせられてるのはわかりました。長男が可哀想ですからそれ以上は聞きませんでした。

子供等は埼玉県です。
本当に学校の教師が言ったのなら、問題だと思いますが如何でしょうか。
長男の口ごもり方から言わせられたと推測します。

面接をさせない理由に放射能を利用するとは、原発被害に会われている方に対して失礼ではないでしょうか。

しかも状況は悪化しているにもかかわらず、ゴールデンウイークには家族で外出するとは、話が矛盾しているのではないでしょうか。

匿名で明日、学校に確認しようと思いますが、如何でしょうか。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

共同親権問題、親子引き離し問題で闘っていらっしゃる、後藤富士子弁護士の再生リスト作りました。
http://www.youtube.com/playlist?p=PL59400FB6DD319E5E

金のために証拠を捏造し、言い掛かりをつけ、DVをでっち上げ、親子を引き離し、面接妨害に加担する、どこかの「アホ弁」とは相反するお考えです。

方や自分の欲望のため、方や子供(他人の)子供のため。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事