院長のネタバレなし映画鑑賞記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
音楽にこだわったハチャメチャSFアクション・第2弾
【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシ―・リミックス】みてきました。


マーベル作品に外れなし!前作と変わらないパワーあふれる展開。
ドラマ、笑い、アクションのバランスが絶妙にとれた快作でした。



出演陣も最近のマーベルの快進撃を表すように豪華!
カート・ラッセルはワイルドスピードにも出ていましたが最近娯楽大作に立て続けに出演してますね。
なにか期するものがあったのかな??

そしてちょい役ながら映画ファンなら誰もが知ってる大物俳優も出演。
僕はこの人の大ファンなのでえええ?っとめちゃテンションがあがりました。
これは見てのお楽しみ。

1から続くドラマ性がかなり高いので1をもう一度みてから鑑賞をおススメします。
それにしてもワイルドスピードの時も思いましたが、敵役との共闘シーンって少年漫画だとありがちなのですが実写映画にした場合なんでここまで胸が熱くなるのか不思議です。

さらなる続編もすでに決定。
アベンジャーズのキャラの名前もでている事からアベンジャーズシリーズとも恐らくかかわってくるでしょう。この先も目が離せませんね〜。
暑い季節にみるのにぴったりの爽快な作品です。

小学生並みのお下劣ギャグも多くあるのと、アメコミマニアしかわからないような?シーンがあるのがマイナス点要素。10点中9点!!!!!
ワイルドスピードも8作目を迎えました。
シリーズ最終章の3部作・第1作目となります。


そんなに車に興味のない僕にとっては、車のアクション映画がどうしてこんなに長く続いているんだろうと不思議に思っており、魅力的にも思えず、7までは全くのスルー。最近まとめてシリーズを家でみてカーアクションだけではない高い娯楽性に驚きました。
劇場へ足を運んだのは今回初めてとなります。




激アツ!
ジャンプ世代の僕としてはこのシリーズを通して描かれる敵が味方になり、さらなる強大な敵に立ち向かうというこのシリーズのストーリーは胸をわしづかみにされます。
そして魅力的なキャラクター達!
さらにこのシリーズ。どの作品も後味が実にさわやか。見終わった後の心地よい余韻も群を抜いていると思います。今回もそれは健在♪



7までの主人公正統派イケメン・ブライアンがいなくなってしまった事により、僕みたいなハゲた親父ばかりがわんさかでてくる映画になっておりやや女性ファンが離れるのではないかとの心配もありますが、シリーズファンは今回も大興奮間違いなしの一作でしょう!
ただ今作から見始める人は???な要素が多く、シリーズを通してみている人の半分ぐらいしか楽しめないと思います。ぜひぜひシリーズを一度通してみてからご覧ください!
1245637の順番で見る事をおススメします。

シリーズを通してみてみないと面白さはやや減ると思うので
個人的満足度は10点中9点です。
シリーズファンは10点中10点を軽く超えて20点ぐらいの作品でしょう。




キングコングみてきました!
髑髏島の巨神というタイトルからもおわかりいただけるように、ロマンチックなムードや大人な雰囲気は全くなく、男性しか大喜びしないであろうど直球の怪獣映画でした。



最近の映画はまず1人1人の人物にスポットを当てて何作か映画を作り、やがてその主人公たちが一同に集まる映画が制作されるというシステムが流行りになってきています。
主人公たちが集まるまでのゴールに行きつくまでには5〜10年かかるのですが、見ている方も見ごたえが通常の映画より何倍もあるのと、他の主人公の単体の映画を見たくなったりして新たなファンも獲得しやすい利点があると思います。
それを僕は★アベンジャーズ商法★と呼んでいますが、このキングコングもずばりそのシステムにのっとった映画です。数年前にハリウッド版ゴジラが公開されましたが、実はそれが第1弾。今回の第2弾がこのキングコング。この先はハリウッド版ゴジラ2が制作され、そこでモスラなども登場予定。そしてゴールはゴジラVSキングコングとなるはずです。怪獣版アベンジャーズともいうべきこのシリーズ!僕はめちゃ楽しみにしています。
アベンジャーズ商法映画につきもののエンドクレジット後の次回作へのつなぎがあるのでそれも見忘れないように〜。

個人的満足度 100点中90点。


 前作の3はコケたみたいですけど見ていません。売り文句が密林のアクションだったと思うのですが、相棒にアクションは求めてないけどなあと思ってスルーしました。
実は相棒そのものもここ数年遠ざかっていました。
...
劇場版が本編に関わってくるのも相棒の面白さだと思いますが、劇場版2が本編にあまりにも大きな影響を与えるラストで劇場版を見てない人がドラマだけ見ると、え?なんでこんな事になってるのというくらい衝撃の展開でそれを見た時、面白かったけど衝撃すぎてその後のドラマの展開がその衝撃をこえられなくて遠ざかってしまいました。
それ一本の作品ならそれでよかったと思いますがこれからもずっと続いていく作品ではやりすぎはよくないのかなとも感じましたね。
そこで久しぶりの相棒。



僕が見ていた時は及川光博さんだったのですが、代替わりしていつの間にやら反町隆史さんに。面白かったです。相棒といえば重厚で奥深いドラマがウリでしょうがまさしく相棒を見せてもらったという感じ。反町さんがめちゃめちゃハマっているなと思いました。この劇場版を見て現在もやっているドラマもまた見始めました。みていなかった数年分の相棒もこの機会に見直してみようと思います。

 個人的満足度100点中100点!
映画レビュー・アクション映画として10年に一度の一本!
【トリプルX・再起動】
トリプルX見に行ってきました。
シリーズ第3作目。1作目が公開されたのは15年前。劇場に見に行った覚えがあるのですがあまりパッとしなかった思い出があります。その後それなりにヒットしたのか続編も作られました。しかし主役の交代などで続編はいつ公開されていたのかもわからないくらい。そのままシリーズは終了になるかと思われたのですが・・・・1作目の主役をつとめたヴィン・ディーゼルが再び主役に返り咲きまさかのシリーズ再開!!...
ワイルドスピードシリーズなどで1作目効果時はほぼ無名だったディーゼルがスターになった事もあるのかな??



ストーリーは衛星を落とす凄い機械の争奪戦でトリプルXというスパイチーム・・・隠密行動する気が全くないのでスパイという設定ではありますが軍団といった方がいいかもしれませんが・・が大暴れ!みたいな感じです。
これが前作までとは次元の違う面白さになってました!!!
みていて思ったのですが・・これは・・ストーリーは全く能天気になっているけど人間版アベンジャーズ・・!!
もうとにかく全てがカッコいい。特にスター・ウォーズなどにも出演して最近よくみかけるドニー・イェンがめちゃめちゃカッコよかったです。スター・ウォーズなどでは老け顔のおじさんっていう感じで魅力は感じなかったのですが、この人こんなにカッコよかったんですね!
でてくるキャラ達もみなそれぞれが見せ場が用意されていちいちカッコいい。
女性キャラもここまでカッコよく感じた事ははじめてかもしれない。
さらには大コケしたと思われる前作のトリプルX2もなかった事にするのではなくて、むくわれる粋な演出も冴えわたりアクション映画の真髄ここにありという傑作に。
鑑賞後、即1、2作目を購入までしちゃいました。
僕のなかではアクション映画としてここ10年で最高の1本。
ワイルドスピードと同じくヴィン・ディーゼルが制作にも関わっているのでしょうか?ラストはワイルドスピードを彷彿とさせる展開になっておりシリーズ化満々といった意気込みも感じられ非常に楽しみですね。
ストーリーのマイナスがあってもアクションだけで
個人的満足度は
100点中100点満点!!
理屈抜きでアクション映画を楽しめる方は迷わず劇場へGOです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事