院長のネタバレなし映画鑑賞記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
モンスター・ユニバース第3弾!
【ゴジラ・キング・オブ・モンスターズ】見に行ってきました。
2014年に公開されたハリウッド版・ゴジラの続編、2017年に公開されたキングコング・髑髏島の巨神とも世界を共有するという作品になります。
前作で怪獣は地球上にいるという前提から始まるのでのっけから飛ばしまくり!

 
 
 
公開前に人間ドラマが薄くて怪獣プロレスメイン・・みたいな事を言われていましたが、いやいやむしろそれは好材料だろと思っていましたが、まさにその通り。
茶番劇の人間ドラマは添え物程度でハリウッドがその最新の映像技術を渾身の力を使って地球最強の怪獣王を決めるゴジラ・キングギドラ・ラドン・モスラの頂上決戦をほぼ全編に渡って描きだしています。
中盤に関しては息継ぎの時間くれと思うくらいの激闘!激闘!!激闘!!!
唯一の不満は暗い時間のバトルが多いぐらいかな。まあこんなに出し尽くして次作のVSコングは大丈夫なのかと思うくらいだったので、明るい所でのバトルは次回の楽しみという事で。
個人的満足度は10点中10点満点!!
2020年に小栗旬さんも出演のモンスター・ユニバース第4弾。ゴジラVSコングも撮影がすでに始まっています。
 
 
しかし・・・しかしですね。
僕この映画、女性と見に行ったんですが、鑑賞後・・・僕大興奮冷めやらぬ中、女性は映画の上映中、南極ツアーに行ってたのかというくらいむっちゃ冷えてました(笑)ゴジラのあの勇壮さ!ラドンと人類の空中戦!モスラの神々しさ!ハリウッドが渾身の力を注いで描いたVSキングギドラ戦のロマンが熱さがわからんのかい!と心の中で叫びましたが、その後、別の女性で【コンフィデンスマンSP】が見たかったのに、男性に連れられてゴジラを見に行ったという方とお話しした所・・・・男性大喜び!女性はポカーンで終わったそうで・・・(笑)
 
 
これほど鑑賞後に男女間の熱量の差が違う映画もそうないかと。
怪獣ロマンってやつは多くの女性には理解されないという事がわかりました。
鑑賞の際は、野郎一人か、もしくは野郎共と見に行く事を推奨します。
かわぐちかいじさんの人気漫画が原作【空母いぶき】みてきました。
漫画も僕、読んでます。
公開前に役者の発言が問題にもなりましたが、まずこの発言に関しては作品みて騒ぎすぎかなと。
映画の描写では全く気にならないというか言われなければ気づかないと思いますし、この役者さんがそこまで何か思惑を持って発言したとも、作品を見る限りでは思えません。
 
原作は実在の国との戦闘を描いていますが、映画はそのまま描写するわけにはいかなかったのか、架空の国が舞台となっています。


他にも、予告を見た際、本田翼さんがメインキャストで配役されたりしてて、あの原作のどこに女性が大きく入る余地があるんだろうと思っていましたが、映画は原作の設定を半分使って、後の半分はオリジナル設定となっていました。空母いぶきとは全く別の場所の出来事でコンビニも舞台になっていて、原作とはまた違った空気感に。色々と描きにくい部分もあったでしょうが、上手くまとめあげた作品だったと思います。
個人的満足度は10点中7点。
映画【賭ケグルイ】見てきました。...
これ漫画の原作やドラマがあるんですね。僕はこの映画がこのシリーズの完全な初見となりました。
ドラマでの展開も経ているので、映画を見に来ている人たちは当然設定知っているよねとばかりに、ただでさえ独特な世界観の上、序盤からとばしまくる展開は正直初見の僕には前半はかなりきついものとなりましたが、さすが人気漫画。人物や展開を把握した中盤から俄然面白くなり、そのまま後半にかけては前半のきつさを一気に取り戻しおつりがくるぐらい白熱してみる事ができました。


 自分はこういうキャラが立っているもの好きなのもあるんでしょうね。
演技も過剰、まさに漫画原作だなという感じはしますが、変に落ち着いた演技よりこの世界ではこういう演出がピッタリだと思います。前半よくわからずウザささえ感じていたキャラ達が後半は皆ビッカビカに輝いて見えました。アルキビさん役の福原遥さんの怪演が良かったです。
個人的満足度10点中8点!
先日は映画のはしごしてきました。
【スパイダーマン・スパイダーバース】【運び屋】【ウトヤ島、7月22日】。
上記の順番でみました。
理想は【ウトヤ島】を最初か2番目に持ってきたかったのですが・・・理由は後程・・・


では見た順番通りに感想を述べていきます。
まず今年度アカデミー賞の長編アニメーション部門を獲得した【スパイダーマン・スパイダーバース】
アリータなどを見ても分かるように、昔は映像化不可能などといわれていた作品も全て映像化できる時代がきました。その中でアニメならではの何かをみせるって本当に大変な事だと思います。


しかし、スパイダーバースやってくれました。
2代目スパイダーマンの誕生話という事ではじめてスパイダーマンを見る人でも話はとてもわかりやすいです。
そしてカッコいい。スパイダマ〜ン♪スパイダマ〜ン♪鑑賞後鼻歌歌って帰れるくらい爽快な作品でした。
個人的満足度10点中9点。


次は【運び屋】。御年88歳を迎えたクリント・イーストウッドが監督・主演をこなして挑む作品です。
イーストウッドは役者としてだけではなく、監督としても成功していますが、時々トラウマ級の暗い作品もあり、今回の運び屋も予告を見る限り、ちょっと嫌な雰囲気がただよっていて警戒していました。



しかし実際見てみると予告とはかなり印象が違いましたね。
年をとっても人生楽しもうよ!人生で大切な事はこういう事だよと前向きな姿勢にあふれた傑作で後味もよかったです。これが実話ってのもちょっと嬉しいです。
個人的満足度10点中9点。


そして最後は【ウトヤ島、7月22日】ノルウェーのウトヤ島で実際に起こったテロ事件を題材にしたノンフィクションもので70分以上のワンカットシーンが売り。
ワンカットシーンって緊迫したものになる事が多く、それを凄惨なテロ事件で使うって、相当生々しいものになるんですよね。それが70分・・・。興味はあったんですが間違いなく後味悪いものになるだろうと、映画のはしごの順番としてはラストに持ってきたくなかったのですが、上映時間の都合上こうなってしまいました。


予想通りの展開でしたね。映画としては良作でしたが、実際のテロ事件ですし、容赦ない理不尽さが全編をしめており、後味も最悪。個人的満足度は7点。


【アリータ バトルエンジェル】見に行ってきました。
ジェームズキャメロンに外れなし!今回の映画で制作総指揮をしているキャメロンはターミネーター、ターミネーター2、アビス、トゥルーライズ、タイタニック、アバターと監督して手掛けた作品は全て面白いだけでなく、スケールも大きい作品として完成させます。トゥルーライズのような一歩間違えればB級コメディ映画になりそうな作品さえ怒涛の超A級アクションものとして仕上げる伝説の監督です。
そのジェームズキャメロンが制作総指揮に回り作ったのがこのアリータ。日本の漫画【銃夢】の実写化でもあります。


ただ・・・今回キャメロンは制作総指揮で現場で実際ずっと指揮をとる監督はロバート・ロドリゲスという男。
この人、低予算でとったデビュー作のエル・マリアッチはいい映画なんですが、その後大金をつぎこんで作った映画はたまにスマッシュヒットはとばすものの、大半は?な出来ばかり。アクションの見せ方やアイディアはキラリと光るものがあるんですが、ストーリーの組み立てがヘタクソでいっつもグダグダだなあという印象になる映画ばっかりなんですよね。
キャメロンに外れなしだけどロドリゲスは外ればかりという相反する2つの要素がぶつかりあった作品の結果は如何に?!

・・・うん・・まず個人的満足度は10点中8点!!
いい映画でした。でもね・・・でも途中までは10点満点だったんですよ。
全て僕の妄想になりますが、途中まではキャメロンもかなり現場に口を出してロドリゲスと話し合いながら作ったんじゃないかなと思います。凄い面白くたたみかける展開と突然雰囲気が変わってぐだぐだする所があるんですね。僕はいくつもキャメロンの映画を見ていますし、このロドリゲスの作品もみてきています。ぐだぐだするとこはこれロドリゲス先導の演出じゃないかなあ。監督はロドリゲスという事で全体的にB級テイストで進んでいくものの、キャメロンの介入もあって多少のグダグダはあっても凄まじい面白さで映画は進んでいきます。主人公のアリータも魅力的。CGキャラという事もあり不安はありましたが、映画の大きな見どころのひとつになっています。ああこれは大傑作だとラスト近くまで大満足していた所・・・・

これも妄想ですがこんなやりとりがあったのではないかと・・・
キャメロン「ロドリゲス!これは監督であるお前の映画だ。ラストはお前の思う通りにとってみろ」
ロドリゲス「わかりました!俺のすべてを注ぎ込んでラストを飾って魅せます!!!」
・・・・・・・ロドリゲスの映画要素をラストに全てぶちこんだ結果・・・なぜかラストだけ今までの疾走感を一気に失い、グダグダの展開に。
いいアクション映画って色んな見せ場をもりこみつつも、最後は主役と敵役がガチンコでぶつかって決着!完!!なんだけど下手な映画は最後の戦いに精神論とかガチンコじゃないよくわからない力の要素を使ったり最後のクライマックス後にグダグダ話を続けちゃう。ロドリゲスってその典型でここでもやっちゃった。なんであそこまで盛り上げた所でまた余計なバトルや余計なドラマを作って盛り下げるのか・・・。キャメロンのああいう描き方は見た事なく、まさにロドリゲス作品にありがちのグダグダラスト。それだけが残念でした。キャメロン監督でみたかったなあ。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事