院長のネタバレなし映画鑑賞記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
以前【くるみ割り人形と秘密の王国】を見たいと僕を無理やり連れていったディズニーファンの友人が再び【メリーポピンズリターンズ】を見たいと言い出しました。
くるみ割りは個人的満足度は10点中3点・・・
今回も嫌な予感しかしませんでしたが渋々見に行きましたよ・・・


内容はミュージカル映画でした。メリーポピンズと聞いて連想するのは傘を持ったおばさんが空を飛ぶ図。そのイメージ通りのメリーポピンズが出てきます。しかし思った以上に万能で本気を出せば無双状態。カッコよさを感じるほどでした。

いかにもディズニーのお花畑ファンタジーといった内容でしたが、メリーポピンズのクールな無双状態が僕の胸に響きまあまあ楽しめました。
突っ込みどころもややあり、ガス灯をつける仕事をしているジャックが【ハンサムな点灯夫】と表現されているのですが、僕のハンサムの基準とは違い、僕には髭の濃いぽっちゃりのおじさんにしか見えないんですが、ここは女性にどのように映ったのかは聞きたい所。


後、バンクス家の大黒柱のマイケルさんあまりにへたれ過ぎませんか??主人公クラスのキャラで前向きな内容の映画でここまでへたれキャラ初めてみました。大黒柱のお父さんの強さを一個でもみせてほしかったなあ。クライマックスのファンタジーシーンもそれまでのへたれっぷりからマイケルお父さんだけただのノー天気はバカに見えちゃった。
女性キャラはどんな作品でも悪役でもどんどんカッコよく描かれ、へたれに描かれるのは男がほとんど。そういう時代なんかなあ。
個人的満足度は10点中6点!

今週はいよいよつまらない映画を作らない男・ジェームズキャメロンの【アリータ】が公開されます。
僕にとってはそっちが本命!!楽しみです♪
そしてもう一本今週みたのが【アクアマン】。
予告を見た時は中途半端なディズニー映画ような印象を抱いて、ちょっと見に行くのをためらったのですが、公開が近づくにつれ、【世界40以上の国でナンバー1ヒット】とか【監督が生ける伝説になった】とか評価がうなぎ上り。監督はジェームズ・ワンという僕も大好きワイルド・スピードやアベンジャーズ作品であるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーという傑作でその手腕は知っており、この期待できない予告編でも奇跡があるんじゃないかと淡い期待はしてました。


いざ鑑賞した所・・・・この予告作ったやつ出てこいやーーー!!
とんでもなく面白かったです。予告のシーンももちろん出てきますよ。でも予告編で感じる印象とは全く別物映画。バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンとキラ星のスターが並ぶジャスティスリーグメンバーの中でも一番つまらなそうなこのアクアマンという題材をよくぞここまで面白くしたなと驚愕しました。


いや面白くしたというか映画ファン歴30年以上のこの僕の中でアクションアドベンチャーものではナンバー1の映画でしたよ♪♪
誰かが見るいきなりステーキと言ってましたが、そんなもんじゃない。初っ端から中盤まで息をつかせないアドベンチャーとアクションの連続で、しかもそんな中にもテンションを落とす事なくしっかり人間ドラマも盛り込む。さらに、この手の映画はラストは何かの弱点をついたり、心の勝負になったり、何かひねって決着する事も多いですが、最後もガチンコで完全決着するまさに見る満漢全席。気分爽快!!!140分アクアマンという題材をもうこれ以上ないという所まで描き切っていました。

不満といえばこれ夏にやった方が涼めてもっとよかったんじゃないかぐらい。
文句なしの10点満点中10点満点!!!
全ての映画ファンに見てほしいド傑作ですね。


それにしても不調続きのDC作品、DCヒーローが集まるジャスティスリーグもこけて、DC側もジャスティスリーグにはこだわらない。つながりをもたせずそれぞれのヒーロー作品を単発で出す発言も出ていましたが、ワンダーウーマン、アクアマンとヒーロー単独ものではマーベルを凌駕するクオリティで大ヒットを連発して、この調子でいけばアベンジャーズを超える凄まじいヒーロー集合作品がまたできるのではないかと大いに期待しちゃいますね!

今週は映画を2本みました。
1本目は往年の名作ホラーのリメイク【サスペリア】
オリジナルのストーリーは、難解というかめちゃくちゃです。訳がわからないし、意図してそういう風に作ってあると思います。怖いダンスの寄宿舎に不条理な殺人事件が起きる。どうやらそれが魔女の仕業という内容。


オリジナルとリメイクが大幅に違うのは上映時間。オリジナルが99分だったのに対して、リメイクはなんと150分!!
ホラーで150分語る事あるのかよ!とちょっと見る前から腰が引けましたが、いざ突入!


うーんやっぱり話はさっぱりわからない。不条理な事件が起きる。魔女のしわざ。ダンス寄宿舎が舞台。内容は一緒。150分という長さも得体のしれないパワーで押し切っていくのでそう気になりません。
もうこの手の映画は好みの問題でしょうね。

僕は嫌い。
個人的満足度は10点中2点。
ただ映画を見る前にサスペリアマガジンという新旧サスペリアを扱った映画本を購入していまして、それは100%楽しめそうです。でもこれをこんな立派な本にするならロッキーマガジンだしてくれ〜。




去年公開された【空飛ぶタイヤ】。
こちらも池井戸ドラマ好きの僕はあのテンションを大スクリーンで見れるのか!と思い見に行ったのですが、ドラマと違う池井戸作品を見せようという気持ちがあったのか、作品自体は凄く良かったと思うのですが、終始重い空気感で静かにドラマが進んでいき、僕が求める池井戸作品とは違ったんですね。
池井戸作品を映画化する場合はドラマとは違う演出で見せていくのかなと、そんな思いを抱き見に行ったこの【7つの会議】。


これだよ!これこれ!
まさに半沢直樹、ルーズヴェルトゲーム、下町ロケット、陸王にあった過剰すぎる演出、セリフ回し!!
これが大スクリーンでみたかった!!!
出演者も池井戸ドラマオールスターズでドラマのキャラとかぶっちゃう面も多々ありますがそれもよし。
ミステリアスな主人公の魅力も池井戸ワールドに巧みにからみ上質のエンターティメント作品に仕上がっていました。
7つの会議というタイトルからなにやら難解なイメージもあるかもしれませんが、リコール隠ぺいというシンプルなストーリーで難しい所はひとつもありません。

僕は及川光博さん好きなんですよね。脇役として他の俳優さんには出せない応援したくなる雰囲気があるというか。この作品でもめちゃめちゃいい味出してます。
それにしても僕は会社の組織経験は半年しかありませんが、やや過剰な演出とはいえホントにこんな感じなんでしょうか?やはり僕にはとても耐えられそうもありません。

個人的満足度は10点中9点!!
※ネタバレしないレビューを心がけています。

僕の心のベスト1映画【ロッキー4・炎の友情】の第2章というべき【クリード・炎の宿敵】みてきました!
皆さんにも心のベスト1映画ってありますか?!そのベスト1映画に続編ができるっていうのは相当な興奮で昨晩はなかなか寝付けず、今朝も予定より2時間早く起床。映画を見ている間も興奮がおさまらず落ち着いてみれない状態で僕の中でのロッキー4の大きさを再確認しました(笑)


そんな中でみたこの作品。
ロッキー4という作品はそれまでのロッキーシリーズの濃密なドラマ部分を排除しアクション部分に特化した話で敵役のドラゴはキャラの強烈さはシリーズ随一でしたがキャラクターの背景などはほぼ描かれず、話の深みがない軽い映画という指摘は否定できず、今振り返ると、作品の盛り上がりとしては最高としてもシリーズの流れからすると浮世離れしていてシリーズとしてちゃんととエピソードのひとつとして組み込まれていないように感じる事もありました。
そんなドラマ性のなかったロッキー4のキャラやエピソードに1,2ばりの深いドラマ性を与え、ロッキー4をシリーズのしっかりとしたエピソードのひとつとして組み込ませる事に成功したのが今作品です。
なぜクリードとドラゴが戦うのかという理由が丁寧に積み重ねられ、ロッキーの悲惨な老後はさらに浮き彫りになり、クリード自身にも人生の大きなイベントがいくつも到来する。
そしてやっぱり何よりドラマに深みを与えているのは敵役のドラゴ親子の描写。敵役を深く描いたシリーズ作品にはロッキー6がありますが、今回はあれ以上の描写。人によってはドラゴ親子側を応援する人もいるだろうというくらい踏み込んでいます。クリードとドラゴ、お互いの戦う理由と背景が丹念に描かれる事で勝敗がどうのというより、戦ってその先に何があるのかという視点になってくるんですね。
クリードの亡き父親への思いと自分自身の確立。かつて殺人マシーンだったイワン・ドラゴの不幸な境遇と息子への思い。ロッキーの家族への思い。そこもロッキーサイドの話だけでなく全てのキャラクター達にきちんと答えが出されています。
130分というシリーズ最長作品ではありますが、十分に耐えうるドラマ構成。
ロッキー4の第2章の位置づけという事もあるのかトレーニングシーンも4に次ぐ濃厚な描写。戦いに関してはシリーズ最高の緊張感を感じました。ロッキーシリーズファンの好きなものが全部詰め込まれていました。
シリーズファンにとっては驚きの再出演も・・・。

唯一言うならドラゴ親子をもっともっと見たい!描写不足ではなかったけど、この親子のドラマを語るには時間がまだまだ足りない。クリード本編でもスピンオフでもまだドラゴ親子で1エピソード作れるでしょー!!


もうねこれは個人的満足度は
10点満点中120点ですわ。
心のベスト1映画の第2章としてこれだけロッキー濃度の高い続編作られたらもうなんも言えません。







.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事