院長のネタバレなし映画鑑賞記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
ヴェノムみてきました。
宇宙からやってきたシンビオートという生物が人間に寄生して巻き起こす騒動を描いたアクションものです。
このヴェノム、原作はアベンジャーズでおなじみのマーベル。そしてスパイダーマンの宿敵となるキャラクターでもあります。
しかし、このヴェノムという作品を映画化する権利はソニーが所有しており、スパイダーマンの映画化権はマーベルスタジオが所有しているという複雑な事情も抱えています。つまり今回のヴェノムとスパイダーマンは事実上、実写で共演する事はない別世界という前提でマーベルスタジオが関与しない中での映画化となりました。


結果、すごくテンポのいい快作に仕上がっていたと思います。
しかし、なんだろう何かが一歩足りない。マーベルスタジオ制作の骨太な感じがしない。軽いアクション映画で終わってしまった感じ。
前半から中盤まではすごく丁寧な描写だったのですが、後半にかけて何かが欠けていて雑な印象を受けました。マーベルスタジオはどの作品も最後まで丁寧にドラマもアクションも描写するんですよ。


やはり将来的にはソニーとマーベルスタジオが提携してマーベルスタジオがきちんと制作に関わって、スパイダーマンとの共演はぜひ実現させてほしい。ヴェノムを見ている以上、どうしてもスパイダーマンがちらついてそれが全く関係ないというのはどこかしらけちゃう。
更に面白くみるにはカーネイジというキャラを事前に調べておく事もオススメします。
個人的満足度は10点満点中7点。
映画のハシゴしてきました。
まず1本目はプレデターシリーズ第6作目【ザ・プレデター】
今回もこれまでのシリーズ同様、傑作だった1の足元にも及ばない出来となってしまいました・・・。
プレデターのキャラはとてもいいんですが、主人公たちの存在感があまりにも薄く感じてしまいます。
思えば1は出ればとにかくヒットをとばすアクションスター・アーノルドシュワルツェネッガーという大スターが主役を張り、それがさらにプレデターの強烈キャラを引き立たせていました。
やっぱりこのシリーズはキャラの薄い俳優たちが団体で挑むより大スターを起用してむこうをはらせた方がいいと思いますね。シリーズはまだ継続していくと思うので、次回作はロック様ことドゥエィン・ジョンソンとかできるならシュワちゃんに再登板してもううくらいの事をしないと、面白くならないかなあ。それかアメコミにもなっているし、いっその事版権をマーベルに渡してマーベルキャラとして再起を目指すとか・・。
いずれにしても僕としては残念な一本。
個人的満足度は10点中2点。



そして2本目は死霊館シリーズ第5作目【死霊館のシスター】。
僕も以前ここで絶賛していた悪魔の人形アナベルのあのシリーズです。今回はアナベルは関係ありませんが、位置づけとしては死霊館シリーズのもっとも古い時代を描いています。
今まで安定して面白恐怖を維持していたこのシリーズ。今回は今までの心霊系中心からモロに悪魔を出して暴れさせたせいで逆に怖さも面白さも半減してしまいました。



今までは実話をもとにしていたのに、今作から全くの創作にもなったという事でそれも裏目に出てしまったのかな。
神様が前面に出ているのもちょっと抵抗があったし、かと思えば
悪魔に対して神父が「父と子と聖霊の名において」とか仰々しく十字架で苦労して戦って、ようやく悪魔にダメージを与えた場面で悪魔がそれでも襲いかかってきた所で農夫のにーちゃんが銃でバーンと一発で悪魔倒すとか神様DISってるのか、ギャグでやっているのかわからないシーンもあり苦笑。
このシリーズではじめてつまらんと思ってしまいました。このシリーズもまだ続くと思うので次回に期待です。
個人的満足度は10点中3点。



アベンジャーズシリーズのアントマン第2弾【アントマン&ワスプ】みてきました。
体を大きさを自在に変えられるスーツを手に入れた元泥棒のお話。

前作から続く話や新しいキャラも出てきて前半〜中盤はややごちゃごちゃした話で前作を見ていない人は余計にそう感じるかもしれませんが、退屈に感じる所もありました。


しかし、後半からは一気にそれを取り返すラストスパート。
安定のマーベル演出で個人的満足度は10点中8点!
脇役も超豪華!マイケル・ダグラス、ミシェル・ファイファー!しかも今回出演時間も長くて活躍してますからね。申し訳ないけど、主役の俳優とはオーラが違いすぎてアントマンの影が薄く感じてしまいます。


いつものエンディング後のエンドクレジット途中のおまけ映像はインフィニティ・ウォーとも深く関わっているので必見。
インフィニティを見ていない人はポカーンかもしれません。
エンドクレジットが終わった後の2番目のおまけ映像は??あまり見る価値はないかも。

あともうひとつ言うと予告編、最近ちょっとみせすぎなんじゃないのかな〜。
映画をみてはじめてみた方がいいシーンを流しすぎている気がします。
アメリカの興行師で実在の人物P.T.バーナムを描いたミュージカル映画【グレイテスト・ショーマン】みてきました。僕も鍼灸を生活のエンターティメントとして使ってほしいと美容と癒しを看板にしたエンタメ鍼灸を追求していますが、それとも重なって世界にのめりこみました。


バーナムの人生を力強く、前向きに、中だるみする事なく一気に描き切っています。
この話がノンフィクションという事が凄く嬉しく思います。
差別についても描いているのですが、何が本当に差別なのかという事を考えさせられますね。
とにかくハッピーな気分になる渾身の一作!

文句なしの10点満点中10点満点でしょう!

今年もしょっぱなから傑作映画が次々公開されています。
映画がここ数年めちゃくちゃ面白くなったと言いましたが今年も勢いは衰えないようにみえますね。


そしてこれも傑作でした。ジャッキーチェン主演【カンフーヨガ】。
この日は少し映画館に行くのが遅れてしまい上映から15分たっての鑑賞となってしまいましたが、そんな事は全くの無問題!!途中からでもすぐに理解できる単純明快なストーリーとパワフルな展開にすぐ引き込まれてしまいました。
予告編ではミュージカル調の作品をやるのかなと思わせられたのですが、ふたを開けてみればこれ以上ないバリバリのジャッキー映画!



踊りは最後にちょろっと出てくるだけです。なので予告でミュージカル的な内容を期待されている方は注意が必要です。
タイトルにあるヨガもほぼ関係なし(笑)


ジャッキー主演の前作スキップトレースもそうでしたが、外国の文化にアクションをからめるという作風を今回もとっており、それが面白い。ジャッキー映画も色々みてきて僕のジャッキーベストはポリスストーリー、プロジェクトAが双璧でしたがカンフーヨガはそれを超えて最高傑作なんじゃないかなと思いました。
個人的満足度は10点満点中10点満点!!
ジャッキーアクションは引退なんていってましたが、前作スキップトレースと今回のカンフーヨガと立て続けに傑作を放ってまだまだやれると思いますね。てかやってほしい!!




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事