モーターホームライフ

モーターホームが有る生活を楽しんでいます。

全体表示

[ リスト ]

 梅雨明けと同時にランクル70のエアコンコンプレッサーが壊れてしまいました。正確にはマグネットクラッチの不良と思われます。
 この暑さですので、エアコンなし車は身体に良くないので、妻のエブリイワゴンを拝借して通勤に使用していました。
 職場に到着し、エンジンを停止したところボンネット内でゴボボボと冷却水リザーブタンクが何か訴えています。
 リザーブタンクを見ると殆ど空の状態でした。

 帰宅時には、ペットボトルで水を補給し、帰宅するも37Km走行しただけで、リザーブタンクの冷却水が1/4位に減少してしまいます。
 ラジエターキャップを疑い、外して目視したのですが目立った異常は無いように思えました。

 そこで、怪しいのがエブリイワゴンにはサーモスタッド上にウォータープレッシャーというキャップがあり、ゴボボボの原因として結構多いようです。幸いオーバーヒートには至りませんでしたが、放置していたら必ずオーバーヒートしてしまいます。

 スズキディーラーにパーツ注文しました。サーモスタッドは交換して間が無いので、今回はウォータープレッシャーキャップ(品番 17561-68H10-000)と念のためラジエターキャップ(品番17920-68HA0-000)を交換します。
 
イメージ 1

 価格は両方とも同額で1個800円、税込み合計1,728円でした。

 早速作業を行います。

イメージ 2

 まずは、センターコンソールを外します。クリップ4箇所を外すし、ドリンクホルダーを上に引き抜きます。

イメージ 3

 すると+ネジが隠れているので、これも外して、次に10mmのボルト4本を外せば邪魔なカバーが移動できました。

イメージ 4

 カバーの真下にサーモスタッドがあり、その上に8角形のプレッシャーキャプがあります。
 キャップはラジエターと同じように押し回しすれば外れます。この時冷却水が漏れますが、今まで水を足してしのいできたので、最後に調整するため気にせず流しました。

イメージ 5

 右が新品で、左が外したものです。圧力弁のゴムが千切れてバネが飛び出してきました。

イメージ 6

 これでは、全く機能していない状況です。

イメージ 7

 新品のウォータープレッシャーキャップを取り付けてエア抜きボルトを緩めエアー抜きしながらロングライフクーラントを入れて、新しいラジエターキャップで閉じれば終了です。

 これで、オーバーヒートを心配しないで走れると思います。

閉じる コメント(2)

流石です。ウォーターポンプならわかりますが、ウォータープレッシャーキャップは存在すら知りませんでした。今までのラジエーター回りの修理でも聞いたことがありませんでした。勉強になります。

2018/8/27(月) 午前 11:02 おちゃ

顔アイコン

おちゃ様
私もエブリイ以外の車両で見たことがありません。エブリイはクーラント交換の際もラジエターの位置とエンジンの高さの関係からか、サーモスタッドの所でエアー抜きしながら注水しないと、冷却水が満たされない構造となっています。

何かトラブルにぶつかる度に、勉強にはなりますが、トラブルが無いのが一番ですね。

2018/8/28(火) 午後 7:30 bcv225


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事