モーターホームライフ

モーターホームが有る生活を楽しんでいます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 8月3日夜から7日まで、福島に出かけました。
 3日妻が仕事のため、帰宅後準備入浴等で出発したのは23時頃となってしまいました。
 3日の車中泊地は、磐越自動車道の五百川PAにしました。磐梯猪苗代インターを降りて直ぐに道の駅猪苗代が出来、そこにはRVパークがあるのですが、車両サイズが6mまでなので手前のPAで休む事としました。

イメージ 1

 車中泊の車両が何台か停車していました。
 翌朝は、カノンとジェスロ(Tプードル)を散歩させ朝食後出発しました。

磐梯猪苗代インターを降りて、向かったのは「野口英世記念館」以前行った事があったのですが、子供達は忘れてしまっていて、その後学校で野口先生の事を習ったため、復讐の意味で訪れました。

イメージ 2

 以前来た時より、なんとなく豪華になっていました。

イメージ 3

 子供達には、野口先生の努力する姿を学んでもらいたいものです。

 道路反対側にある、世界のガラス館へ妻とお姉ちゃんは行きましたが、興味のない弟くんと私はヴァーノンの中でお留守番しました。ガラス館の展示品価格は桁が違い驚いて戻ってきました。
 お昼時になりましたので、道の駅猪苗代に行ってみました。

イメージ 4

 食事を摂る所は、空席が無いほど混雑していて、どうしても食べたいといった物もなかったので、ヴァーノン内で簡単に済ませて、キャンプ場へ向かう事にしました。

 今回お世話になるキャンプ場は、「休暇村裏磐梯キャンプ場」で休暇村が全国各地に展開しているキャンプ場の一つです。この暑さなので標高1000m以上の所を探したところ休暇村妙高高原が標高1300mで電源サイトもあり良いと思ったのですが、キャンプ場と本館が車で50分も離れているため、入浴に不便だと思い諦め、裏磐梯にしました。裏磐梯キャンプ場は標高900mで口コミ等では、朝晩は寒いぐらいとか涼しい高原と記載されていたので、東北地方であれば標高900mでも涼しく過ごせると期待して予約しました。入浴に関しても本館まで徒歩で5分ぐらい、価格は800円とチョット高いのですが、移動せずに行けるのならば良いと思いました。

 
イメージ 5

 予約したのは、区画のDサイトでサイトにより広さに違いがありましたが、大きい所で10m×10m位でした。予約の際フリーサイトの方が広く自由に使えると案内してくれたのですが、出かけている際に、駐車スペースが無くなっていたり、隣とギリギリだと嫌なので、当日変更も可能という事でDサイトを予約しました。

イメージ 6

 到着後、徒歩で各サイトを見たところ、Dサイトで広く使えそうな場所が空いていたため、予約どおりDサイトに入る事としました。
 ヴァーノンを駐車し、ランドベース6を建てると横幅は全くスペースに空きが無くなってしまうほどギリギリのサイズです。
 
イメージ 7

 ワンズを寛がせるために、オープンタープではなく、ランドベース6を立ち上げました。

イメージ 8

 サイトからの景色は、とても良い感じです。ただ高原ですので、やはり憎い蚋はいました。今回も妻と弟くんが喰われてしまいました。帰宅後弟くんは、「夏の山には蚋がいるので、行きたくない」と宣言していました。
 夜は、久々にスノーピークの「ぶんぶく」を出して、ブロック肉やスペアリブ、丸ごと野菜を入れて美味しく頂きました。
 ここの、残念な所は入浴が16時までという事で、夕食時にまた汗をかいてしまうのが予想されたため風呂には行かずにヴァーノンのシャワーで済ませることにしました。結局徒歩で温泉に入れるメリットでこのキャンプ場を選択したのですが、翌日は肉バーベキュー、その翌日も魚炭焼きと焼き物だったので、風呂に入っても燻されてしまうため、全日ヴァーノンのシャワーで済ませてしまいました。キャンプではバーベキューを行う宿泊者が多いので、入浴可能時間をもう少し遅くまで可能にしてもらえるとありがたいと思いました。この件は帰宅後アンケートが来たので、伝えたのですが変更する意向はないようです。

 
イメージ 9

 5日は、妻とお姉ちゃんが楽しみにしていた「諸橋近代美術館」へ行きました。素敵な外観に思わず驚いてしまいました。ここでも、興味のない弟くんと私は辞退して猪苗代まで買い物に出かけ、その間妻とお姉ちゃんにはゆっくりと見てもらいました。

イメージ 10

 楽しみにしていたダリを見られ満足したようです。

イメージ 11

 その後は近くの五色沼や人気の小野川湖キャンプ場を見学してサイトに戻りました。
 この日は、ニンニクを食べる日としていたので、バーベキューで肉と共にニンニクを沢山頂きました。

イメージ 12

 キャンプ中はワンズが4時半から5時ごろには、散歩催促があり、ゆっくり寝坊はできません。早朝の管理棟です。シャワー室やランドリー室があり綺麗に掃除されています。シャワーは300円で時間制限式では無いようでした。また、CAMP HACKとコラボしているため、お洒落な展示もありました。サイト内でもCAMP HACKサイトがあり、お洒落な演出がされています。

 6日は雨模様でやっと涼しくなりました。今年が異常なのか分かりませんが、標高900mはやはり暑く選択ミスだったと思っていました。しかし、天候が悪くなると一気に涼しくなり確かに少し寒いほどでした。
 6日の晴れて、ランドベースが乾いたタイミングで一気に撤収してしまい、後はヴァーノンのオーニングで過ごし、弟くん待望の花火を楽しみました。

 7日は5時ごろ散歩を終えたころから雨が激しく降り、昨日の撤収が功をなしました。その後キャンプ場をチェックアウトし早めの帰宅で夏のキャンプを終了しました。

 休暇村裏磐梯キャンプ場は、スタッフの対応も良く良いキャンプ場でしたが、やはり標高が足りないように思いました。また、場内一方通行なのですが、その通りに走るとクラスC以上では間違いなく屋根をぶつけてしまう場所があります。私もチャレンジしましたが、屋根は大丈夫ですが、スカイライトの出っ張りが無理な状況で通過できないので逆走してキャンプ場の出入りをしていました。混雑する時期や時間帯は出入りが厳しいと思います。


 

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

 お姉ちゃんの用事のため、山形に行くこととなりました。ついでなのでヴァーノンで出掛けてキャンプもしてくることにしました。
 出発の7月27日(金)は、午後弟君の面談が有ったので、それを終えてからの出発となりました。
 このまま高速で山形まで走ると、温泉の時間に間に合わないので高速に入る前に何時もの「ただおみ温泉」に立ち寄り、その後すぐ近くの道の駅ロマンチック村で夕食としました。
 ロマンチック村の駐車場は一部夜間閉鎖となりますが、大型車枠は閉鎖とならないので、ゆっくり車内で食事が出来ました。

イメージ 1

 そして、目指したのは3年前山形に即身仏を見る旅をした際やはり初日にお世話になった「山形県観光物産会館」です。

イメージ 2 

 表記が「ぐっと山形」となっていましたが、以前と変わらない状況でした。

イメージ 3

 翌朝は、5時ごろからカノンとジェスロ(Tプードル)に起こされ、付近を散歩する事となります。
 この日はお姉ちゃんの用事があり、妻はそれに付き添う事となったので、弟君のリクエストによりバスケットゴールがある公園へ向かいました。

イメージ 4

 中学校に入り、部活でバスケットを始めたのですが、学校ではまだめったにボールでの練習はできないようです。

イメージ 5

 スマホで「バスケットゴールが有る公園」で検索すると、近くの「西公園」がヒットしたので、そちらに向かいました。

 
イメージ 6

 しっかりした施設なので申し込みが必要なのかと思い、管理棟で確認したところバスケットは自由に使ってよい施設だそうです。先客の大学生位の方が使っていたので、交互に使わせてもらうお願いをしたところ快く譲ってくれました。

イメージ 7

 この日は、35度超の猛暑のため私は犬たちの世話等のためヴァーノンに戻ったりしていたところ、いつの間にやら弟君ゲームに混ぜてもらったようで、お兄さん方と楽しそうにプレーしていました。

 弟君思わぬ展開で、とても楽しい一日になったようです。

 16時頃、お姉ちゃんの用事も終了したので、合流して我家初のRVパークへ向かいました。
 向かった先は、RVパーク碁点温泉で「クアハウス碁点」に併設されたRVパークとなります。電源付きで1,500円、そして一人400円で温泉にも入れます。

イメージ 8

 道路のような場所に、斜めにラインが引かれスペースが確保されています。

イメージ 9

 横幅は10mぐらいあり余裕ですが、長さは全長8mぐらいの車両までとなりそうです。左手前が簡易トイレで、我家は使用しませんでしたが、匂いは外まで香っていました。

イメージ 10

 この日は、3台パークを利用していました。いずれも電源サイトで皆エアコンを使用していました。

イメージ 11

 電源サイトは11台分確保されていて、容量は15Aです。ヴァーノンのルーフエアコンでは無理かと思いながらも、冷蔵庫をLPGに切り替えて他の電源もなるべく使わないようにしたところ、ブレーカーを落とすことなくルーフエアコンが使用できました。
イメージ 12

 夕食は、ホームページに掲載されていたステーキ重を食べようと決めていたので、レストランに移動して弟君は大盛り、他は普通盛りで注文しました。とても美味しく弟君以外は満足できました。弟くん物足りないようで、なんとお代わりで今度は普通盛りを追加注文していました。

イメージ 13

 食後は、最上川を見ながら温泉に入り、とても良いRVパークだと感じました。

イメージ 14

 RVパークによって、車外での行動に規制がありますが、ここは、オーニングやテーブル・イスを出して調理を行って良いと記載されていました。到着するまで、そのあたりが不明だったので外で食事する用意はしていませんでしたが、入浴後は椅子を出して家族でくつろぎました。

イメージ 15


 設備は、仮設トイレと流しだけですが、この価格でモーターホームであれば十分だと感じます。

イメージ 16

 翌朝は、やはり早くからワンズに起こされ、竜神の吊橋まで散歩しました。

イメージ 17

  犬のお蔭で、周辺を徒歩で検索するようになり、何となくその地に触れられたような気持ちになれます。
  RVパークは一応2泊予約しておきましたが、良くなければ1泊で引き上げるつもりでした。しかし、思っていた以上に心地よかったので、一日のんびりして予定通りもう1泊する事にしました。

イメージ 18

 29日は、クアハウス碁点のスパに入ります。温泉プールになっていて、ジャグジーもあり、子供達も楽しみにしていました。

イメージ 19

 温水ではなく温泉というのが贅沢です。

イメージ 20

 猛暑でしたので、ジャグジーは熱く感じましたが、プールはとても気持ちよく入れました。
 この日もクアハウス碁点の温泉に入りましたが、男湯と女湯が昨日とは入れ替わっていました。夜はヴァーノンのエアコンで快適に朝を迎える事ができました。

 最終日は、最初に寄った山形県観光物産会館で昼食とお土産を購入しました。ここでも、弟くんステーキ丼を注文しました。こちらは、大盛りだと碁点の倍近い金額で父はまたお代わりされるかとヒヤヒヤしました。

 初めて、RVパークにお世話になりましたが、電源、温泉があり給水もできて、この価格であったらまた利用したいと思いました。

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

 マイボトルとして、以前紹介したスタンレー真空スイッチバック 0.47Lを使用していたのですが、残念ながら壊れてしまいました。

イメージ 1

 飲み口にカバーがあり、ワンプッシュで飲めるなど気に入っていたのですが、僅か50cmぐらいの高さからストンと真っ直ぐ立った状態で落としてしまった際、プッシュボタンがスプリングにより勢いよく飛び出してしまいました。

イメージ 2

 壊れた箇所をよく見ると、プッシュボタンは細いプラスチックで内部に貫通し、そこがエアー抜きにもなっている構造です。飲む度に押されて疲労していたとしか考えられません。「孫の代まで使える。」と言われているスタンレーにしては、耐久性に欠けていると思われます。

 壊れてしまったスイッチバックはプッシュボタンにより、運転中でも片手で簡単に飲めるのは魅力だったのですが、耐久性を考慮しシンプルな構造の物に買い換えました。

イメージ 3

 今回選択したのは同じ、スタンレーのマスター真空ボトル0.53Lでスクリューキャップのみのシンプルな物です。

イメージ 4

 構造がシンプルで壊れにくい形状の物を探したら、これになりました。マスターシリーズはスタンレー史上最強の保温機能を備えているそうで、確かに長時間炎天下の車内に放置しておいても、中の氷が解けていないなど、スイッチバックに比べ保温力は格段に違うようです。

 ただ、キャプを外して飲むのと、飲み口が大きいことから運転中は使いにくい面もあります。そして、同サイズの真空ボトルの中では重量が非常にあると感じます。ずっしりと重いといった感じです。それでも、シンプルな分耐久性もありそうなので、長く使えそうです。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

START CAPACITOR取付

 ヴァーノンのジェネレーターはオナン2.8kwで本体のブレーカーが25Aとなっています。
 それに対し、ルーフエアコンはエレクトラックの大きめの物が載っています。

イメージ 1

 オナンが調子が良い時は大丈夫なのですが、少しでも調子を崩すとコンプレッサー起動時に、発電機側が負けてストールしてしまいます。
 最近のコールマンルーフエアコンの中には、起動電力を抑えるタイプも販売されていますが、私のは何分ヴァーノン購入時からの物なので、既に23年経過しているエアコンです。それでも、ジェネレーターさえ調子よければ、五月蠅いですがよく冷えるエアコンです。

 しかし、最近オナンは調子よく回っていて、100vもきっちり出ているのに、コンプレッサー起動時にストールしてしまう事が何度かあったため対策部品を取り付けてみました。

イメージ 2

 リレーアンドスタートキャパシターという商品で、起動時に電力を補い負荷を減らす働きをしてくれるようです。国内流通価格と本国価格で10倍ほど差があるため、直輸入しました。

イメージ 3

 取付は、元のキャパシターを外して交換か並列に増設するようで、今回は増設してみました。

イメージ 4

 ルーフエアコンの樹脂製カバーは+ネジ4カ所で固定されているので、ドライバーで外します。

イメージ 5

 すると、中に鉄製のカバーが現れました。過去何度かモーターホームのルーフエアコンを外したことがありますが、このような鉄製カバーが入っているタイプは初めて見る事となりました。
 こちらも+ネジ6本で固定されているため、外します。

イメージ 6

 本体右側にリレーなどがあるので、そこにキャパシターを増設します。

イメージ 7

 一番左の黒いものが、純正のキャパシターだと思われます。そこの余っている端子に増設キャパシターを接続しました。

イメージ 8

 本体を固定して、カバーを元に戻せば作業は終了です。

 さて、結果は?

 早速ジェネレーターを始動して、最初は送風状態をしばらく続けてから、コンプレッサーを入れたところ、一瞬オナンがもがきますがストールすることなく安定した回転に戻り電圧・電流とも一定状態となります。暫くテストしている間に、コンプレッサーの起動が4回ほどありましたが、電流計は18A位で収まり直ぐに安定しました。
 
 取り付け前は、コンプレッサー起動時電流計が25Aを軽く振り切りましたが、取り付け後は20Aにも達しません。

 アメリカのユーチューブで、これを取り付けたルーフエアコンをホンダの2000W発電機で起動する動画を見ましたが、取り付け前はエラー表示になってしまうのが、取り付け後は確り起動されていたのも納得できました。

 全ての、エアコンや発電機で同じようになるとは限りませんが、私の場合は起動時の負荷減少が明らかに現れました。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

文化祭

 先週末にお姉ちゃんの学校で文化祭が行われました。
 暫く前にクラスの出し物が決まったのですが、それは「メイド喫茶」、お姉ちゃんは「もう、頭悪そうでヤダー!」を連呼していました。
 それでも、衣装作りやカチューシャのデコレーションなどを行い、一週間前にはメニューのパンケーキつくりのリハーサルまで行いました。

イメージ 1

 当日も、早朝より準備のため学校へ行きました。

イメージ 2

 私達は、始まる時間を見計らって出かけました。お姉ちゃんが、フロアーで接客をするのは、午後の予定でしたので、午前中は他から見学しました。

イメージ 3

 弟くんは、昨年同様パソコンクラブのゲームに夢中でした。

イメージ 4

 お姉ちゃんのクラスがあるフロアに行くと、なんと担任が・・・驚きの看板です。
 これは、合成ではなく実際接客もこの姿で行っていました。

イメージ 5

 もえもえかふぇ前を通ると、お姉ちゃんが接客をしています。予定よりお客さんが多く急遽接客に回ったようです。
 大人気のようで、かふぇ前は長蛇の列でした。私達も並び入店となりました。

イメージ 6

 メニューはパンケーキと飲み物で、オーダーは男子がメイド姿で取りにきました。どちらかというと男子の方がノリノリ感があり、スカートのメイド姿を楽しんでいました。担任もあの姿で店内をウロウロとしていて、妻子が来たようで、娘さんには引かれたようでした。

 お姉ちゃんシロップ掛け過ぎです。
 
イメージ 7

 前日まで、「美味しくなーれ」の魔法を掛けなければならないのが、凄く嫌だと言っていたお姉ちゃんでしたが、恥らいながらも確り魔法を掛けていました。
 妻は、担任のカチューシャを見て「何で私がデコレーションしたのを、付けてるのよ」とガッカリしていました。

 パンケーキがとても美味しく出来ていたのには驚きました。生地作成はお姉ちゃんが担当したそうで、今度家でも作ってくれると言っていました。

 文化祭も無事に終了し、翌日はクラスで打ち上げを行ったのですが、場所が「焼肉屋」しかも「食べ放題」なんともJKらしくないお店でした。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事