モーターホームライフ

モーターホームが有る生活を楽しんでいます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 前回のエンジンオイル交換から5000km走行したルビコンのエンジンオイルを交換しました。

 
イメージ 1

 オイルはクライスラー指定のペンズオイル プラチナム5W−20です。

イメージ 2

 工具は、ドレンプラグを緩めるための1/2コンビネーションレンチ、ラチェットハンドル、オイルフィルターケースを開けるための15/16ロングソケット、ドレンプラグをトルクレンチで締めるための1/2ロングソケットを使用しました。

イメージ 3

 こちらは、ドレンプラグが27Nm、フィルターケースが25Nmなので、規定値に締め付けるためのトルクレンチです。

 ドレンプラグからオイルを抜き、フィルターを交換後、約5.8リットルエンジンオイルを入れて終了です。

イメージ 4

 次にナンバープレートをUSA仕様の位置に移動します。ディーラー車は通常バンパーの中央にナンバーが取り付けられています。
 軽トレーラーを持っているので、この位置にレシーバーヒッチを取り付ける関係と、USAの位置の方がスッキリするので、移動します。しかし、ナンバーを一度取り外す必要があるので、封印に穴を開けてドライバーで外しました。

イメージ 5

 移動キットにはライセンス灯は付属していましたが、取り付けに必要なビス等は付属していませんでした。車両側4カ所でナンバー枠を固定するのですが、トヨタ用の10mmスクリューグロメットがジャストサイズでした。

イメージ 6

 ナンバーを移動するとライセンス灯が外せなくなってしまうので、先輩達の経験からライセンス灯固定部分を斜めにリューターでカットしました。これにより、枠から脱着可能なので、球切れの際容易に交換できます。

イメージ 7

 USA仕様の場所には、カバーがされていますので、カバーとテールライトを外し、純正のナンバー灯の配線カプラーを使用してライセンス灯が点灯するようにした後、ナンバーを固定しました。

イメージ 8

 この後、陸運事務所まで行き再封印を依頼しました。再封印は既定の様式に必要事項を記入すれば、封印代70円で行ってくれます。
 陸運事務所まで行ったついでに、トレーラーを引く場合に必要となる950登録も行いました。

イメージ 9

 このような親切な手順書が用意されていました。

イメージ 10

 受付後、この説明書のとおり1コースで計算してもらい、マークシートに記載例のとおり記入して提出すれば、無料で950登録が完了しました。

イメージ 11

 ルビコンの車検証備考欄に牽引可能なトレーラーの車両総重量が記載されました。
 あとは、ルビコンにレシーバーヒッチとウインカーなどの配線カプラーメスを取り付ければ、所有している軽トレーラーを引くことが出来ます。
 朝からバタバタと忙しく動きましたが、何とか1日で全て終わって満足な日でした。


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事