ここから本文です
絶賛販売中『陸上競技バカジン』
不定期発刊!国情、立大および息子優先の掲載は単なるエコ贔屓 YouTube『陸バカ』絶賛発売中!もヨロシコ

書庫全体表示

記事検索
検索

全802ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

秋田中央大学

東北インカレの結果
地元国立大の秋田大学の選手に注目

秋田中央高校から進学した選手達が
中心選手として活躍

イメージはありそうでない
秋田中央大学って感じ

いま息子の就活の関係で
『中央』って名前がお気にです

開くトラックバック(0)

オイラも踏み間違え

連日、高齢者の自動車事故のニュース
原因の多くはアクセルとブレーキの踏み間違え

ニュースに接するたび
ありえないだろと他人事であった

しかし、Zの代車として使用していたノートeパワーで
つい先日、オイラは踏み間違えをしでかした

ブレーキを踏んでスタートボタンを押すと
エンジンは始動するのだが
何故かちっとも反応がない

何でだろう何でだろう
何で何でだろう
代車が故障かマジかよと嘆いたところ

オイラの右足は、何故かずっとアクセルを踏んでた
50歳手前で高齢者の仲間入りするなんてショック
同情するなら年金をくれ

開くトラックバック(0)

ボケモンの主張

池袋で12人を死傷させた飯塚幸三なる人物
クルマにウソ発見器が搭載されていることも知らず
いまだに事故原因をブレーキが利かなかったと
プリウスのせいにしているようだが

確かに高齢者とプリウスの組み合わせは
現代のクルマ社会では最凶タッグだけど
そんな一般的な見方で終えちゃいけない事故

なんと言っても飯塚幸三なる人物
旧通産省の工業技術院の元院長
科学技術の研究機関の官僚でトップまで昇り詰めた上級国民

そんな科学技術の権威が
・ブレーキが利かずに止まらないこと
・時速90キロ以上で暴走すること
この二つの事象はそもそも関連性のないことだが
ここまでボケた言い訳をしているとなると
哀れなご老人『ボケモン』だわ

かつてこのボケモンと関わった研究・技術者の方々は
このアホな言い訳をどういった思いで受け止めているのか
とても興味深い

反省のない殺人者の主張は
事故車のトヨタのプリウスが
ブレーキを踏み続けたら加速するという
世界のトヨタに真っ向勝負を挑んでいる

やはりコイツ只者じゃないな

ちなみに両足が不自由で杖をついてヨボヨボ歩く演出
逮捕、拘留されないための入知恵か知らんけど
まったくの逆効果
ただ単に国民の怒りを買っただけだから

遺族や被害者に対して素直に謝罪や反省を
待ち構えたマスコミに向かって毅然と語っていれば
人間性が多少は垣間見られただろうに
平民の気持ちを理解できない上級国民を取り巻く連中を含めて
実に残念な人達だ

開くトラックバック(0)

大会前の最終調整⁉

5月23日(木)から26日(日)まで
相模原ギオンスタジアムで開催の
関東インカレ陸上競技対校選手権大会

大学4年の最終学年となった息子にとって
最後の関東インカレ

この大会は3年連続で出場
1年ではマイルリレーの予選、決勝
2年でもマイルリレーの予選、決勝
3年では400m予選、マイルリレーの予選、決勝
昨年は4年生の活躍で大どんでん返しの表彰台を経験

これまでの学生生活を振り返って
立大に絞って志願した判断に1ミリも狂いはなかったと
自信をもって言えるだろう

そして最後の関東インカレのスケジュール
23日(木) 400m予選
24日(金) 400m準決勝(進出確率20%)
25日(土) マイルリレー予選
26日(日) マイルリレー準決勝、決勝

今シーズンは就活に翻弄され
個人種目は1度も走っておらず期待度ゼロ
それよりも短距離パートチーフでありながら
マイルリレーでチームに迷惑をかけるのではないかと
不安はマックス

なんといっても大会間際の
最終調整時期がご覧の有り様
14日(火) E社(内定先)、F社
18日(土) C社×2
19日(日) A社
20日(月) D社(内定先)
22日(水) F社、C社
大会前の練習スケジュールじゃなくて
就活が見事にどハマりで最終局面
おまけに大会前日は最終面接が2社

これはもう「お疲れ様」としか
声をかけられない状況だべさ

開くトラックバック(0)

本日、退院

1週間の入院生活を終えて
退院した愛車のZ

イメージ 1

代車で1週間お世話になった
ノートeパワーとのツーショット

イメージ 2


クラッチとブレーキパッドの交換で
新車時のダイレクト感が復活

今週、復活したZで
相模原へ行ったるど

開くトラックバック(0)

全802ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事