モデルロケット展示室

模型ロケットの製作記事,モデルロケット関連部品販売情報、

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ・インターナショナル社の衛星画像には中国が領有権の主張するパラセル諸島、ウィディー島に建設した滑走路を守るためにHQー9(紅旗9、)地対空ミサイルが8基、配備されている映像が確認されたhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160217-00000026-reut-cn
 
中国軍のHQー9地対空ミサイルはロシア軍のSー300ps、地対空ミサイルを元に米軍のパトリット地対空ミサイルを真似て開発した移動式発射車両に4基の筒型発射機を搭載している、目標を追尾、ミサイルに指令電波を出すフェーズドアレイ平面アンテナ車、指揮管制車輌とともに配備する
 
長さ 6.8m、重さ1300kg、 マッハ6で飛行して,高度25mから3万m、射程 6kmから120km
 
指令慣性誘導、セミアクティブレーダ誘導TVM(トラックビアミサイル)、終末アクティブレーダ誘導です
 
海面スレスレで接近する巡航ミサイルにレーダガ探知できない、弾道ミサイルには迎撃できない難点がある
 
イメージ 1
 
筒型発射器の収められたHQー9ミサイル、4枚の尾翼が畳まれて収納されており、垂直に建てられ空中に射出されたからロケットエンジンに点火されて水平360度に向かうことができる
レーダの電子装置に難点があり、コンピユータの誘導精度に難点あり、複数飛来した航空機をすべて撃墜できるかが問題です,そのため4基×8台=32機も配備している
 
 
イメージ 2
両端がHQ−9ミサイルの発射車輌、中央、目標を探知してミサイルに指令電波を送るフェーズドアレイ平面アンテナ車輌
 
隠れることができない無防備の珊瑚の島で、塩害と、台風で、ミサイルや電子装置が劣化する
水、食料、燃料など補給ガないと兵士が餓死をする、ミサイルレーダを破壊する対レーダーミサイルで、フェーズドアレイ平面レーダアンテナを破壊されると眼潰し状態で全てのミサイルが打てなくなる
韓国は北朝鮮の弾道ミサイルの恐怖から国民を守るために朴大統領は高価な米国製THAAD弾道弾迎撃システムを導入する予定https://ja.wikipedia.org/wiki/THAAD%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB
 
 
THAADミサイルの飛行ビデオhttps://www.youtube.com/watch?v=7IHAgdWtkLQ
 
 
THAADとは終末高高度防衛システムの略です
イメージ 1
 
 
イメージ 2
北朝鮮が国産技術で製造している射程1200kmのノドン弾道ミサイルを購入したイランはシャハブ3弾道ミサイルとして移動式発射車両に搭載,その発射ビデオ
 
 
イメージ 1
砂漠での発射風景
 
下の軍事パレードで公開されたノドン弾道ミサイル
 
イメージ 1
Hー2Aロケットは他国の商業衛星rケットに比べて打ち上げコストが高すぎる
 
イメージ 2
日本の衛星打ち上げロケットの開発史
液体燃料ロケット技術が皆無なので米国のソーデルタ液体燃料ロケット技術を導入してNー1ロケット〜国産化率を高めてHー2ロケットで国産化を高めたので日の丸ロケットとして商業衛星打上げビジネスに参入できた
 
 
イメージ 3
無人補給船こうのとりを打ち上げたHー2Bロケットも廃止される
 
2020年Hー3ロケットが目指す姿
 
Hー3ロケット開発状況
 
H-3ロケットの1段目に搭載される新開発のLEー9エンジン
 
 
北朝鮮軍は、前回の銀河3号ロケットを更に大型化した人工衛星打上げ銀河X号(ウンハX号)ロケットを東倉里トンチャンりで打ち上げ準備中であると米軍のスパイ偵察衛星が撮影したhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-35076979-cnn-int
 
ウラン型原子爆弾より強力で小型化した8キロトンの水爆の開発に成功したと発表した北朝鮮は核保有国として米国本土まで届く新型弾道ミサイルにダミー弾頭をつけて衛星打ち上げに偽装して発射テストをするものと思われる、東倉里の発射台は大きな幕で隠され、ミサイルがあるかどうかはわからない
もしかするとテポドンⅡロケットを打ち上げた舞水端里(ムスダンリ)のロケット基地から別の弾道ミサイルを発射するかもれないので注意が必要
 
2016年2月8日から25日までの間に東倉里[トンチャンリ)基地から南に向けて衛星打ち上げに偽装して新型弾道ミサイルを発射すると思われるhttp://news.yahoo.co.jp/pickup/6189897
切り離した1段目ロケットの毒性が強い推進剤がタンクに残ったまま尖閣諸島に近い先島諸島付近の海域に落ちる恐れもある
地上へ落ちると爆発、炎上して毒ガスが発生するのでPAcー3対空ミサイルで落ちてくる残骸を迎撃するものと言われる
 
 
 
イメージ 1
図左は北朝鮮が開発したノドン弾道ミサイルのロケットエンジンを4基束ねてイランの開発したシモログ弾道ミサイルに組み込んで、ハングル文字、北朝鮮の国旗を描いて発射テストして光明星衛星打ち上げ成功した銀河3号ロケット,右は、ガントリー整備点検塔を高くしてさらに大型化した銀河X号ロケットの想像図、推力を上げるために1段目のブースタロケットエンジンを6基に増やして更に積荷の重さを増やすものト西側のミサイル専門家が指摘している
 
水爆搭載するために大型化した銀河X号ロケットの想像図
 
 
2012年12月14日、打ち上げに失敗して墜落した銀河2号の1段目ブースタロケットを黄海の海底から拾い上げた韓国軍の分析チームが北朝鮮軍の弾道ミサイルの高い技術力にびっくりしたhttp://www.b14643.de/Spacerockets_1/Rest_World/Unha-3/Gallery/Unha-3_debris.htm
 
ほとんど、主要な部分は国産部品で、中国、日本、韓国なのの電子部品が外国製部品でその高い技術力に感嘆しているそのため衛星打ち上げが北朝鮮に先を越された
 
また引き上げた北朝鮮の1段目ロケットを調べたところ、衛星打ち上げロケットに必要な万一飛行コースが外れたとき地上から無線指令電波で空中爆破する保安安全装備がなく,また安全飛行させるフェールセーフ機構がついていなし、液体燃料弾道ミサイルに使う毒性が強いジメルメチルヒドラジン、赤煙硝酸である
ロケットの飛行位置を地上に知らせるビーコン電波送信装置が付いていないことも分かり、衛星打ち上げロケットに偽装した新型弾道ミサイルの発射テストである証拠となった
 
イメージ 2
写真は海底から引き上がられた北朝鮮の銀河3号の1段目ロケット部分
 
万一の故障のとき、地上から指令電波で空中爆破する保安装置がついていない衛星打ち上げに偽装した新型弾道ミサイルの発射実験だったことがバレた
また北朝鮮のミサイル技術の高さも分析できた
 
飛行コースを米国に向けた場合、どうしても1段目ブースタロケットが日本海に落ちるし、毒性が強い液体推進剤ジメルメチルヒドラジン、と赤煙硝酸で海洋汚染で魚が死にます
 
イメージ 3
万一、飛行コースが外れて、切り離した1段目ブースタロケットが、日本本土に墜落して多大な犠牲が出ると判断されるときは日本海に配備している海上自衛隊のイージス艦から弾道弾迎撃ミサイルSMー3が宇宙空間で撃墜します
 
 
イメージ 4
旧ソ連の古いミサイル技術をウンハ3号ロケットの姿勢制御バーニアロケットエンジンに利用した
 
①ターボポンプ
 
②酸化剤バルブ 赤煙硝酸
 
③首振り装置が付いた姿勢制御バーニア小型ロケットエンジン
 
 
 
④メインロケットエンジンの燃焼室
 
⑤燃料バルブ ジメルメチルヒドラジン
 
⑥噴射ノズル
 
嬢本保存ができるが毒性、腐食性が強いジメルメチルヒドラジンと赤煙硝酸なので混合するだけで燃えるので点火装置が不要ですhttp://www.b14643.de/Spacerockets_1/Rest_World/Unha-3/Gallery/Unha-3_debris.htm
 
 
2016年2月7日 光明星4号衛星を載せた北朝鮮ロケットの打ち上げビデオ
 
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事