モデルロケット展示室

模型ロケットの製作記事,モデルロケット関連部品販売情報、

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 3
イメージ 1
長さ 1240mm、直径 80mmの重さ10kg、到達高度 6km ベビーロケット
 
 
イメージ 2
ベビーロケットの図面
 
 
イメージ 4
 赤色がベビーロケットの固体ロケットモータ、日本陸軍の65mm、重推噴進弾の推進火薬を利用して作られた
m燃焼時間1.6秒、
右がベビーロケット先端に搭載された、無線送信アンテナ、無線送信機、観測装置、電源装置
 
イメージ 1
糸川英夫は東大、航空学科を卒業して、中嶋航空機へ戦闘機の設計技師として働き、隼、鍾馗なドプロペラ戦闘機を設計した
しかし敗戦でGHQ占領軍が、航空機製造工場を破壊、彼は失業者となった、米国でムチウチ症の診断器の開発をして帰国後、東大生産技術研究所の教授となった
 
サンフランシスコ条約の締結で日本は、敗戦国から独立国家となり、航空機の開発もできるようになったが、既にジェツト旅客機の時代です
そこでロケット飛行機なら太平洋を1時間で飛べることを新聞に投稿しペンシルロケットの公開飛翔実験をしたところ、1957年IGY国産地球観測年に日本も参加することが決まり、南極観測は中古の捕鯨船を改造した「宗谷」で高層大気観測ができる観測ロケットの話が東大の糸川英夫教授のところへ打診が来た
前例がないからやぅてみよう 
ペンシルロケットは朝鮮特需の米軍のバズーカ対戦車ロケット砲の推進薬を利用してつくり
 
観測装置を付けた2段式ベビーロケットは噴進ロケット弾の推進火薬で作ることができた
 
しかし高度100kmの高層大気まで届かない
 
そこで戦時中の桜花,有人ロケット特攻機の火薬ロケットエンジンでカッパロケットをつくり、高高度を目指した
 
 
しかしニトロセルロース、ニトログリセリンを原料にしたダブルベース火薬は径を大きく太くすると爆発するのです
 
そこで酸化剤の過塩素酸アンモニムを粉末をプラスチックやゴムで固めたコンポジット火薬を独自に開発して
カッパ6型ロケットでIGYに参加して高度60kmの高層大気観測に成功した
IGYでロケットを飛ばしたのはソ連のスプートニク1号衛星、米国のエキスプロウラー1号衛星、日本のカッパ気象観測ロケット、フランスの観測ロケットだけだった
カッパロケットロケットは2段式、3段式となり高度1000kmへ到達すると、もう一段小型ロケットを付け足せば宇宙衛星軌道へ投入すれば超小型人工衛星が飛ばせることが分かり、しかも世界の人工衛星打ち上げロケットはコストが高く複雑なしかも核ミサイルを改造した液体燃料ロケット
日本の東大は文部省予算で前例がない固体燃料ロケットだけで日の丸衛星を打ち上げることが可能になり、糸川英夫のこだわりが日本を科学技術立国への道を開くことになる
カッパロケットを2段目。3段目に使い新たに開発したブースターロケットを付け足した全段固体燃料4段式ロケットのラムダロケットを開発することになったhttp://www.isas.jaxa.jp/j/japan_s_history/chapter01/04/02.shtml
 
糸川英夫は外国の技術を入れないで日本独自の技術で衛星が打ち上げれる固体ロケットを開発する
 
また軍事ミサイルで転用できないように誘導装置なしで風まかせの重力ターン方式で衛星を軌道投入する
 
世界一安い1機1億円、世界一小さい重さ9800kgの個体燃料ロケットで衛星を打ち上げる
 
世界で唯一全て固体燃料ロケットでうち上げ日本の科学技術を証明することです
1949年6月14日、米国はナチスドイツ軍のVー2ロケットにアカゲザルの「アルバート」を載せて弾道飛行に成功した
 
1951年1月29日ソ連はv−2ロケットをソ連で組み立て改造したRー1ロケットでツィガンという名前の犬を載せて弾道飛行に成功した
 
ナチスドイツ軍のVー2ロケットに乗ったので互いに宇宙で「ダンケシェーン」とドイツ語で挨拶をした言うジョークが言われた
そして互いに米ソは犬猿の仲です
 
 
これらは墜落するおそれが高いロケットで宇宙飛行をする人間が乗る前に動物で安全に飛行できるか試験をするためです、宇宙線を浴びても生きれるか、生命維持装置が作動するか,大気圏再突入で耐えれるか、加速度に耐えることができるかどうか、地上へ回収できるかどうか
 
動物愛護団体からクレームを受けるまでなんども試験された
 
イメージ 1
宇宙飛行士の代わりに米軍ジュピーター弾道ミサイルに乗せられたアカゲザル「ベーカー君」
 
イメージ 2
ソ連の地上に回収したRー1ロケットの犬
 
 
着陸するファルコン9ロケットのビデオhttp://www.gizmodo.jp/2015/12/spacex-landing.html
 
イメージ 1
ロシア製エンジンを9基束ねている、着陸用の脚がたたまれている
 
 
イメージ 1
カナダの民間通信会社テレサット衛星を11月24日、種子島宇宙センターから4基のSRBを搭載したHー2A29号機で打ち上げる
 
これは民間会社の商業衛星打上げ第一号ですhttp://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/5729.html

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事