モデルロケット展示室

模型ロケットの製作記事,モデルロケット関連部品販売情報、

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
米国の民間会社が打ち上げるアンタレスロケットは、コストダウンのために旧ソ連が有人月ロケットNー1の1段目のヒドラジン、四酸化二窒素を燃料とする32基のNKー33エンジンをまとめて購入して米国のエアロジエット社がケロシン、液体酸素デつ開けるように改修したAjー26エンジンとしてアンタレスロケットの1段目に取り付けて打ち上げたら爆発墜落した
 
そこで韓国の羅老ロケットに用にロシア製RDー181エンジンに換装して打ち上げることになった
エネルギアのブースターロケットエンジン、海上移動式船上打上げプラットホームのシーロンチ社のゼニットロケットのRD170エンジンをの4個のノズルを2個にしてターボポンプ1基で飛行しますhttp://sorae.jp/030201/2015_9_10_rd181.html
 
イメージ 1
イメージ 1
 
古くなった改良ホーク地対空ミサイルに後継機として陸上自衛隊が配備した中距離地対空誘導弾です
それは中国軍のJー10、Suー30、Su-27が撃墜できる有効射程距離50km、命中率向上、電波妨害に対応できる
巡航ミサイルも探知、追尾命中できる高性能化したセミ・アクティブレーダー誘導です特に、移動式発射車両で自由に移動でき、陣地を造成しなくても即時展開して発射できる即時性にすぐれ、複数の目標の個別に同時に撃墜できる能力があるからですhttp://www.mod.go.jp/j/yosan/genkiwaku/pdf/2011/004.pdf
 
 
 
 
 
米国のホワイトサンズ訓練場で日本の自衛隊の03式中距離地対空誘導弾が10個の目標をすべて10発で撃墜した
 
全長 4.9m  0.32mの直径  重さ 570kg、セミアクティブレーダで誘導される
 
マッハ4で飛行する米軍の コヨーテ巡航ミサイルも撃墜した
 
 
エンジンを複数同時点火するランチコントローラは別売りです
 
H型J型エンジンになると50mの保安距離確保のため50mの長いケーブル線が必要です
50mケーブル線を伸ばすと電圧降下で点火できないのでリモコン操作で発射台のしたのバッテリーからイグナイターへ最短距離で点火します
 
エステス社のエレクトロンランチコントローラはイグナイター1本しか点火できません
 
 
エステスのソーラーイグナイターでは4本まで、それ以上にすると点火ミスが起きるからです
 
電源は自動車のバッテリーまたは12v8Ah以上の液漏れしないポータブル、密閉型シールドバッテリーです
 
ケイテックのリモコン式、クラスター点火装置http://www.ktek.jp/sub1-list2.html
 
 
中国のモデルロケットのサイトに紹介された米国性のクラスターランチコントローラーhttp://www.tech-domain.com/forum.php?mod=viewthread&action=printable&tid=7740
 
xランチャー回路図
 
自動車用12vバッテリーにつなぎ方
 
自動車用ヒューズを入れると良い
イメージ 1
公開されたDFー5B核弾道ミサイル
 
写真のように大きすぎて,右側の弾頭が付いた2段目ロケット、左後方に見える1段目のブースターロケットを切り離して運んでいる
米国本土まで届く核弾道ミサイルですが、常温保存ができるが毒性が強いジメルメチルヒドラジン、四酸化二窒素を使う液体燃料ロケットで飛行するので燃料注入作業が丸一日必要で、しかも移動して発射できない、専用の大型ミサイル専用地下サイロしか発射できない時代遅れの核弾道ミサイルで、大きさで米軍を驚かすためにパレードに参加させたのでは推測される、https://ja.wikipedia.org/wiki/DF-5_(%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB)
 
イメージ 1
 
DF21Dミサイルのビデオhttps://www.youtube.com/watch?v=IXLKZDVcBt8
 
長さ 10.7m、直経 1.4m,重さ 14700kg、 2段式個体燃料ロケット、250キロトンの核弾頭搭載
射程 1700km以上
 
発展型に巨狼JLー2潜水艦発射ミサイルにしたリ、陸上発射型、など派生型がある
 
特にDFー21Dは弾道ミサイルで、米軍の艦隊の上空で滞空しながら探知レーダを海面に照射して空母に命中するという、信じられない性能?といわれるhttp://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50722750.html
 
公開された自走式DF21ミサイル発射車輌は中身がないと言われる,理由はミサイルの飛行している写真は公海していない実射テストをしていないと言われる、DF21を海中発射に改造したJLー2巨狼ミサイルは水中発射に失敗している
 
DFー21は米軍の直経1.37m,射程4300km2段式固体燃料のポラリス潜水艦発射ミサイルによく似た性能で、命中精度に問題があるし、搭載コンピユータの精度も信頼性が低い
中国軍で配備されている数が多い核弾道ミサイルでこれが標準装備の核ミサイルとも言われる

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事