モデルロケット展示室

模型ロケットの製作記事,モデルロケット関連部品販売情報、

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
戦後の米軍はナチスドイツ軍が潜水艦からVー1有翼ミサイルを発射できるように短距離離陸台をつけていたことに注目して、米海軍は浮上した潜水艦から補助個体ロケットでVー1ミサイルを離陸できるように改造して成功した、その後はタリー級潜水艦にレギュラス艦対地有翼ミサイルを配備した
 
イメージ 2
写真の米韓軍の浮上した潜水艦でドイツ軍のVー1ミサイルに主翼を取り付けてRTO個体補助ロケット推進装置を腹に付けて離陸させることが、航空機による攻撃に弱いことが判明した
 
1947年ドイツ軍のVー2ロケットを米海軍ミッドウェイ空母の甲板から発射できるように改造してバーミューダ諸島沖で6マイル先に着弾して成功した
 
これはホワイトサンズミサイル実験場で空母の甲板をもしたモックアップ模型の八者成功を受けて揺れる海上で実験することにしたhttp://toocatsoriginals.tumblr.com/post/98317818684/operation-sandy-launching-a-v-2-rocket-at-sea
 
イメージ 1
しかし、揺れる甲板で液体酸素やケロシンの注入作業、大きく揺れるので立てたミサイルの転倒を考えると実践的ではないという理由で、この計画は終了して、安全性、燃料注入作業が不要、浮上不要ロッキード社が開発しているポラリス固体燃料弾道ミサイルを潜行中の潜水艦から海中発射する計画に海軍が変更した
 
写真はミッドウェイ航空母艦の甲板から離陸するドイツ軍のVー2ロケット
北朝鮮が公開した潜水艦発射弾道ミサイルKNー11、北極星1号ミサイルの映像は本物、合成映像?
 
 
軍事パレードで公開された旧ソ連製Rー27 (西側コードネームSSNー6サーブ)を国産化したと言われる北極星1号弾道ミサイルの発射映像が公開されたが
 
海中から斜めに発射されることが不自然、潜水艦の船橋荷組み込まれた3本のミサイル発射筒から垂直に打ち上げないと水圧で歪む
液体燃料推進なのに噴射される煙が煙が多いのは不自然、オレンジ色の炎が正常な噴射ガス
 
水中からガスピストンで射出されるのにその台座が撮影されていない、機体の周りに付けてある緩衝材が飛び散ってていない、空中でロケットエンジンが点火されるのに、それが不自然
 
これらで合成写真だと言われる
 
イメージ 1
公開された写真が不自然な部分が多い
 
イメージ 2
移動式発射車両に乗せられたムスダン弾道ミサイルは射程距離を伸ばすために、水中発射のガス発射台座はなく、代わりに推進剤タンクを延長して射程距離を3200kmにしているのが特徴だが軍事パレードで公開されたムスダンミサイルはハリボテ模型疑惑がある
 
今回試験発射されたのはソ連製の原型のRー27 SSNー6弾道ミサイルであるという説が有力です
 
それはソ連性デルタ級潜水艦が、小型なので機体の長さを短くしないと船橋部分の3本の3つのミサイル発射筒に装填できないからです
Rー27は長さ9.65m、直径 1.5m、重さ 14200kg 射程 2400km 2段式液体燃料ロケットで飛行する
 
イメージ 3
軍事パレードで公開されたタンクを長くして射程距離を長くして地上発射に改造されたムスダン弾道ミサイルですがハリボテ模型疑惑がある スラストリングがない、燃料注入口がない、姿勢制御のスラスターロケットエンジンがないなどで指摘されている
 
 
北朝鮮は核弾頭の小型化に成功したと発表した
 
ソ連製ゴルフ級ミサイル搭載潜水艦をスクラップの状態で中国経由で購入した北朝鮮は、分解、整備、再くみたてをして国産技術で開発したKNー11弾道ミサイル発射菅を搭載した新浦級潜水艦を配備した
 
北朝鮮は核弾頭搭載可能弾道ミサイルの水中発射に成功したと報じたhttp://www.hisutton.com/Analysis%20-%20Sinpo%20Class%20Ballistic%20Missile%20Sub.html
 
弾道ミサイルはイスラエルの情報局がKNー11というコードネームをつけたが、北朝鮮では北極星1号ミサイルと呼ばれている
イメージ 1
北朝鮮軍の潜水艦
KNー11弾道ミサイルはソ連が開発したスカッド弾道ミサイルをエジプトから購入リバースエンジニアリングという方法で分解して図面をつくり国産化した火星[ファンソン)5号弾道ミサイルを元に水中発射できるように改造したソ連製Rー11FM弾道ミサイルを手本に、北朝鮮独自の技術で水中発射できるようにしたと言われる
 
イメージ 2
こちらが信ぴょう性が高い北朝鮮のKNー11弾道ミサイルの発射の模様
この弾道ミサイルは小さな尾翼がついており、頭部から水中抵抗を減らすためとミサイルを持ち上げる泡発生固体ロケットモータがいくつか付いており、これで海中から海面まで持ち上げて空中でロケットエンジンに点火するのです、噴射ガスも液体燃料の煙が出ているhttp://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/northkorea/10723187/North-Korea-test-fires-ballistic-missiles-as-Barack-Obama-holds-Japan-South-Korea-summit.html
デイリータイムズ新聞によると、北朝鮮軍は、スクラップ同然だった旧ソ連が開発したゴルフ級ミサイル搭載潜水艦を中国から買取り、分解して再組立をして、開発中だったkNー11新型弾道ミサイルの水中発射に成功したと国防大臣が発表したhttp://www.dailytimes.com.pk/foreign/08-Feb-2015/north-korea-fires-short-range-missiles-into-sea
 
イメージ 1
公開された写真、合成かどうかは不明
KNー11は米軍ペンダゴン国防総省が付けたコードネーム、北朝鮮では北極星 1号と呼ばれている
イメージ 2
北朝鮮軍の新浦級ミサイル搭載潜水艦の構造
船橋部分に数発の弾道ミサイルが水中発射出来る発射菅があると言われる
イメージ 1
短距離弾道ミサイル、毒性が強くジメルメチルヒドラジン、赤煙硝酸を使う液体燃料ロケットなので、兵士の安全性に問題があり退役したhttp://ja.wikipedia.org/wiki/MGM-5_(%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事