ここから本文です
ワイルドじゃない、ぶらたび日記(バイクと趣味の記録)
ほぼ放置ですが、たまに気まぐれで更新しますm(_ _)m

書庫全体表示

【前回のあらすじ】
思い立った休日に入笠山周辺のトレッキングを堪能し、
本日の幕営地へ向かいます。



イメージ 1





さて、大阿原湿原駐車場より出発し、
本日の幕営地千代田湖キャンプ場へ向かうのですが、
その前にエブリィ号の記念写真を撮ろうとちょいと寄り道。

イメージ 2

八ヶ岳ビューポイントでパチリ。
ここはベンチ、テーブルがあるのでお弁当広げるのもイイかも。



そして入笠湿原入口から高遠・杖突峠方面へ向かいます。
この道はMTBのコースになっているようで、結構たのしい
オフロード林道になっていました。
シーズンだとMTBがイイ勢いで走ってそうな感じです。
イメージ 3

こんな感じでオフロード林道を楽しみながら杖突峠を抜け、
千代田湖キャンプ場へ到着。

イメージ 4

湖畔のフリーサイトの雰囲気が好きでお気に入りのサイトのひとつです。

自分は大好きなこのキャンプ場なのですが、
正直ソロキャンプ以外の目的だとちょっと厳しいかもしれません。

フリーサイトは無料キャンプ場なのですが、
シーズン前で水道トイレは使用不可(利用開始時期は要確認)。
フリーサイトは傾斜があるところが多く、幕営場所を選びます。
大型の4人用テントとなるとまともに設営は厳しいと思いますので、
2人用テントでのスモールなキャンプ、もしくはソロテント同士の
ソログルキャンプが宜しいかと思います。

あと携帯電話がほぼ圏外です。
以前所持していたAUも、現在所有のdocomoですらほぼ圏外で、
千代田荘近くでかろうじてつながる位でした。
自分は喧騒から離れたいので全く問題ないのですがw




そんなお気に入りのキャンプ場で設営を済ませていつもの儀式へ。

イメージ 5

沢山歩いた後なのでこの至福の一杯がサイコーでした!







この後は湖畔の回りをブラブラ歩き、

イメージ 6





日暮れにはちょっと早かったけど、
湖を前にB6君で至福のひとときを堪能。

イメージ 7

お酒と満腹感でせっかくの快晴だったにも関わらず、
星空も眺めず早々と就寝。

早く寝過ぎて夜中に何度か目が覚めたのはここだけの話です。





さて変わって翌朝。
イメージ 12

5:30頃に目が覚め、朝食を済ませた後8:00過ぎには完全撤収。
せっかく長野まで来ているので次のトレッキング先へ向かいます。


























が、・・・












下調べをしない無計画男の本領発揮で、






イメージ 8

はい、
冬期全面通行止めでございます!

(開通は確か24日位だったような気がしたので
 現在はもう開通していると思います。)

うーん、麦草峠に車を止めて白駒池周辺を
トレッキングするつもりだったのになぁ。









あきらめて帰るか・・・










いや、








イメージ 9

そうだ、まだ時間はある。

ここは気持ちを切り替えて次の候補地だった蓼科山へ向かうことに。

そしてたどり着いた蓼科山登山口。

イメージ 10

うんうん、他のハイカーたちの車も止まっているから行けそうだ、

そんな軽い気持ちで出発しました。

イメージ 11

岩が多めでちょっと歩きづらい位だから問題ないね。









イメージ 13

・・・・・まぁ、雪も残っているのは入笠山もそうだったし、
        なんとか行けるでしょう、、、

(この時点で今回軽アイゼンをもってこなかった事を後悔し始める)










イメージ 14

いやいやいや!これ滑って転がったらただじゃ済まないでしょ!

ごめんなさい、甘く考えていました。
途中まで登って振り返り、冷静になった一枚です。
これで怪我をすれば少なからず人様に迷惑がかかると思い。
ここで引き返すことにしました。

当たり前だ!と怒られると思いますが・・・


そして下山後、山で食べそこない、遅くなった昼食を
見晴らしの良い展望台でいただくことに。

イメージ 15

そして今回はスペシャルで、

イメージ 16

ウィンナーエッグ行っちゃいました。




楽しいはずの昼食でしたが、
無計画さと無謀さを反省するちょっと複雑な気持ちでのランチでした。

計画と準備の大切さを実感した蓼科山ハイクとなりました。

次はしっかりした状態で挑みます!!





そして帰路もあっちこっちとドライブしつつ、

イメージ 17

温泉でサッパリし、



イメージ 18

湯あがりに休憩室で桜を眺めながらウトウト昼寝zzz





イメージ 19

そして行ってみたい山の一つ瑞牆山を背景に記念写真で家路につきました。



ハイキングをはじめて山に興味を持ち始めてからは、
はやる気持ちが大きいこのごろですが、今回のような失敗もあるので
あせらなくても山は逃げないので少しずつ行こうと思います。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事