聞こえる人が基準の社会の中で -ろう者によるマンガBlog-

「あるある」シリーズ をネタが尽きるまで描きますのでよろしくお願いします。
イメージ 1


多くの聴覚障害者は「聞こえる人に囲まれて」仕事をしていると思います。

だから、何かトラブルだったりそういう時の伝達手段は口頭(声)が多いため、耳に入ってこない聴覚障害者はそのことを知らず知らずいつも通り仕事をこなしてしまう事が多いです。

一人でも【聞こえない人】や【聞こえにくい人】がいる職場は特に、伝達手段を「口頭(声)」に限定せず、書いて伝えることも習慣(義務)化するようにしてもらえたらと思います。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

海とか、プールに入る時って、補聴器を外すんですよね。
そうなると当然、笛の音は聞こえないわけで…
(私の場合、笛の音が高音だからなのか、もとから聞こえないですが)

だから休憩時間がちょこちょこあるプールの場合は
一斉に上がっていく周りの人を見て、「あ これから休憩時間だ」と判断して上がるようにしていますが、うっかり遊びに夢中になると いつまでも上がらないろう者のところへ監視員が声をかけてくるのです。

当然、注目の的になっちゃうから恥ずかしいので気をつけなきゃです。

この記事に

開く コメント(0)

新年あけましておめでとうございます。
昨年は家の都合でなかなか更新できませんでしたが、
今年こそはもっと漫画を更新できたらと思っていますので、
皆さんもゆるーくおつきあいをよろしくお願いします。
                     2018年 仁・実
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
イメージ 1

本当に困るんですよ。

自分の場合、救急車とかパトカーとかサイレン音の区別がつかない。
そういう状態でして。

いきなり真後ろ(あるいは真横)にパトライト光らしてるパトカーが来ちゃうと「え?違反しちゃったのかな?」とか心配して、とりあえず路肩に駐車して警察がやってくるのを待ってしまう時があります。

なのに、スルーされて、巡回中、あるいは対象が別だとわかると脱力します。

本当・・・単なる「巡回中」なのか「追跡中」なのかわかるようにパトライト色を区別設定できるようにしてもらえないかしら?ってたまに思います。

(にしても、悪いことをしていなくても「ドキドキ」するのはなぜなんでしょうね(笑))

この記事に

開く コメント(0)

【通販 終了のお知らせ】

「手話ろうよシリーズ」
「あるあるシリーズ」

通販の注文受付を締め切りました。

注文してくれた方々、手元に届くまで
気長に待っていただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

        じん・みのる

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

先週、「手話ろうよ」通販のお知らせをしましたが、その際に「あるあるシリーズ」の」通販はないのですか?という問い合わせが多かったため、

「あるあるシリーズ」の通販も同時に行うことにしました。

もちろん、「手話ろうよ」「あるあるシリーズ」セットで注文も可能ですので どうぞよろしくお願いします。

注文をお考えの方、ぜひこちらまでメッセージをください。
購入手続き方法をお知らせします。

お待ちしています。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事