ぶん・いとうの”スタジオK”

ここは言わばぼくの実験室です。 ライブ・ステージで、昭和歌謡の隠れた名曲や、スタンダードジャズを歌います!
イメージ 1

 1月26日(土曜日)に、埼玉県吉川市で行われた、GeeBars の月例ライヴ「じーばーずハウス」の第二回のゲストに呼んでいただいて、たっぷり歌わせていただきました。

 今回はグランドピアノ一台と、ギターとウクレレというシンプルな編成なので、プログラムを考えたときに、念願のピアノ伴奏による童謡・唱歌演奏を思いつきました。
 このブログではまだ紹介したことがなかったのですが、実は別の YouTube チャンネルで、主にカラオケを使っての童謡・唱歌を公開しています。今回、同じステージで、私の二つの側面を併せて披露することになりました。

 日頃は孫のような子どもたちに囲まれて「じいじ」と呼ばれていることから、このチャンネルを 「じいじの童謡チャンネル」と名付けました。本来は、子どもたちや、その親御さんたちのために始めた活動ですが、みなさんも、どうぞ 童心 に帰って聴いてください。
 ピアノは、昨年のソロ・ライヴの主催者でもあり、演奏もしていただいた、田中久美子さんです。

   (ライヴでの曲順)
    みかんの花咲く丘
   ペチカ
   この道
   ゆりかごの唄
   びわ
   あめふりくまのこ
   花の街

         ( 一部、他のライヴ映像を含んでいます)

****************************

 休憩を挟んでの “パート2” の前に、無茶振りで、聴きにきてくださった ジャズ・ピアニストの 坂元孝二 さんとのコラボをした場面もありましたが、その興奮を抑えつつ、GeeBars さんとのステージを楽しみました。
 なべじい さんのウクレレと あこばあ さんのアコースティックギターのサポートを受けての、小椋佳さんと加山雄三さんの懐かしい曲を聴いてください。
 アンコールは、田中久美子さんのピアノも一緒に歌っています。
 こちらはいつもの 「カラオケ・チャンネル」 ではなく、今までのライヴ映像も公開している 「ぶん・いとう 公式チャンネル」 です。

   (ライヴでの曲順)
   さらば青春
   俺たちの旅
   めまい
   思い込み
   旅人よ(コーラス: GeeBars)
  (アンコール)
   ウィンター・ワンダーランド〜暗闇行くときには(聖歌)


 また近いうちに、改めて 坂元孝二 さんとのジョイント・ライブなど、できたらと夢を膨らませています。 どうか応援をよろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1



 1962年、トニー・ベネットによって全米19位 グラミー賞"Record of the year""Pop male Vocal"受賞の大ヒットとなりました。しかし、この曲はもともとトニー・ベネットのために書かれた曲ではなく、しかも歌うことになってもシングルのB面曲だったのですね。

 私としては6年前に 静止画編 として公開し、その半年後に 動画編 を、そして今回5年半ぶりに歌い直しました。約5年前の初めてのライヴでも歌わせていだいた、想い出の曲です。サンフランシスコには行ったことないですけどね。

 今回ブログにこの曲を載せようと、遡って確認しましたが、前回の収録のときには、どうやら記事にし損なっていたようで、初登場ということになります。

 僭越ながら、日本で長くこの曲を歌い続けていらっしゃる、雪村いづみさんにも敬意を表し、気持ちを込めて歌いました。

 今回のキーは・・・「 −2 」 で、[ Bb ] です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


 「ナウ」・・・カレン・カーペンターの突然の死後、残された録音が整理され、手を加えられて世に出た1983年のアルバム "Voice of the Heart" は、ファンにとって思いがけない贈りものでした。この「ナウ」はカレンが最後に残した「仮歌」(楽器のアレンジなどをするために仮に軽く歌うこと)だったそうです。それが逆に肩に力が入らず、すっと聴く人の心に入り込んでくる歌声として残ったのは奇跡とも言えるかも知れません。

 カーペンターズ結成50周年に向けての3曲目です。今なら穏やかな気持ちで歌えます。またこれを見た方が『本家』の歌を聴き直していただけたら、それが本望です。

 今回のキーは・・・「 +3 」で、[ F ] です。

 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

おかげさまで、じーばーずハウス出演が無事終了しました!

イメージ 1

   左から、田中久美子さん(ピアノ伴奏)
       GeeBars のおふたり
       (あこばあさん: アコースティック・ギター/なべじいさん: ウクレレ)
       そして、ぶん・いとう

本日の私の出演部分のセットリストです・・・

1.童謡・唱歌を歌う(ピアノ伴奏: 田中久美子)

  みかんの花咲く丘
  ペチカ
  この道
  ゆりかごの唄
  びわ
  あめふりくまのこ
  花の街

    < 休憩 >
  This Masquerade(マスカレード)

   先月のじーばーずハウス・ゲスト、坂元 孝二さん(ジャズ・ピアノ)   のご来場で急遽共演

2.フォークソングを歌う(ギター: あこばあ、ウクレレ: なべじい)
  さらば青春
  俺たちの旅
  めまい
  思い込み
  旅人よ(コーラス: GeeBars)

アンコール
  (ピアノ:田中久美子/ギター:あこばあ/ウクレレ:なべじい)

  ウィンター・ワンダーランド
  暗闇行くときには(聖歌)

  以上です。

  また映像、録音を整理し、公開できるものがあったらお知らせします。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


 レオン・ラッセルの名曲 "This Masqurade" は、ジョージ・ベンソンもカバーしましたが、なんと言ってもカーペンターズのバージョンが好きです。
 邦題は「マスカレード」。1973年の5枚目のアルバム "Now & Then" に収録された曲で、歌はもちろんのこと間奏のピアノ・ソロがとても格好良くて大好きな曲なんですが、今回のカラオケではカットされていて残念。是非オリジナルを聴いてみてください。

 そう言えば、前々回の「シャレード」にもこの「マスカレード」というワードが出てきていましたね。 辞書で見ると「仮面」「仮装」「変装」「遠見」などとありますが、近頃問題の「なりすまし」なんて意味もあるようですね。
 ここでは「仮面夫婦」じゃないけど、「もう私たちはこれ以上、お互い自分を偽って生きていても仕方がないのね」って意味なのでしょうか。

 今回はちょっとボサノバ風に軽く歌ってみました。 ジャズのトリオなどと共演したい曲ですね。

 今回のキーは、「 −6 」 で、[ Bm ] です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事